安いおすすめのタブレット9選

安い おすすめ タブレット家電
スポンサーリンク

今回は、安いおすすめのタブレット9選、についてです。

ひと口に「タブレット」といっても、使う用途やシチュエーションごとにさまざまな種類の製品があります。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

・安いタブレットのおすすめモデルを知りたい!
・どんなタブレットを選べば良いか分からない!

選びのポイントや注意点なども解説するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

タブレットの選び方

タブレットの選び方を解説します。

OS

Android(Google)

Android(アンドロイド)はグーグルが提供するモバイル用のオペレーティングシステムです。最新バージョンは、2019年9月に登場したAndroid10.0です。

Androidのメリット

・機能やデザインの選択肢が多い
・低価格モデルも充実
・スマホがAndroidの場合、操作が同じ

沢山のモデルが発売されているので、最適なモデルを選びやすいのが特長です。
また、低価格モデルのラインナップも充実しているため、価格重視でタブレットを選びたい方にもおすすめです。

AndroidはスマホのOSとしても高いシェア率を誇っているので、既にAndroidスマホをお持ちの方の場合、操作が変わらないのがメリットです。

古すぎるOSを選んだ場合、アプリが非対応の場合があるので、注意が必要です。

iPadOS(Apple)

「iPadOS」は、2019年9月に提供開始されたモバイル用のオペレーティングシステムです。アップルのタブレット端末である「iPad」に搭載されています。

パソコンのサブディスプレイとして使用可能な「Sidecar」を搭載しているので、デュアルディスプレイ化させれば、作業効率アップが期待できます。

また、2つのアプリを同時に起動可能な「Sprit View」などといった、便利な機能を搭載しています。

タブレットを初めて使用する方でも使いやすい、シンプルで操作性の良いユーザーインターフェイスな点が魅力的です。

Windows(Microsoft)

「Windows」はマイクロソフトが提供しているオペレーティングシステムです。パソコンのOSとして、歴史は古く、シェア率も高い、信頼性の高いOSです。

Windowsのメリット

ビジネスの分野でシェア率の高い、Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)を使用可能なため、仕事をする上で適しています。

また、キーボードやマウスを接続することで、ノートパソコンのようにして使用可能な点もメリットです。

サイズ

7~8インチ

7~8インチはタブレットの中では、小さい部類です。文庫本とだいたい同じ大きさなので、外出先にも気軽に持ち運んで使えます。

画面が小さい分、本体価格が安いモデルも多く、価格重視でタブレットを選びたい方にもおすすめです。
電子書籍や漫画を楽しむのにも適したサイズです。

7~8インチのデメリット

7~8インチはタブレットの中では画面が小さいです。そのため、ゲームや動画の映像は、見にくい場合があります。

10インチ前後

10インチ前後のサイズは、タブレットの中では、標準的な部類です。
7~8インチよりも画面が大きく映像が見やすいのが特長です。動画やゲームをより快適に楽しみたい方に最適です。

10インチ前後のデメリット

10インチ前後の画面サイズの場合、重量はそれなりに重いです。長時間持っていると手や腕が疲れる可能性もあるので、その点は注意です。置いて使用する場合は、問題ありません。

11インチ以上

11インチ以上はタブレットの中では大きい部類です。画面が大きいので、表示される文字も比較的大きくなるので、ストレスが軽減します。人によっては目が疲れたりするのを阻止できるでしょう。

キーボードやマウスを接続することで、ノートパソコン代わりにもなります。

液晶の解像度が高いタブレットを選ぶことで、液晶ペンタブレットとしても使用可能です。イラストを描いたりする使い方をする場合にもオススメです。

11インチ前後の検討事項

11インチ以上のタブレットは、画面が大きいので、価格が高くなる傾向があります。
(中身がハイスペックな性能のモデルの場合、それが価格を押し上げている場合もあります。)

ストレージ容量(データ保存容量)

ストレージは、タブレット内のさまざまなデータを保存しておく場所のこと。

容量用途
16~32GBWebサイトや動画を見る場合
64GB以上・沢山データを保存したい
・アプリやゲームを沢山楽しみたい

microSDなどを挿入できる「SDカードスロット」を搭載しているモデルならば、後から気軽にストレージ容量の拡張可能です。
容量不足が心配な方は、「SDカードスロット」の有無を確認しておきましょう。

参考記事:microSDカードのおすすめモデル【2020年】

インターネット通信機能

屋外でも通信可能な「SIMフリーモデル」

SIMフリーモデルは、SIMカードを挿入することで、室内の中だけにとどまらず、どこでもインターネット通信が可能になります。

例えば、Wi-Fi環境のない屋外でもインターネットを使用可能です。

月々の通信料金が発生する点と、端末本体価格が高いという側面もあるので、そこは検討事項となります。

無線ネットワーク内で通信できる「Wi-Fiモデル」

Wi-Fiモデルは、Wi-Fiを用いてインターネットに接続するモデルです。

既にWi-Fi環境のある場所ならすぐにインターネットが使用可能です。価格も安く、「SIMフリーモデル」と異なり維持費もかからない点がメリットです。

ただし、屋外などのWi-Fi環境のない場所では利用ができません(ポケットWi-Fiをお持ちの場合、屋外などでも使用可能です)。自宅やオフィスなど使える場所は限られる点は検討事項です。

メモリ容量

メモリとは、タブレットで作業中のデータを一時的に保管しておく場所のこと。メモリ容量が大きいとタブレットはサクサク動きます。

容量用途
2GB・Webサイトや動画を見る
・処理の軽いゲームを楽しむ
4GB以上処理の重いアプリや高画質のゲームを楽しむ

メモリが大きいほど、価格は高い傾向があります。どのような用途で使用するかを事前に検討しておきましょう。

注意

ちなみに、Windows搭載モデルの場合、4GBは絶対に必要だと思います。理由としては、ウイルス駆除ソフトを常駐している場合、すぐに2GBを消費してしまうので、メモリーが2GBでは足らないからです。

これは僕の失敗談に基づいた話です。僕はメモリー2GBのタブレットでWindows10を動かしていましたが、カクついてどうしようもありませんでした。設定を色々いじったりしましたが効果は感じられませんでした。

ただし、ネットに一切繋がず、ウイルス駆除ソフトも常時起動させない場合は、Windows10をギリギリ2GBで動かすことも可能(?)だと思うので、そういう使い方なら良いかもしれません(自己責任でお願い致します)。

防水性能

防水性能があれば、故障のリスクを軽減できます。

防水性能は全てのタブレットに搭載されているわけではありません。タブレットの防水性能は「IPコード」を見れることで、性能を確認できます。

容量タブレットを保護したいシーン
「IPX6」・こぼれた飲み物
・突然の雨
「IPX8」風呂やプールなどでタブレットが水に浸かる可能性がある

GPS

GPSとは、人工衛星を利用して、地球上の現在位置を測り知る装置のことです。

位置情報を利用するアプリを使う場合には必要不可欠です。

<GPSを用いる場合(一例)>

・カーナビ
・位置情報ゲームアプリ


最近は、位置情報を利用したアプリやソフト、ゲームも多いので、タブレットでそれらを楽しみたい場合、GPS搭載モデルを選ぶのもオススメです。

※Webサイトや動画を見たり、自宅でゲームやアプリを楽しんだりする場合は必須ではありません。

用途で選ぶ

何を重視するのかでタブレットの選び方は変わります。

おすすめモデル用途
エントリーモデルコストパフォーマンスを重視したい
ハイエンドモデルゲームやアプリ(ソフト)をサクサク動かしたい

ご自身にあった、必要機能をしっかりと見極めて最適なモデルを選んでみて下さい。

タブレットの人気メーカー

Microsoft(マイクロソフト)

マイクロソフトは、パソコン向けOSでお馴染みの「Windows」や、オフィス系ソフト「Microsoft Office」などで有名なメーカーです。
Windows搭載マシンとしては、surfaceが有名です。
キーボードやマウスを繋げればノートパソコンのように使用可能です。プライベートのほか、ビジネスユースまで、幅広く使用できる点がメリットです。

Apple(アップル)

アップルは、iPhoneやiPadなどのヒット製品を生み出しているアメリカのメーカーです。美しいデザインも魅力的で、おしゃれなタブレットを求めている方にもオススメできます。

操作もしやすいユーザーインターフェイスが特長で、幅広い方に向いています。


安いおすすめのタブレット: 7~8インチ

HUAWEI「MediaPad M5 lite 8」M5LITE8WIFIGRAY(8インチ)

参考価格¥22,700
OSAndoroid
画面サイズ8インチ
解像度1,920×1,200、283ppiの高精細IPSディスプレイ。
CPUHUAWEI Kirin 710 オクタコアCPU
メモリー15GB
内蔵ストレージ32GB
最大駆動時間10.6時間:ビデオ再生
62時間:音楽再生
カメラ性能13MP+8MP カメラ
microSDカード
Wi-Fi
その他AI 認識

コンパクトで持ち運びに便利な8インチタブレットです。


視野角の広さと発色のよさが特長のIPS液晶を搭載。正面以外から画面を覗き込んでも、美しい色合いの写真や映像を楽しめます。また、Harman Kardonがチューニングを施し、歪みの少ない低音を実現。臨場感のあるステレオスピーカーからお気に入りの映画や音楽を高音質で楽しめます。

メモリーは15GB搭載しているので、サクサク動きます。

NEC「LAVIE Tab E」PC-TE508KAS(8インチ)

参考価格¥25,500
OSAndroid9.0
画面サイズ8型ワイドLED IPS液晶
解像度
CPUMediaTek Helio A22 2.0GHz(4コア)
メモリー2GB
内蔵ストレージ約32GB
最大駆動時間
カメラ性能
microSDカード
Wi-Fi
その他・通信速度が早いBluetooth5.0を搭載
・Dolby Audio対応

片手で持てるコンパクトデザインなサイズの8インチタブレットです。

高視野角のIPS液晶を搭載しています。

メモリは2GBなので、資料や電子書籍を読んだりする使い方に適しています。

Apple「iPad mini 5」MUQW2J/A(7.9インチ)

参考価格¥50,370 
OS
画面サイズ7.9インチ
解像度Retinaディスプレイ、ラミネーションディスプレイとTrue Toneディスプレイ
CPUデスクトップクラスの64ビットアーキテクチャを持つA12 Bionicチップ、Neural Engine、組み込み型M12コプロセッサ
メモリー
内蔵ストレージ64GB
最大駆動時間オーディオ再生時:最大10時間
カメラ性能8メガピクセルの写真、写真のHDR、1080p HDビデオ撮影
microSDカード
Wi-Fi
その他

プロセッサには「A12 Bionic」を搭載しており、アプリやゲームもサクサク動作します。

高解像度で美しい「Retinaディスプレイ」を搭載しています。映像を高画質で楽しみたい方にオススメでう。

安いおすすめのタブレット: 10インチ前後

Amazon「Fire HD 10」B07KD9HHM3(10.1インチ)

参考価格¥15,980 
OSFire OS
画面サイズ10.1インチ HD
解像度1920 x 1200 (224ppi)
CPUオクタコア2.0GHz
メモリー2GB RAM
内蔵ストレージ32GB
最大駆動時間最大12時間
カメラ性能2メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ +720pHDビデオレコーディング
microSDカード最大512GBまで対応
Wi-Fi〇(デュアルバンド a/b/g/n/ac)
その他Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー マイク

リーズナブルな価格で扱いやすい、10インチタブレットです。動画や音楽を沢山楽しみたい方にオススメのタブレットです。
CPUには、「オクタコアCPU」が搭載されており、アプリやゲームがサクサク動きます。
ディスプレイは、美しい映像が楽しめる「フルHDディスプレイ」となっています。

最大12時間駆動するので、電池残量を気にすることなく、1日中コンテンツを楽しむことができます。

Amazon「Fire HD 10」は、1万円台で購入可能です。10インチのタブレットの中では、価格も安いので、価格重視の方にオススメです。

HUAWEI「MediaPad T5 10」AGS2-W09(10.1インチ)

参考価格¥19,270
OSAndroid 8.0 / Emotion UI 8.0
画面サイズ約10.1インチ, WUXGA(1920×1200), IPS
解像度
CPUHUAWEI Kirin 659 オクタコア (4 x 2.36GHz + 4 x 1.7GHz)
メモリーRAM 2GB
内蔵ストレージROM 16GB 
最大駆動時間
カメラ性能メインカメラ: 500万画素(AF)
インカメラ: 200万画素 (FF)
microSDカード
Wi-Fi
その他・ブルーライトカットモード搭載
・デュアルスピーカー搭載

1万円台で購入可能な、10.1インチタブレットです。
解像度の高い「フルHDディスプレイ」を搭載しているので、細部まで鮮やかに表現してくれます。

高性能なオクタコアCPU、「HUAWEI Kirin 659」搭載により、サクサク動作します

メモリは2GBなので、重い動作には不向きですが、漫画やイラスト、本を観たり読んだりする使い方には最適です。

Lenovo「Yoga Smart Tab」ZA3V0052JP(10.1インチ)

参考価格¥28,380
OSAndroid 9.0
画面サイズ10.1型ワイドIPSパネル (1920×1200ドット) マルチタッチ対応(10点)
解像度
CPUQualcomm Snapdragon 439 オクタコア プロセッサー
メモリー3GB
内蔵ストレージ32GB
最大駆動時間約 11時間
カメラ性能インカメラ:500万画素
アウトカメラ:800万画素
microSDカードmicroSDメディアカードリーダー(最大256GBまで対応可能)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac (5GHz/2.4GHz)
その他・防塵防水:防塵対応(IP5X)、防滴対応(IPX2)
・「デュアルJBL Hi-Fiスピーカー」(Dolby Atoms)搭載

スタンドの角度を変えることができる、マルチスタンド搭載の、10.1インチタブレットです。

メモリは3GBなので、一般的な使用ならば快適に使用可能です。

防塵防水対応モデルなので、ちょっとした水回りでの使用でも安心して使用できます。

Apple「iPad 10.2インチ(第7世代)」MW742J/A(10.2インチ)

参考価格¥38,270
OS
画面サイズ10.2インチ
解像度Retinaディスプレイ
CPUデスクトップクラスの64ビットアーキテクチャを持つ第4世代A10 Fusionチップ、組み込み型M10コプロセッサ
メモリー
内蔵ストレージ32GB
最大駆動時間最大10時間駆動
カメラ性能8MPバックカメラ、1.2MP FaceTime HDフロントカメラ
microSDカード
Wi-Fi
その他

3万円台で購入可能なiPadです。


iPadとしては、リーズナブルな価格ですが、高性能なCPUである「A10 Fusion」を搭載しており、サクサク動きます。

ディスプレイには、「Retinaディスプレイ」が搭載されているので、色鮮やかな映像が楽しめます。最大10時間駆動するのも魅力的です。

Microsoft「Surface Go」MCZ-00032(10インチ)

参考価格¥63,670
OSWindows 10 Home (Sモード)
画面サイズ10 インチ
解像度1800 x 1200 (217 PPI)
CPU第 7 世代Intel Pentium Gold 4415Y (2コア, 1.60GHz)
メモリー4GB
内蔵ストレージ64GB
最大駆動時間最大約 9 時間の動画再生が可能
カメラ性能
microSDカード
Wi-Fi
その他「Windows Hello」による顔認証搭載

パソコンのOSにおいて、シェア率の高い「Windows」が搭載された、人気の高い、「Surface Go」(2019年モデル)です。
「Windows」が搭載により、ビジネスユースからプライベートまで幅広く使用したい方におすすめです。

メモリは4GB搭載しているので、快適に動きます。

安いおすすめのタブレット: 11インチ以上

Apple「iPad Pro 11インチ」MY232J/A(11インチ)

参考価格¥93,280
OS
画面サイズ11インチ Liquid Retinaディスプレイ ProMotionテクノロジーとTrue Toneディスプレイ
解像度
CPUA12Z Bionic
メモリー
内蔵ストレージ128GB
最大駆動時間オーディオ再生:最大10時間
カメラ性能12MP広角カメラと10MP超広角カメラ、写真のスマートHDR、4Kビデオ撮影(広角:24fps、30fpsまたは60fps、超広角:60fps)
microSDカード
Wi-Fi
その他「LiDARスキャナ」を搭載

綺麗に撮影できるカメラを備えたiPad Proです。
超広角レンズが搭載されているので、集合写真を撮影する場合でも、画角の中に収めやすい特長があります。

グラフィック性能が強化された、「A12Z Bionic」を搭載しており、映像編集アプリを動かく際も快適に動作するのが魅力です。

タブレットの売れ筋ランキングを確認する

Amazonにて、タブレットの売れ筋ランキングを確認するのもオススメです。

今回は、安いタブレットのおすすめモデル、についてお送りしました。ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブライトライフ365

コメント

タイトルとURLをコピーしました