【副業】自作曲(音楽)の配信で、10万円稼ぐ方法

音楽
Free-Photos / Pixabay

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、自作曲のストリーミング配信で、10万円稼ぐ方法、というテーマでお送りします。

 

音楽を副業として、お金を稼ぐことはできるのか?という疑問に対して、今回、僕なりに考えてみました。

 

10万円稼ぐには?

音楽を副業とする場合、自作曲のストリーミング配信で稼ぐには、再生回数を増やすほかありません。

 

1再生でどれくらいの利益になるのか?ですが、これは一概には言えません。

ただ、平均的な所として、1再生=0.5円の利益として計算することにします。

 

その場合、10万円稼ぐには、20万再生が必要となります。

 

1ヶ月に20万再生を達成できれば、副業として、毎月10万円を得ることが出来そうです。

 

しかしながら、1曲で20万再生というのはなかなか難しいでしょう。

 

改善案

音楽を副業とするうえで、改善案を考えました。

 

曲数を増やす

音楽を副業とする場合、1曲で20万再生を目指すのはハードルが高いかもしれません。

それならば、曲数を増やすのが良いでしょう。

 

  • 1曲=20万再生
  • 10曲=2万再生/曲
  • 100曲=2000再生/曲
  • 1000曲=200再生/曲

※販売手数料は無視して考えています。

 

曲数を増やすことで、1曲辺りの再生回数は減ってくるので、チャンスが出てきそうです。

1000曲まで増やせば、1曲辺り200再生で良いことになります。

問題は、1000曲作るハードルが高いという所ですね(;´・ω・)

 

SNSで宣伝する

音楽を副業とする場合、聴いてもらわなければ、お金を得ることはできないため、SNSで宣伝するのも良いでしょう。

タグ付きでツイートすることも重要です。

ファンを増やして、リピート再生してもらうことができれば、良いかもしれません。

フォローやチャンネル登録を促進して、ファンを増やしましょう。

 

何度も聴きたくなる曲を作る

音楽を副業とする場合、所謂、中毒性の高い曲を作ることが重要です。

1度聴いてもういいやとなってしまわれると、安定的に再生回数を増やすことはできません。

そのため、何度も聴きたくなる曲を作る必要があるでしょう。

 

ダウンロード販売も行う

音楽を副業とする場合、自作曲のストリーミング配信で、10万円稼ぐのはなかなか大変なので、ダウンロード販売も行うようにすると良いでしょう。

ストリーミング配信をしつつ、ダウンロード販売も行えば、収益を上げやすくなるかもしれません。

 

プリンスは、ストリーミング配信のプラットフォームを吟味していた

プリンスはストリーミング配信のプラットフォームを吟味していました。

これは個人的推測ですが、あまり儲からないプラットフォームからは配信したくないという気持ちの表れだったと感じます。

プリンス以外にも、有名なアーティストがストリーミング配信に対して厳しく批判しているアーティストもいるようで、ストリーミング配信が儲かりにくいことが原因なのではないかと思います。

つまり、ストリーミング配信は儲かりにくい現状があると言えます(もちろん、諦めたら何も始まっていかないので、ストリーミング配信自体を否定するのは控えます)。

 

参考サイト:テイラー効果広がる―プリンスもストリーミング条件に反発してSpotify他から楽曲を引き上げ

 

今後音楽業界がどうなるのかを知っておく

今後音楽業界がどうなるのかを知っておくと対策も立てやすいと思います。

別の記事にしました。

 

関連記事

2025年の音楽業界と音楽シーンを予想してみた

 

まとめ

自音楽を副業とする場合、作曲のストリーミング配信だけで食っていくのはなかなか大変だということが分かりました。

毎月20万再生を得るのはかなりハードルが高そうです。

 

音楽を副業とする場合は、作品数を増やして、ひたすらアウトプットするしかないかもしれません。量を増やすしかないようです!

 

あとは、何が望まれているかをしっかりと分析して、需要があるところに供給することが重要でしょう。

需要がないのに供給し続けても、閲覧されないので、注意が必要です。それは気を付けないといけないなと僕は肝に銘じています。

 

こんな記事も読まれています:

【副業】自作曲を売るための戦略と方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました