PR

台湾旅行の充電器

台湾旅行の充電器 台湾旅行
スポンサーリンク

台湾旅行を計画している方は、充電器の準備も忘れずにしましょう。

台湾では日本と違う電圧やコンセントの形が使われているので、そのままではスマホやカメラなどの電子機器を充電することができません。そこで、この記事では台湾旅行で充電器に関する以下のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

台湾旅行の充電器

台湾 夜景

台湾の電圧とコンセントの形

台湾の電圧は110Vで、日本の100Vと比べてやや高いです。

しかし、ほとんどの電子機器は100V~240Vの範囲で対応しているので、電圧変換器は必要ありません。ただし、古い建物や安い宿泊施設では電圧が不安定な場合があるので、高価な機器を充電する際は注意が必要です。

台湾のコンセントの形は日本と同じA型です。A型は日本と同じ2本の平行なプラグです。

台湾旅行に持って行くべき充電器

台湾旅行に持って行くべき充電器は以下の3つです。

  • マルチタップ
  • モバイルバッテリー

変換プラグは、日本のプラグを台湾のコンセントに差し込むために必要です。

変換プラグは100円ショップや家電量販店などで購入できますが、品質や安全性には注意しましょう。また、台湾でも空港やコンビニなどで販売されていますが、価格は日本より高い場合が多いです。

マルチタップは、複数の機器を同時に充電するために便利です。特に、宿泊施設によってはコンセントの数が少なかったり、使えなかったりする場合があるので、持って行くことをおすすめします。マルチタップは日本製のものを持って行けば問題ありませんが、変換プラグと一緒に使うことを忘れないようにしましょう。

モバイルバッテリーは、外出先でスマホやカメラなどの機器のバッテリーが切れたときに役立ちます。台湾では公共の場所で充電することができるスポットもありますが、混雑していたり利用時間に制限があったりする場合があります。

モバイルバッテリーは容量やサイズによって異なりますが、一般的にはスマホを2~3回充電できるくらいのものがおすすめです。ただし、モバイルバッテリーは飛行機に持ち込む際に制限があるので、事前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

台湾旅行の充電器まとめ

台湾旅行で充電器に関するポイントを紹介しました。

台湾では日本と違う電圧やコンセントの形が使われているので、変換プラグやマルチタップ、モバイルバッテリーなどを持って行くことをおすすめします。台湾は美味しい食べ物や観光スポットがたくさんありますが、充電器の準備もしっかりして、快適な旅行を楽しみましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
台湾旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました