PR

買ってはいけない望遠鏡の特徴

スポンサーリンク

望遠鏡は天体観測や風景撮影などに使える便利な道具ですが、中には品質が悪くて使い物にならないものもあります。そうした望遠鏡を買ってしまわないために、以下のような特徴に気をつけましょう。

スポンサーリンク

買ってはいけない望遠鏡の特徴

安すぎる価格

望遠鏡は一般的に高価なものです。それは、高精度なレンズやミラー、金属製の筐体や三脚など、コストのかかる部品が多く使われているからです。しかし、インターネットや通販で見かけることがあるように、数千円程度で売られている望遠鏡もあります。これらは、プラスチックや紙で作られた粗悪なもので、望遠鏡と呼ぶには恥ずかしいレベルです。レンズやミラーの歪みや汚れ、筐体や三脚のぐらつきや壊れやすさなど、使ってみるとすぐに不満が出てきます。安物買いの銭失いにならないためにも、あまりに安すぎる価格の望遠鏡は避けましょう。

誇大な倍率

望遠鏡の性能を表す指標の一つに倍率があります。倍率とは、望遠鏡で見たときの対象物の大きさと、肉眼で見たときの対象物の大きさの比率のことです。例えば、倍率が100倍の望遠鏡で月を見ると、肉眼で見たときよりも100倍大きく見えます。倍率が高ければ高いほど、より詳細に対象物を観察できると思われがちですが、実際にはそうではありません。倍率はレンズやミラーの焦点距離と接眼レンズ(目に当てる部分)の焦点距離の比で決まります。つまり、接眼レンズを変えれば倍率も変わります。しかし、接眼レンズを変えただけでは、対象物の明るさや解像度は変わりません。むしろ、倍率が高すぎると、対象物が暗くぼやけて見えたり、手振れや大気の揺らぎの影響を受けやすくなったりします。そのため、倍率だけを見て望遠鏡を選ぶのは間違いです。誇大な倍率を謳っている望遠鏡は信用できません。

不明瞭な仕様

望遠鏡を買うときには、その仕様をよく確認する必要があります。仕様とは、望遠鏡の種類やサイズ、重量、口径(レンズやミラーの直径)、焦点距離、最大有効倍率、付属品などのことです。これらの情報は、望遠鏡の性能や使い勝手を判断するのに重要です。しかし、中には、これらの仕様を明記していない望遠鏡もあります。これは、仕様が悪いことを隠そうとしている可能性が高いです。また、仕様が曖昧に書かれている場合も注意が必要です。例えば、「口径50mm以上」や「倍率100倍以上」などと書かれている場合、実際の数値はどれくらいなのか分かりません。不明瞭な仕様の望遠鏡は、購入後に失望することが多いです。

スポンサーリンク

買ってはいけない望遠鏡の特徴まとめ

以上、買ってはいけない望遠鏡の特徴について紹介しました。望遠鏡は高価な買い物ですから、後悔しないように慎重に選びましょう。品質の良い望遠鏡を選ぶためには、以下のようなポイントに注意してください。

  • あまりに安すぎる価格の望遠鏡は避ける
  • 誇大な倍率を謳っている望遠鏡は信用しない
  • 不明瞭な仕様の望遠鏡は購入しない

これらのポイントを守れば、素晴らしい望遠鏡を手に入れることができるでしょう。それでは、望遠鏡で楽しい観測や撮影をお楽しみください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行旅行用品
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました