PR

タイ旅行で発熱した場合の対処法と注意点

スポンサーリンク

タイは日本人に人気の観光地ですが、気候や食事、衛生環境などが日本とは異なるため、発熱などの体調不良に見舞われることもあります。タイ旅行で発熱した場合、どのように対処すればよいのでしょうか。また、発熱を予防するためには、どのような注意点があるのでしょうか。この記事では、タイ旅行で発熱した場合の対処法と注意点について紹介します。

スポンサーリンク

タイ旅行で発熱した場合の対処法と注意点

タイ旅行で発熱した場合の対処法

タイ旅行で発熱した場合、まずは自分の体温を測りましょう。タイでは、37.5度以上の発熱がある場合は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の可能性があります。その場合は、以下の対処法を守ってください。

  • すぐにホテルや宿泊先に連絡し、自室で隔離すること。
  • ホテルや宿泊先から指示された医療機関に電話し、受診の予約を取ること。
  • 医療機関に行く際は、マスクを着用し、他の人と距離を保つこと。
  • 医療機関でPCR検査を受けること。
  • PCR検査の結果が出るまでは、自室で隔離し、他の人と接触しないこと。
  • PCR検査の結果が陽性だった場合は、医療機関から指示された施設に入院すること。
  • PCR検査の結果が陰性だった場合でも、発熱が下がらない場合は、再度医療機関に相談すること。

新型コロナウイルス感染症以外の原因で発熱した場合でも、以下の対処法を守ってください。

  • 過度な運動や外出は控えること。
  • 水分や栄養を十分に摂ること。
  • 解熱剤や鎮痛剤などを服用する場合は、医師や薬剤師に相談すること。
  • 発熱が39度以上になった場合や、他の重篤な症状が出た場合は、すぐに医療機関に連絡すること。

タイ旅行で発熱を予防するための注意点

タイ旅行で発熱を予防するためには、以下の注意点を守ってください。

  • 出国前に必要な予防接種を受けること。特に新型コロナウイルス感染症のワクチンは必須です。
  • 渡航先の感染状況や入国制限などを事前に確認すること。
  • 渡航中や滞在中は、マスクの着用や手洗い、消毒などの感染対策を徹底すること。
  • 街中や屋台などでの食事は控えること。食べる場合は、調理されたものや温かいものを選ぶこと。
  • 水はボトル入りのものや浄水器で処理したものを飲むこと。氷や生野菜などは避けること。
  • 日差しや熱中症に注意すること。帽子や日焼け止めなどで対策すること。
  • 虫刺されに注意すること。虫除けスプレーや蚊帳などで対策すること。

タイ旅行で発熱した場合の対処法と注意点について紹介しました。タイは魅力的な国ですが、体調管理には十分気を付けてください。楽しい旅行になるように祈っています。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました