PR

台湾旅行の電源プラグ

台湾旅行の電源プラグ 台湾旅行
スポンサーリンク

台湾に旅行するときに気になるのが、電源プラグの形状や電圧です。日本と同じように使えるのでしょうか?この記事では、台湾の電源プラグの種類や変換アダプタの必要性、持っていくべき電化製品などについて紹介します。

スポンサーリンク

台湾旅行の電源プラグ

台湾 夜景

台湾の電源プラグの種類と電圧

台湾の電源プラグは、日本と同じA型(2ピン)です。

また、台湾の電圧は110Vで、日本より10V高いです。

台湾の周波数は60Hzです。日本では50Hz(東日本)と60Hz(西日本)があります。周波数が違うと、時計やドライヤーなどの回転式の電化製品の動作に影響が出る可能性があります。

台湾旅行に変換アダプタは必要か

台湾旅行に変換アダプタは必要かというと、基本的には不要です。

A型プラグはそのまま使えます。

購入する場合、現地で購入するか、事前に持っていく必要があります。また、電圧や周波数に対応していない電化製品を使う場合は、変圧器や周波数コンバーターも必要です。

台湾旅行に持っていくべき電化製品

台湾旅行に持っていくべき電化製品は、個人の好みや目的によって異なりますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

  • スマートフォンやタブレットなどの充電器
  • モバイルバッテリーや変換アダプタなどの周辺機器
  • カメラやビデオカメラなどの撮影機器
  • ヘアドライヤーやカーラーなどの美容機器
  • 電気ポットや加湿器などの生活機器

これらの電化製品を持っていく場合は、事前に電圧や周波数に対応しているか確認しましょう。また、荷物の重量やスペースにも注意しましょう。

スポンサーリンク

台湾旅行の電源プラグまとめ

台湾旅行では、基本的に日本と同じA型プラグが使えます。電圧は110Vなので注意が必要です。

また、周波数が違うため、回転式の電化製品を使う場合は注意が必要です。

台湾旅行に持っていくべき電化製品は、個人の好みや目的によって異なりますが、荷物の重量やスペースにも配慮しましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
台湾旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました