PR

台湾旅行の持ち物【女子用】

台湾旅行の持ち物【女子用】 台湾旅行
スポンサーリンク

台湾は日本とは違って、気候や文化が異なります。

そのため、台湾旅行に必要な持ち物も日本とは少し変わってきます。

今回は、台湾旅行におすすめの持ち物を女子目線でご紹介します。以下の目次に沿って、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

台湾旅行の持ち物【女子用】

台湾 夜景

現金

台湾では現金が主流の支払い方法です。日本円を持っていく場合は、空港や銀行で台湾ドルに両替しましょう。両替レートは空港よりも銀行の方が良い場合が多いです。また、クレジットカードで支払える場所もありますが、手数料がかかることがあります。現金を持ち歩く際は、分散して保管すると安全です。

クレジットカード

クレジットカードは、緊急時や大きな買い物などに便利です。しかし、台湾では日本と違って暗証番号が必要な場合があります。事前にカード会社に確認しておきましょう。また、海外で使う場合はカード会社に連絡しておくとスムーズです。

着替え・下着・靴下

台湾は一年中暖かいですが、季節によって気温差が大きいことがあります。春や秋は日中と夜間で10度以上の差があることもあります。また、冬は暖房がない場所が多くて寒く感じることもあります。着替えは季節に合わせて持っていきましょう。下着や靴下は汗をかきやすいので、多めに持っていくと良いでしょう。

パジャマ

台湾ではホテルや民宿などでパジャマが用意されていない場合が多いです。自分の好みのパジャマを持っていくと快適に眠れます。

歯ブラシ

台湾ではホテルや民宿などで歯ブラシが用意されている場合が多いです。しかし、品質や衛生面に不安がある場合もあります。自分の好みの歯ブラシを持っていくと安心です。

海外旅行保険の保障内容が記載された控え

海外旅行保険は必ず加入しましょう。万が一の事故や病気に備えて、保険の種類や保障内容を確認しておきましょう。また、保険証や緊急連絡先などを記載した用紙を持っていくと便利です。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ

台湾ではホテルや民宿などでシャンプー・コンディショナー・ボディソープが用意されている場合が多いです。しかし、自分の肌や髪に合わない場合もありますので、持参することをおすすめします。液体は100ml以下の容器に入れて、機内持ち込み用の袋に入れましょう。

台湾では日本で市販されている薬が手に入らない場合があります。特に胃薬や風邪薬などは持っていくと安心です。ただし、処方箋が必要な薬や禁止されている薬もありますので、事前に厚生労働省のホームページで確認しておきましょう。

メイク道具

台湾は日本よりも暑くて湿度が高い場合が多いです。汗や皮脂でメイクが崩れやすいです。ウォータープルーフやロングラスティングなメイク道具を持っていくと便利です。また、日焼け止めや日傘などの日焼け対策グッズも忘れずに持っていきましょう。

化粧水・乳液・ボディクリーム

台湾は日本よりも乾燥しやすい気候です。特に冬場は肌がカサカサになりやすいです。化粧水・乳液・ボディクリームは必需品です。液体は100ml以下の容器に入れて、機内持ち込み用の袋に入れましょう。

コンタクトレンズ・メガネ

コンタクトを使用している方は、予備のコンタクトやコンタクトケース、洗浄液などを持っていきましょう。台湾では日本と違ってコンタクトを買うのに処方箋が必要です。また、台湾はほこりが多くて目が乾きやすいです。目薬も持っていくと良いでしょう。

コンタクトを使用している方でも、メガネを持っていくと安心です。台湾では空気が汚れている場合があります。目が痛くなったり、感染症にかかったりする可能性があります。その場合は、コンタクトを外してメガネをかけましょう。

雨具

台湾は一年中雨が降る可能性がありますが、特に5月から9月は梅雨や台風の影響で雨が多くなります。傘は現地で買えますが、日本と比べて大きくて重いものが多いです。

コンパクトで軽い折りたたみ傘を持っていくと便利です。また、レインコートやポンチョもあると良いでしょう。靴は濡れても乾きやすいものを選びましょう。

防寒具(12月〜2月)

台湾は一般的に暖かい国ですが、12月から2月は冬季で気温が下がります。特に山岳地帯や北部の台北などは寒さが厳しくなります。コートやセーター、マフラー、手袋などを持っていくと暖かく過ごせます。また、台湾の室内は暖房がない場合が多いので、部屋着やパジャマも暖かいものを選びましょう。

カーディガンやショールなどの羽織りもの

台湾は一日の気温差が大きい場合があります。朝晩は涼しくても、昼間は暑くなることもあります。また、室内は冷房が効いている場合もあります。カーディガンやショールなどを持っていくと、気温に合わせて調節できます。

カメラ

台湾は美しい自然や歴史的な建造物、カラフルな街並みなど、写真に収めたくなるスポットがたくさんあります。カメラを持っていくなら、防水や防塵の機能があるものがおすすめです。また、レンズやフィルターなどのアクセサリーも忘れずに持っていきましょう。スマホで撮影する場合は、三脚や自撮り棒などもあると便利です。

充電器(カメラ、スマホ用)

カメラやスマホは旅行中に大活躍しますが、バッテリー切れに注意しましょう。充電器を持っていくと安心です。台湾の電圧は110Vで、日本と同じA型のコンセントが使えますが、B型やC型のコンセントもあります。変換プラグを持っていくと便利です。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーはレンタルwifi(グローバルWiFi)だけでなく、スマートフォンやカメラなどの充電にも役立ちます。台湾では、コンセントの形が日本と同じなので、変換プラグは必要ありません。

しかし、コンセントの数が少なかったり、使えなかったりすることもあります。そこで、モバイルバッテリーは必携です。

私は10000mAhのものを持っていきましたが、それでも足りないことがありました。モバイルバッテリーは重くてかさばるので、自分の使う機器や時間に合わせて選ぶと良いです。

レンタルwifi(グローバルWiFi)

台湾では、公共の場所で無料で使えるwifiが充実しています。例えば、空港や駅やバス停や観光地などです。しかし、それだけでは不十分な場合もあります。

例えば、移動中や宿泊先でインターネットを使いたい場合や、日本と連絡を取りたい場合などです。そこで、レンタルwifi(グローバルWiFi)は便利です。私は日本で予約して空港で受け取りましたが、台湾でも空港やホテルなどで借りることができます。

レンタルwifi(グローバルWiFi)は一日あたり500円程度で使えますし、複数人でシェアすることもできます。ただし、電池の持ちや通信速度には注意が必要です。私は一日中使っても大丈夫なようにモバイルバッテリーも持っていきました。

海外対応ヘアアイロン

カシムラ(Kashimura)
¥2,952 (2024/02/20 00:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

台湾は日本よりも湿度が高くて暑いです。そのため、髪の毛が広がったり、くせっ毛になったりすることがあります。そこで、海外で使えるヘアアイロンは便利です。

私は日本で買った100V~240V対応のものを持っていきましたが、台湾でも売っています。

海外で使えるヘアアイロンはコンセントの形に関係なく使えますし、温度調節もできます。ただし、火傷や感電には注意が必要です。海外で使えるヘアアイロンは軽くてコンパクトなものを選ぶと良いです。

海外対応のドライヤーを持っていくのも良いでしょう。

液体を入れる袋(機内持ち込み用)

飛行機に乗るときには、液体類の持ち込みに制限があります。100ml以下の容器に入れて、透明で再封可能な袋に入れる必要があります。化粧品や医薬品などを機内持ち込みしたい場合は、事前に袋に入れておきましょう。

ガイドブック

台湾は日本語が通じる場所も多いですが、英語や中国語が必要な場面もあります。ガイドブックを持っていくと、観光スポットや交通機関、食事やショッピングなどの情報を確認できます。また、簡単な会話表現や緊急時の連絡先なども記載されています。紙のガイドブックだけでなく、電子版やアプリも活用しましょう。

日焼け対策グッズ(6月〜9月)

台湾は日本よりも南に位置しており、紫外線量が高いです。特に6月から9月は夏季で日差しが強くなります。日焼け止めや帽子、サングラス、日傘などを持っていくと、肌のダメージを防げます。また、日焼け後のスキンケア用品もあると良いでしょう。

ティッシュ

ウェットティッシュと同様に、ティッシュも持っておくと便利です。鼻水や汗を拭いたり、トイレに紙がなかったりする場合に使えます。また、台湾ではレシートや小銭をティッシュに包んで渡すことがあります。ティッシュを持っておくと、そのような場面でもスムーズに対応できます。

ウェットティッシュ

台湾は日本よりも湿度が高く、汗をかきやすいです。また、屋台やマーケットなどで食事をする場合もあります。ウェットティッシュを持っていくと、手や顔を拭くことができます。また、トイレに紙がない場合もあるので、念のために持っておきましょう。

セキュリティポーチ

台湾は治安が良い国ですが、観光地ではスリやひったくりに注意しましょう。パスポートや現金、クレジットカードなどの貴重品は、セキュリティポーチに入れて身につけましょう。首から下げるタイプやベルトに付けるタイプなどがあります。また、コピーしたパスポートや予約確認書なども持っておくと安心です。

ビニール袋

エコバッグと同様に、ビニール袋も持っておくと便利です。濡れた洗濯物や靴などを入れたり、ゴミ袋として使ったりできます。

エコバッグ

台湾では2018年からレジ袋の有料化が始まりました。スーパーやコンビニなどで買い物をする場合は、エコバッグを持っていくと便利です。また、お土産や荷物が増えた場合にも使えます。

機内の暇つぶしグッズ

台湾までは飛行機で約3時間かかります。その間に機内で暇つぶしできるグッズを持っていくと良いです。

私はスマートフォンやタブレットや本や雑誌などを持っていきましたが、台湾でも空港や書店などで買えます。機内で暇つぶしできるものは自分の好みや興味に合わせて選ぶと良いです。

ただし、音楽や動画などを聴いたり見たりする場合はイヤホンやヘッドホンを忘れないようにしましょう。

マスク

台湾は空気が汚れているというイメージがありますが、実際には日本とあまり変わりません。ただ、台北市内ではバイクや車が多くて排気ガスが気になることもありますし、花粉症や風邪をひいている人も多いです。

そこで、マスクは必需品です。私は日本で買った普通の不織布のマスクを持っていきましたが、台湾でも色々な種類のマスクが売っています。例えば、可愛い柄やデザインのものや、抗菌や防臭効果のあるものなどです。マスクはコンビニやドラッグストアで簡単に買えますが、自分の好みや肌に合うものを持っていくと安心です。

スリッパ

台湾では、ホテルや民宿などの宿泊施設では靴を脱いでスリッパに履き替えることが多いです。また、一部のレストランやカフェでも同様です。そのため、スリッパは必ず持っていくべきです。

私は日本で買った安いビーチサンダルを持っていきましたが、台湾でも100元(約350円)程度で買えるものがあります。ただし、サイズや履き心地には個人差がありますし、衛生面も気になるかもしれません。スリッパは軽くてかさばらないので、自分の足に合うものを持っていくと良いです。

スーツケース

台湾旅行にはスーツケースが便利です。旅行の目的と期間に合わせたスーツケースを選ぶのが良いでしょう。大きすぎるスーツケースの場合、超過料金が発生することもあるので、航空会社の規定も確認した上で選ぶようにすると良いでしょう。

パスポートや航空券などの必需品

飛行機

台湾旅行にはもちろん、パスポートや航空券などの必需品が欠かせません。

パスポートは有効期限が6か月以上残っていることを確認しましょう。また、航空券は印刷して持っていくか、スマホに保存しておくと便利です。

また、パスポートは常に身につけておくことをおすすめします。万が一紛失や盗難にあった場合には、すぐに日本大使館や領事館に連絡してください。

その他にも、クレジットカードや現金、保険証や海外旅行保険の証明書なども忘れずに持っていきましょう。

クレジットカード

航空券は電子チケットでも構いませんが、念のため印刷して持っていくと安心です。また、搭乗券や領収書も保管しておくと、帰国後にマイレージや経費精算などに役立ちます。

服装や靴などのコーディネート

台湾は一年中暖かいですが、季節によって服装や靴のコーディネートを変える必要があります。春や秋は日中は半袖でも大丈夫ですが、朝晩は肌寒くなることもあるので、カーディガンや薄手のジャケットなどを持っていくと良いでしょう。

夏は暑くて湿度も高いので、涼しくて吸汗性の高い素材の服やサンダルなどがおすすめです。

冬は日本よりは温暖ですが、室内は暖房が効いていないことが多いので、長袖やセーターなどを重ね着すると快適です。

靴は歩きやすくて軽いものを選ぶと良いでしょう。

化粧品やスキンケア用品などの美容グッズ

台湾旅行では、化粧品やスキンケア用品などの美容グッズも欠かせません。

台湾は日差しが強いので、日焼け止めや帽子などで紫外線対策をしましょう。

また、汗や皮脂で肌がベタつくこともあるので、化粧直し用のティッシュやパウダーなども持っていくと便利です。スキンケア用品は、乾燥や肌荒れを防ぐためにも必要です。

ミニサイズのものや試供品などを持っていくと荷物になりません。

カメラや充電器などの電子機器

台湾旅行では、カメラや充電器などの電子機器も忘れずに持っていきましょう。

台湾は美しい景色やおいしい食べ物がたくさんあるので、カメラで写真を撮ることが多くなると思います。カメラはコンパクトで高性能なものがおすすめです。

また、スマホやカメラのバッテリーが切れないように、充電器やモバイルバッテリーなども持っていくと安心です。台湾の電圧は日本と同じ100Vですが、コンセントの形は日本と違うので、変換プラグも必要です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

お土産やお菓子などの食べ物

台湾旅行では、お土産やお菓子などの食べ物も持っていくと良いでしょう。

台湾は日本人に人気のお土産がたくさんありますが、持ち帰りには重量やサイズに注意する必要があります。軽くて小さくて日持ちするものを選ぶと良いでしょう。

例えば、パイナップルケーキや鳳梨酥などのお菓子や、茶葉や乾物などの食品がおすすめです。

また、台湾は屋台やレストランでおいしいものがたくさん食べられますが、空港やホテルで小腹がすいたときには、日本から持ってきたお菓子やインスタント食品などが役立ちます。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
台湾旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました