PR

台湾旅行におけるアレルギー対策と注意点

スポンサーリンク

台湾は美しい自然や豊かな文化、おいしい食べ物で有名な国です。しかし、アレルギーを持つ人にとっては、台湾旅行にもリスクがあります。

台湾では、日本とは異なる食材や調味料が使われていたり、花粉やダニなどのアレルゲンが多く存在したりします。

そのため、アレルギーの症状が悪化したり、重篤なアナフィラキシーショックを起こしたりする可能性があります。そこで、この記事では、台湾旅行におけるアレルギー対策と注意点について紹介します。

スポンサーリンク

台湾旅行におけるアレルギー対策と注意点

台湾 夜景

事前準備

台湾旅行に出発する前に、以下の事前準備をしておきましょう。

アレルギーの診断を受ける

アレルギーの種類や程度を正確に把握するために、医師に相談してアレルギーの診断を受けましょう。自分が何に対してアレルギー反応を示すかを知っておくことは、旅行中のトラブルを防ぐために重要です。

アレルギー用薬を持参する

アレルギーの症状が出た場合に備えて、必要な薬を持参しましょう。

特に、アナフィラキシーショックの危険性がある場合は、エピペンなどの注射器を携帯することが推奨されます。また、薬の効果や副作用、使用方法などを事前に確認しておきましょう。

アレルギーカードを作成する

アレルギーカードとは、自分のアレルギー情報や連絡先などを記載したカードのことです。台湾では、日本語と中国語の両方で書かれたアレルギーカードが便利です。

旅行中にアレルギーの症状が出た場合や、食事の際に食材や調味料の確認をする場合に、アレルギーカードを見せることで、コミュニケーションがスムーズになります。

食事時の注意点

台湾では、日本とは異なる食材や調味料が使われていることが多いです。

特に、魚介類やナッツ類、卵類などのアレルゲンが多く含まれる食べ物に注意しましょう。以下の食事時の注意点を参考にしてください。

メニュー表や写真だけで判断しない

台湾の食べ物は見た目だけでは判断できないことが多いです。例えば、魚介類やナッツ類が入っているかどうかは目で確認できない場合もあります。

また、写真では分かりづらい調味料やスープもあります。そのため、メニュー表や写真だけで判断せずに、必ず店員に食材や調味料の内容を確認しましょう。

アレルギーカードを活用する

店員に食材や調味料の内容を確認する際には、アレルギーカードを活用しましょう。

アレルギーカードには、自分がアレルギーを持っている食材や調味料の名前を日本語と中国語で書いておきます。店員にアレルギーカードを見せることで、自分のアレルギー情報を伝えやすくなります。

安全な食べ物を選ぶ

台湾では、日本とは異なる食材や調味料が使われていることが多いですが、安全な食べ物もあります。例えば、台湾のお粥や麺類は、シンプルな味付けでアレルゲンが少ないことが多いです。

また、台湾の果物やお茶は、新鮮で美味しく、アレルギーの心配が少ないです。自分のアレルギーに合わせて、安全な食べ物を選びましょう。

環境要因の注意点

台湾では、日本とは異なる環境要因によってもアレルギーの症状が出ることがあります。特に、花粉やダニ、ハウスダストなどのアレルゲンが多く存在する場所に注意しましょう。

以下の環境要因の注意点を参考にしてください。

季節や気候に応じて対策する

台湾では、日本とは異なる季節や気候によってもアレルゲンの量や種類が変わります。

例えば、春や秋は花粉が多く飛散する時期です。また、夏は高温多湿でダニやカビが繁殖しやすい時期です。

そのため、季節や気候に応じて対策をしましょう。

例えば、花粉症の場合はマスクやサングラスを着用したり、抗ヒスタミン薬を服用したりします。ダニやカビの場合は、室内の換気や清掃をこまめに行ったり、除湿機や空気清浄機を使用したりします。

宿泊施設を選ぶ際にチェックする

台湾では、宿泊施設によってもアレルゲンの量や種類が変わります。例えば、古い建物やカーペットのある部屋はハウスダストが多く存在する可能性があります。

また、ペットの飼育が許可されている宿泊施設は動物アレルゲンが多く存在する可能性があります。そのため、宿泊施設を選ぶ際にはチェックしましょう。

例えば、ハウスダストや動物アレルゲンに敏感な場合は、新しく清潔な建物やフローリングの部屋を選んだり、ペット禁止の宿泊施設を選んだりします。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました