PR

タイ旅行に充電器は必要?スマホやカメラのバッテリー対策

スポンサーリンク

タイは東南アジアの人気観光地のひとつです。

タイに行くときには、スマホやカメラなどの電子機器を持っていく方も多いでしょう。しかし、タイでの充電は日本と同じようにできるのでしょうか?

充電器は必要なのでしょうか?今回は、タイ旅行におけるスマホやカメラのバッテリー対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

タイ旅行に充電器は必要?スマホやカメラのバッテリー対策

タイの電圧とコンセント

まず、タイの電圧とコンセントについて知っておきましょう。

タイの電圧は220Vで、日本の100Vとは異なります。

しかし、ほとんどのスマホやカメラは100V~240Vまで対応しているので、タイでもそのまま使えます。

ただし、一部の古い機種や安価な機種は対応していない場合があります。

その場合は、変圧器を使って電圧を変換する必要があります。変圧器は日本で購入することもできますが、重くてかさばるので、必要な場合に限って持っていくことをおすすめします。

次に、タイのコンセントについてです。タイでは、A型、B3型、C型の3種類のコンセントが使われています。日本はA型ですが、タイでは異なる点が注意です。

日本の家電を持っていく場合、A型以外には、変換プラグを使って接続する必要があります。

変換プラグは日本でも購入できますが、タイでも安価に手に入ります。また、複数のプラグを同時に使えるマルチタップも便利です。

スマホやカメラのバッテリー対策

タイ旅行では、スマホやカメラを使って写真や動画を撮ったり、SNSやメールで連絡を取ったりすることが多いでしょう。しかし、電池消費が激しいと困りますよね。そこで、スマホやカメラのバッテリー対策について考えてみましょう。

予備バッテリーを持っていく

一番簡単な方法は、予備バッテリーを持っていくことです。

スマホ用やカメラ用の予備バッテリーは日本でも購入できますが、タイでも安価に手に入ります。

予備バッテリーを持っておけば、外出先でも充電することができます。

ただし、予備バッテリーも充電しなければなりませんし、重量や容量に制限があります。

飛行機に持ち込む場合は、手荷物に入れておくことを忘れないでください。

充電できる場所を探す

予備バッテリーがない場合や足りない場合は、充電できる場所を探すことです。

タイでは、空港やホテル、カフェやレストラン、コンビニやショッピングモールなど、公共の場所でコンセントが利用できることが多いです。

しかし、利用できるかどうかは確認しておく必要がありますし、変換プラグが必要な場合もあります。

また、充電中にスマホやカメラを盗まれないように注意してください。

電池消費を抑える

最後に、電池消費を抑える方法です。スマホやカメラの設定を見直して、不要な機能をオフにしたり、明るさや音量を下げたりすることで、電池消費を抑えることができます。

例えば、スマホでは、Wi-FiやBluetooth、GPSなどの無線機能をオフにしたり、画面の自動回転や通知をオフにしたりすることができます。

カメラでは、液晶画面やフラッシュをオフにしたり、連写や動画撮影を控えたりすることができます。

また、スマホやカメラを長時間使わないときは、電源を切ったり、省エネモードにしたりすることも効果的です。

スポンサーリンク

タイ旅行に充電器は必要?スマホやカメラのバッテリー対策まとめ

タイ旅行に充電器は必要?スマホやカメラのバッテリー対策についてご紹介しました。タイでは電圧やコンセントが日本と異なるので、変圧器や変換プラグが必要な場合があります。

また、スマホやカメラのバッテリー対策としては、予備バッテリーを持っていく、充電できる場所を探す、電池消費を抑えるという3つの方法があります。

タイ旅行では、スマホやカメラで素敵な思い出を残したいですよね。そのためには、事前に充電器やバッテリーの準備をしておくことが大切です。ぜひ参考にしてください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました