PR

スイス旅行のベストシーズン

スイス旅行のベストシーズン スイス旅行
スポンサーリンク

スイスは四季折々に美しい景色を楽しめる国ですが、旅行の目的や予算によって、ベストシーズンは異なります。

この記事では、スイスの気候や観光スポット、イベントなどを紹介しながら、スイス旅行のベストシーズンをご紹介します。

スポンサーリンク

スイス旅行のベストシーズン

春(3月~5月)

春はスイスの花の季節です。

山々や湖畔には色とりどりの花が咲き誇り、春の訪れを感じさせます。特に4月から5月にかけては、チューリップや水仙などの球根植物が見頃になります。チューリップの名所としては、チューリップ島と呼ばれるマインアウ島や、チューリップ祭りが開催されるモルジュなどが有名です。

春は気温も上昇し、日中は10℃~20℃程度になりますが、朝晩はまだ冷え込むことが多いので、上着や防寒着は必要です。

また、標高の高い場所では雪が残っていることもありますので、登山やハイキングをする場合は注意が必要です。

春は観光客も少なく、宿泊費や交通費も安くなるオフシーズンです。

しかし、一部の観光施設や山岳鉄道などは冬季休業中であったり、運行時間が短縮されたりすることがありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

編集:JTBパブリッシング
¥1,336 (2024/02/17 15:39時点 | Amazon調べ)

夏(6月~8月)

夏はスイスの最も人気のある旅行シーズンです。気温も25℃~30℃程度と快適で、日照時間も長くなります。夏は山々や湖畔でアクティビティを楽しむのに最適です。登山やハイキングはもちろん、サイクリングやカヌー、パラグライダーなど様々な選択肢があります。

また、夏はスイスの伝統的な祭りやイベントも多く開催されます。例えば、6月にはチーズ製造の祭典であるアルプアウフツーク(Alpabfahrt)、7月には世界最大のジャズフェスティバルであるモントルー・ジャズ・フェスティバル(Montreux Jazz Festival)、8月には国際的な花火大会であるジュネーブ湖畔音楽祭(Fêtes de Genève)などがあります。

夏は観光客も多く、宿泊費や交通費も高くなるピークシーズンです。特に7月と8月は欧州各国の夏休み期間と重なりますので、予約は早めにすることをおすすめします。また、夏でも標高の高い場所では気温が低くなったり、雷雨が発生したりすることがありますので、天気予報や気温情報をチェックしておくことが大切です。

秋(9月~11月)

秋はスイスの紅葉の季節です。9月から10月にかけては、山々や森林が赤や黄色に染まり、美しいコントラストを見せます。紅葉の名所としては、ベルナー・オーバーラント地方のユングフラウやシルトホルン、グラウビュンデン州のダボスやサンモリッツ、ティチーノ州のロカルノやアスコナなどが有名です。

秋は気温も下がり、日中は15℃~20℃程度になりますが、朝晩は5℃以下になることもあります。また、11月に入ると雪が降り始めることもありますので、上着や防寒着は必携です。

秋は観光客も減り、宿泊費や交通費も安くなるオフシーズンです。しかし、一部の観光施設や山岳鉄道などは冬季休業に入ったり、運行時間が短縮されたりすることがありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

冬(12月~2月)

冬はスイスのスキーシーズンです。スイスには世界的に有名なスキーリゾートが数多くあります。例えば、ツェルマットやサースフェーなどのヴァレー地方、グリンデルワルトやヴェンゲンなどのベルナー・オーバーラント地方、ダボスやサンモリッツなどのグラウビュンデン州などがあります。

スキーやスノーボードはもちろん、スノーシュー(Snowshoe)やスレッジ(Sledge)などの雪遊びも楽しめます。また、冬はクリスマスマーケットやニューイヤーイベントなども開催されます。

冬は気温も低く、日中は0℃~10℃程度になりますが、標高の高い場所では-10℃以下になることもあります。また、日照時間も短くなります。冬は観光客も多く、宿泊費や交通費も高くなるピークシーズンです。

特に12月と1月は欧州各国の冬休み期間と重なりますので、予約は早めにすることをおすすめします。また、冬でも雪が降らない場合もありますので、スキー場の積雪情報や天気予報をチェックしておくことが大切です。

旅行の準備がまだの方は、以下の記事を参考に準備するのもオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
スイス旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました