PR

タイ旅行のコーデは?気温・季節・場所別の服装と持ち物

スポンサーリンク

タイは東南アジアにある人気の観光地です。タイに旅行するときには、気温や季節、場所によって服装や持ち物を変える必要があります。この記事では、タイ旅行のコーデについて、気温・季節・場所別に紹介します。

スポンサーリンク

タイ旅行のコーデは?気温・季節・場所別の服装と持ち物

タイの気温と季節

タイは一年中暑い国ですが、季節によって気候が異なります。大きく分けると、乾季(11月~2月)、熱季(3月~5月)、雨季(6月~10月)の3つの時期があります。乾季は比較的涼しく乾燥しており、最高気温は30度前後、最低気温は20度前後です。熱季は非常に暑く湿度が高く、最高気温は40度を超えることもあります。雨季は毎日のように雷雨が降り、最高気温は35度前後、最低気温は25度前後です。

タイの場所別の服装と持ち物

タイには様々な場所がありますが、大きく分けると、首都バンコクやチェンマイなどの都市部、プーケットやサムイなどのリゾート地、アユタヤやスコータイなどの歴史的遺跡があります。それぞれの場所で服装や持ち物を変えることが必要です。

都市部

都市部では、暑さや汚れに対応できる薄手で清潔感のある服装がおすすめです。例えば、Tシャツやポロシャツにショートパンツやスカートなどです。また、冷房が効いている場所も多いので、カーディガンやパーカーなどを持っておくと便利です。靴は歩きやすいスニーカーやサンダルが良いでしょう。都市部では交通機関や飲食店などを利用することが多いので、現金やクレジットカードなどを入れられる小さめのバッグを持つことも忘れずに。

リゾート地

リゾート地では、水着やビーチウェアなどを持っていくことが必要です。例えば、ビキニやワンピース水着にパレオやサルエルパンツなどです。また、日焼け止めやサングラス、帽子なども忘れずに持っていきましょう。靴はビーチサンダルやフリップフロップが良いでしょう。リゾート地では海やプールで遊んだり、マッサージやスパを楽しんだりすることが多いので、水分補給やタオルなども必要です。

歴史的遺跡

歴史的遺跡では、敬意を表すために肌の露出を控えた服装が必要です。例えば、長袖シャツやブラウスにロングパンツやロングスカートなどです。また、寺院などでは靴を脱ぐことが多いので、脱ぎ履きしやすい靴が良いでしょう。歴史的遺跡では歩くことや写真撮影などをすることが多いので、水分補給や日傘なども持っていきましょう。

スポンサーリンク

タイ旅行のコーデは?気温・季節・場所別の服装と持ち物まとめ

タイ旅行のコーデは、気温や季節、場所によって変える必要があります。乾季は涼しく乾燥しており、熱季は暑く湿度が高く、雨季は雷雨が降ることを覚えておきましょう。都市部では清潔感のある服装と小さめのバッグ、リゾート地では水着やビーチウェアと日焼け止めなど、歴史的遺跡では肌の露出を控えた服装と脱ぎ履きしやすい靴などを持っていくことが必要です。タイ旅行のコーデに参考にしてください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました