PR

ティアーズ・フォー・フィアーズのおすすめアルバム6選

音楽
スポンサーリンク

ティアーズ・フォー・フィアーズは、1980年代に活躍したイギリスのニュー・ウェイヴバンドです。代表曲に「シャウト」や「エヴリバディ・ウォンツ・トゥ・ルール・ザ・ワールド」などがあります。

ティアーズ・フォー・フィアーズの音楽は、ポップでキャッチーなメロディと、社会的なメッセージを含んだ歌詞が特徴です。今回は、ティアーズ・フォー・フィアーズのおすすめアルバム6選を紹介します。

洋楽の歴史的名盤に詳しくなりたいという方は、『死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム』という書籍をチェックするのもおススメです。電子書籍版もあるので、かさばらず便利です。

Amazon-Music-Unlimited無料体験

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /
スポンサーリンク

ティアーズ・フォー・フィアーズのおすすめアルバム6選

ティアーズ・フォー・フィアーズのおすすめアルバム6選をご紹介します。

ちなみに、『ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版』では、残念ながらランクインしていませんでした。

The Hurting

アーティスト:Tears For Fears
¥5,313 (2024/02/14 09:43時点 | Amazon調べ)

ティアーズ・フォー・フィアーズのデビューアルバムです。1983年にリリースされました。このアルバムは、人間の心理や感情に関するテーマを扱っています。

例えば、「マッド・ワールド」は、世界の狂気や孤独を歌った曲です。「ペール・シェルター」は、親からの虐待や愛情不足を歌った曲です。「サファー・ザ・チルドレン」は、子供時代のトラウマや苦しみを歌った曲です。このアルバムは、ティアーズ・フォー・フィアーズの原点とも言える作品です。

Songs from the Big Chair

Mercury
¥1,900 (2024/02/14 09:43時点 | Amazon調べ)

ティアーズ・フォー・フィアーズの2枚目のアルバムです。1985年にリリースされました。このアルバムは、世界的な大ヒットを記録しました。特に、「シャウト」や「エヴリバディ・ウォンツ・トゥ・ルール・ザ・ワールド」は、チャートのトップに輝きました。

このアルバムは、前作よりも音楽的に幅広くなりました。例えば、「マザーズ・トーク」は、ファンクやダンスの要素を取り入れた曲です。

「ブロークン」は、ロックやプログレッシブの要素を取り入れた曲です。「リスニング」は、ジャズやオーケストラの要素を取り入れた曲です。

このアルバムは、ティアーズ・フォー・フィアーズの最高傑作とも言える作品です。

The Seeds of Love

アーティスト:Tears for Fears
¥2,885 (2024/02/14 09:43時点 | Amazon調べ)

ティアーズ・フォー・フィアーズの3枚目のアルバムです。

1989年にリリースされました。このアルバムは、前作とは打って変わって、ビートルズやサイケデリックなどの影響が強く出た作品です。

例えば、「サウイング・ザ・シーズ・オブ・ラヴ」は、ビートルズ風のコーラスやオルガンが印象的な曲です。「ウーマン・イン・チェインズ」は、オレイタ・アダムスとのデュエットで、ソウルやブルースの要素が感じられる曲です。

「バッドマンズ・ソング」は、ジャズやゴスペルの要素が感じられる曲です。このアルバムは、ティアーズ・フォー・フィアーズの音楽的な挑戦とも言える作品です。

Elemental

アーティスト:Tears For Fears
¥6,247 (2024/01/31 10:52時点 | Amazon調べ)

ティアーズ・フォー・フィアーズの4枚目のアルバムです。1993年にリリースされました。このアルバムは、ティアーズ・フォー・フィアーズとしてではなく、ローランド・オーザバルのソロ作品として制作されました。カート・スミスが脱退したためです。

このアルバムは、前作よりもシンプルでストレートなロックサウンドになりました。

例えば、「エレメンタル」は、ギターとドラムが主役の曲です。「ブレイク・イット・ダウン・アゲイン」は、ポップでキャッチーなメロディが印象的な曲です。

「グッドナイト・ソング」は、レゲエやカリプソの要素を取り入れた曲です。このアルバムは、ローランド・オーザバルの個性が際立った作品です。

Raoul and the Kings of Spain

Cherry Pop
¥2,173 (2024/01/31 10:52時点 | Amazon調べ)

ティアーズ・フォー・フィアーズの5枚目のアルバムです。

1995年にリリースされました。このアルバムは、ローランド・オーザバルの家族や出自に関するテーマを扱っています。例えば、「ラウール・アンド・ザ・キングス・オブ・スペイン」は、オーザバルの祖先であるスペイン王家について歌った曲です。

「フォーリング・ダウン」は、オーザバルの父親との関係を歌った曲です。

「ハンブルド・フィッシュボーン」は、オーザバルの兄弟との関係を歌った曲です。このアルバムは、ティアーズ・フォー・フィアーズの個人的な側面を見せた作品です。

Everybody Loves a Happy Ending

New Door
¥3,400 (2024/01/23 14:46時点 | Amazon調べ)

ティアーズ・フォー・フィアーズの6枚目のアルバムです。2004年にリリースされました。

このアルバムは、カート・スミスが復帰したことで、ティアーズ・フォー・フィアーズとして15年ぶりに制作されました。

このアルバムは、前作よりも明るくポジティブなサウンドになりました。

例えば、「エヴリバディ・ラヴズ・ア・ハッピー・エンディング」は、ビートルズ風のコーラスやメロトロンが印象的な曲です。

「クローススト・シング・トゥ・ヘヴン」は、ポップでキャッチーなメロディが印象的な曲です。

「キャント-セイ-グッドナイト」は、ピアノとストリングスが美しいバラードです。

このアルバムは、ティアーズ・フォー・フィアーズの再結成を祝福した作品です。

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
音楽
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました