PR

タイ旅行にカバンは何がいい?おすすめのサイズと種類

スポンサーリンク

タイは東南アジアの人気観光地のひとつです。

タイに旅行するときには、カバンの選び方が重要です。

カバンのサイズや種類によって、旅行の快適さや安全性が変わってきます。では、タイ旅行にカバンは何がいいのでしょうか。おすすめのサイズと種類を紹介します。

スポンサーリンク

タイ旅行にカバンは何がいい?おすすめのサイズと種類

タイ旅行におすすめのカバンのサイズ

タイ旅行におすすめのカバンのサイズは、小さめから中くらいまでです。

大きなカバンは、移動や収納に不便だったり、盗難や紛失のリスクが高かったりします。また、タイは暑くて湿気が多いので、重いカバンを持ち歩くと疲れやすくなります。

タイ旅行では、軽くてコンパクトなカバンがおすすめです。

具体的には、以下のようなサイズのカバンが適しています。

  • スーツケース:機内持ち込み可能なサイズ(55cm×40cm×25cm以下)か、それよりも小さいもの
  • バックパック:20リットルから30リットル程度
  • ショルダーバッグ:A4サイズが入る程度

タイ旅行におすすめのカバンの種類

タイ旅行におすすめのカバンの種類は、以下のようなものです。

  • スーツケース:キャスター付きで軽量なもの
  • バックパック:背面や底面にパッドが入っていて、通気性が良いもの
  • ショルダーバッグ:斜め掛けできて、中身が見えないようになっているもの

これらのカバンの特徴は、以下の理由からおすすめです。

スーツケース

キャスター付きで軽量なものは、移動や収納に便利です。

タイでは道路や歩道が凸凹していることが多いので、キャスターが大きくて丈夫なものが良いです。また、軽量なものは、飛行機やバスなどで荷物制限に引っかからないようにするためにも重要です。

バックパック

背面や底面にパッドが入っていて、通気性が良いものは、快適さや安全性を高めます。タイでは暑くて汗をかきやすいので、背中や肩に当たる部分が柔らかくて通気性が良いと快適です。

また、底面にパッドが入っていると、荷物を置いたときに衝撃を和らげてくれます。さらに、背面や底面に隠しポケットがあると、貴重品を入れておくことができて安心です。

ショルダーバッグ

斜め掛けできて、中身が見えないようになっているものは、盗難や紛失を防ぐことができます。

タイでは人混みや渋滞が多いので、カバンを前に持って斜め掛けすると、カバンを持ち去られたり、中身を盗まれたりするリスクを減らせます。

また、中身が見えないようになっていると、目立たないようにすることができます。

スポンサーリンク

タイ旅行にカバンは何がいい?おすすめのサイズと種類まとめ

タイ旅行にカバンは何がいいか、おすすめのサイズと種類を紹介しました。

タイ旅行では、小さめから中くらいのサイズのカバンがおすすめです。

また、スーツケースはキャスター付きで軽量なもの、バックパックは背面や底面にパッドが入っていて通気性が良いもの、ショルダーバッグは斜め掛けできて中身が見えないようになっているものがおすすめです。

これらのカバンを選ぶことで、タイ旅行を快適に楽しむことができます。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました