PR

ソニー「WH-CH720N」レビュー

音楽を聴いている人 ヘッドホン
スポンサーリンク

今回は、ノイズキャンセリング機能を搭載したソニーのワイヤレスヘッドフォン「WH-CH720N」をレビューします。

このヘッドフォンは、長時間の使用でも疲れにくい軽量設計が特徴的です。どのあたりが進化したのかをお伝えします。

関連記事:おすすめのワイヤレスイヤホン8選

ソニー(SONY)
¥15,200 (2024/02/19 18:43時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

ソニー「WH-CH720N」レビュー

ソニー史上最軽量のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンが登場しました。

ヘッドバンド型のこのヘッドホンは、着用中に忘れてしまうほど軽く、高性能なノイズキャンセリング機能を搭載しています。

Bluetooth出力Bluetooth標準規格 Power Class 1
Bluetooth5.2
インピーダンス325 Ω (1 kHzにて) (有線接続時、POWER ON 時)
31 Ω (1 kHzにて) (有線接続時、POWER OFF 時)
コードタイプ片出し(着脱式)
コード長約 1.2 m
ドライバーユニット30 mm
音声入力端子ステレオミニジャック
感度108 dB/mW (有線接続時、POWER ON 時)
99 dB/mW (有線接続時、POWER OFF 時)
型式密閉ダイナミック
再生周波数帯域7 Hz – 20,000 Hz (JEITA)
最大通信距離約 10 m
使用周波数帯域2.4 GHz帯 (2.4000 GHz – 2.4835 GHz)
質量約 192 g
周波数特性7 Hz – 20,000 Hz (JEITA)
充電時間約 3.5 時間
充電方法USB充電
対応BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応インピーダンス325 Ω (1 kHzにて) (有線接続時、POWER ON 時)
31 Ω (1 kHzにて) (有線接続時、POWER OFF 時)
対応コーデックSBC, AAC
対応コンテンツ保護SCMS-T
伝送帯域(A2DP)20 Hz – 20,000 Hz (44.1KHzサンプリング時)
電源DC 3.85 V:内蔵充電式リチウムイオン電池
電池持続時間(連続音声再生時間)最大35時間(NC ON時)、最大50時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間)最大35時間(NC ON時)、最大40時間(NC OFF時)
入力プラグ金メッキL型ステレオミニプラグ
付属品USBケーブル、保証書、接続ケーブル
https://www.sony.jp/headphone/products/WH-CH720N/spec.html

高いノイズキャンセリングが魅力

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-CH720N/

統合プロセッサーV1により、低遅延のノイキャン処理が可能になり、高音域でのノイキャン性能が向上しました。

また、アンビエントサウンドモードを搭載し、周囲の音も聴きながら音楽を楽しめます。

また、ボイスフォーカスをONにすることで、ノイズを抑えつつ人の声をクリアに聞くことができます。

ソニーとしては、最も軽量!

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-CH720N/

ソニーのワイヤレスノイキャンヘッドホンの中で最も軽量な製品(重さは約192g)となっており、長時間の使用でも疲れにくいのが魅力的です。

ヘッドホンの重さは、疲れにくさや快適さに影響する要素の一つです。

一般的には、装着していて、疲れにくいヘッドホンの重さは、200g以下、と言われたりします。

例えば、有線のヘッドホンと比べるのは変かもしれませんが、日本のスタジオの超定番である、スタジオヘッドホンである、ソニーの「MDR-CD900ST」は重量が約200gです。

日本のスタジオ以外では、YouTubeで人気の「THE FIRST TAKE」(ザ・ファーストテイク)のヘッドホンとしても採用されているヘッドホンです。

「WH-CH720N」は、ワイヤレスノイキャンヘッドホンであるのも関わらず、「MDR-CD900ST」よりも軽いというのは驚きです。

本製品は、ヘッドバンド型のデザインで、軽量かつ快適な使用感を提供しています。

通話品質も優れている

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-CH720N/

アダプティブサウンドコントロール機能により、自動でリスニング環境を切り替え、通話品質も優れています。

テレワーク環境に最適な通話品質も備えており、ボイスピックアップテクノロジーやビームフォーミング技術を採用しています。

騒音下でも正確でクリアな通話が可能です。

Bluetoothは5.2

Bluetoothの最新バージョンは5.3(執筆時)ですので、5.2は一つ前のバージョンです。

最大通信距離は、約10mなので、接続デバイスから離れていても通信可能です。

最長50時間のバッテリーが魅力

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-CH720N/

ノイズキャンセリング機能使用時は、最大35時間の連続使用が可能です。

ノイズキャンセリング機能をオフにすれば、最長50時間のバッテリーライフなので、快適な音楽体験を提供してくれます。


そのため、外出先での移動中やジムでのトレーニング中など、長時間装着する必要がある場合でも、快適に使用できるのが魅力的です。充電のことを考えなくて良いのは嬉しい点です。

急速充電が凄い

3分間の充電で1時間再生が可能なクイック充電にも対応しています。

時間が無い!という時でも、この急速充電は、ありがたすぎます。

通常の充電時間は、‎3.5時間です。

30mmドライバー搭載

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-CH720N/

ソニー「WH-CH720N」は、30mmドライバー搭載を搭載しています。

ドライバー口径は、大きい方が高音質であることが多いです。

ダイアフラム(振動板)の大きさが大きいほど、音質も上がるためです。

多くのイヤホンでは次のようになっています。

種類ドライバー口径
インナーイヤーφ13.5~15mm前後
耳栓型(カナル)φ8.8~12mm前後
オーバーヘッド型φ30~50mm前後

同価格帯の場合、ドライバー口径は大きいモデルを選ぶのがオススメです。

ソニー「WH-CH720N」は、特段ドライバーの大きさが大きいわけではないようです。

しかし、ワイヤレスヘッドホンはバッテリーを搭載しているため、搭載できるスペースの問題もあります。

本体の重さは、約192gであり、かつ最大50時間の連続再生が可能な事を考えると、コンパクトなボディーの中に、ソニーの凄い技術力がつぎ込まれているのだと思います。

スマホアプリとの連携でカスタマイズ可能

音楽を聴いている人

さらに、本製品は専用スマートフォンアプリ「Headphones Connect」からのカスタマイズが可能です。

アプリ上で、イコライザーやノイズキャンセリングの設定を調整したり、外音取り込みのレベルを変更したりすることができます。

通勤や旅行など、長時間の使用にも耐えられるバッテリー寿命となっています。

ヘッドホンケーブル(約1.2m)が付属

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-CH720N/

ソニー「WH-CH720N」は、ワイヤレス接続だけでなく、ヘッドホンケーブル(約1.2m)が付属するので、有線接続もできます。

約1.2mという長さは、接続する機器が近くの場合だと、ちょうど使いやすい長さですね。

着脱式でかつ、コードが邪魔になりづらい片出しタイプなのは良いですね(ヘッドホンは大体、片出しが多いですが)。

ハイレゾには非対応

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-CH720N/

ソニー「WH-CH720N」は、ハイレゾには対応していません。

ソニー「WH-CH720N」の再生周波数帯域は、7Hz~20,000Hzまでとなっています。

例えば、ソニーのハイレゾ対応のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン「WF-1000XM4」は、20Hz~40,000Hzまで再生可能であるため、ソニー「WH-CH720N」とは高音の再生範囲に差があります。

ちなみに、ハイレゾは人間の耳には聞こえない範囲とも言われています。

というのも、人間の可聴領域の周波数は、約20Hz~20,000Hz前後までの間と言われているためです。ただし、年齢や個人差によって可聴領域は異なることがあります。

しかし、人間の耳に聴こえない範囲でも、体は感じ取っているという意見もあったりしますので、ハイレゾ対応の有無は、考え方により意見が分かれるところでしょう。

ハウジング部分は90度回転可能でコンパクトになる

https://www.sony.jp/headphone/products/WH-CH720N/

ハウジング部分は90度回転可能なため、内側への折り畳むことで、コンパクトになるのもメリットです。外へ持ち出す際もコンパクトなため便利です。

その他

本機は防水仕様ではないため、室内などでの利用や晴れの日の外での使用に適しています。

↑いや、防水機能いらんやろ!、とも言えます。

ソニー(SONY)
¥15,200 (2024/02/19 18:43時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

売れ筋の人気イヤホンのランキングから選ぶ

通販大手のアマゾン(Amazon)は、配送も早く、取り揃えも豊富なので、オススメのサイトです。

価格もリアル店舗よりも安い場合が多いので、お財布にも優しいです。

最新のAmazon「イヤホン・ヘッドホン」の売れ筋ランキングを確認して、納得のいくヘッドホン選びをしてみて下さい!

楽天市場で探すのもオススメです。

同価格帯のワイヤレスヘッドホン

同価格帯だと以下のようなワイヤレスヘッドホンがあります。

ソニー WH-CH710N

ソニー(SONY)
¥17,700 (2024/02/19 18:43時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

オーディオテクニカ ATH-HL7BT

Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥16,182 (2024/02/19 18:43時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

ソニー「WH-CH720N」レビューまとめ

以上のような特長を持つソニーのワイヤレスノイキャンヘッドホンは、快適性や高音質、多彩な機能性を求めるユーザーにおすすめの製品となっています。

「WH-CH720N」は、ソニーが手がけるノイズキャンセリングヘッドフォンの中でも、コストパフォーマンスの高さが特徴的な製品です。

軽量設計、長時間のバッテリー駆動など、使い勝手も良く、価格帯に対して十分な性能を発揮します。

総合的には、手頃な価格で高い機能性を兼ね備えた「WH-CH720N」は、おすすめのワイヤレスヘッドフォンの一つといえるでしょう。

今回は、ソニー「WH-CH720N」レビュー、についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

関連記事:ソニー「WH-CH520」レビュー

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
ヘッドホン家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました