PR

タイ旅行で病気になったら、どこへ行けばいい?

スポンサーリンク

タイは東南アジアの人気観光地の一つですが、その一方で、熱帯病や食中毒などのリスクもあります。タイ旅行で病気になってしまったら、どこへ行けばいいのでしょうか?この記事では、タイでの医療事情や病院の選び方、保険の必要性などについて解説します。

スポンサーリンク

タイ旅行で病気になったら、どこへ行けばいい?

タイでの医療事情

タイでは、公立病院と私立病院があります。公立病院は安価ですが、混雑していたり、設備やサービスが劣っていたりする場合があります。私立病院は高額ですが、最新の設備や英語対応のスタッフが揃っており、日本人にも人気です。ただし、私立病院でも、日本と同じレベルの医療を受けられるとは限りません。また、タイでは、薬の偽造や過剰処方などの問題も指摘されています。そのため、タイ旅行で病気になった場合は、以下の点に注意してください。

  • 軽度の症状であれば、ドラッグストアやコンビニで市販薬を購入することができますが、成分や副作用をよく確認してください。
  • 重度の症状や感染症の疑いがあれば、早めに医師の診察を受けてください。私立病院を選ぶ場合は、日本人向けの医療サービスを提供しているところを探すとよいでしょう。
  • 医師から処方された薬は、必ず正規の薬局で購入してください。偽造薬や期限切れの薬に注意してください。
  • 医師から診断書や領収書をもらっておきましょう。保険会社に提出する場合や日本に帰国後に再診する場合に必要になります。

タイでの病院の選び方

タイで病院を探す方法はいくつかあります。以下に紹介します。

  • ホテルや旅行会社に相談する。ホテルや旅行会社は、近くの信頼できる病院を紹介してくれる場合があります。また、送迎や通訳などのサービスも提供してくれることがあります。
  • 日本大使館や領事館に問い合わせる。日本大使館や領事館は、日本人向けの医療機関リストを公開しています。ウェブサイトから検索することができます。
  • インターネットで検索する。インターネット上には、タイの病院やクリニックに関する情報や口コミが多数あります。ただし、情報の正確性や信頼性には注意が必要です。

タイ旅行で必要な保険

タイ旅行で病気になった場合、医療費は自己負担となります。日本の健康保険や国民健康保険は、海外では適用されません。また、タイの医療費は日本よりも安いというイメージがありますが、私立病院や救急搬送などの場合は、高額になることもあります。そのため、タイ旅行に行く前に、海外旅行保険に加入することをおすすめします。海外旅行保険に加入すると、以下のメリットがあります。

  • 医療費の一部や全額を保険会社が支払ってくれます。
  • 保険会社が病院の手配や通訳の手配などをしてくれます。
  • 重症の場合や日本への帰国が必要な場合は、保険会社が救急搬送やチケットの変更などをしてくれます。

海外旅行保険は、旅行代理店やクレジットカード会社、保険会社などで加入することができます。加入する際は、保険料や補償内容をよく比較してください。また、加入後は、保険証書や緊急連絡先を持ち歩いてください。

スポンサーリンク

タイ旅行で病気になったら、どこへ行けばいい?まとめ

タイ旅行で病気になったら、どこへ行けばいいかについて、タイでの医療事情や病院の選び方、保険の必要性などについて解説しました。タイは美しい自然や文化に溢れた国ですが、その分、日本とは異なる環境やリスクもあります。タイ旅行を楽しむためには、事前に予防接種や持ち物の準備をすることが大切です。また、万が一病気になってしまった場合は、適切な医療機関を利用し、保険会社と連絡を取ることが重要です。タイ旅行で健康に気をつけてください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました