PR

ソニー「Float Run」レビュー

おすすめ ワイヤレスイヤホン ワイヤレスイヤホン
スポンサーリンク

今回は、ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「Float Run」をレビューします。

このイヤホンは、スポーツやアウトドアなどのシーンでも大活躍することが期待できます。

また、高品質な音質や、快適な装着感、長時間のバッテリー寿命など、多彩な機能が備わっており、音楽や通話なども快適に楽しむことができます。そんな「Float Run」の実力をレビューしてみました。

今回は、ソニー「Float Run」レビュー、についてです。

ソニー「Float Run」は、快適な装着感と高音質を両立したイヤホンであり、ランニングやその他のスポーツに最適です。使い勝手のいい機能がたくさん搭載されています。

ソニー(SONY)
¥14,777 (2024/02/19 21:23時点 | Amazon調べ)

関連記事:おすすめのワイヤレスイヤホン8選

スポンサーリンク

ソニー「Float Run」レビュー

↑公式動画が公開されています。

型式オープンエアダイナミック
ドライバーユニット16 mm
質量33 g
電源DC3.7V: 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約3時間(フル充電)
充電方法USB type-C
電池持続時間(連続音声再生時間)最大10時間
電池持続時間(連続通話時間)最大10時間
電池持続時間(待受時間)最大200時間
付属品USBケーブル(USB type-C 約20cm)、キャリングポーチ、保証書、取扱説明書
通信方式Version5.0
出力Bluetooth power class1
最大通信距離見通し 約10m
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式FHSS
対応BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AAC
https://www.sony.jp/headphone/products/FloatRun/spec.html

オープンイヤー方式を採用

https://www.sony.jp/headphone/products/FloatRun/

ソニーの「FloatRun」は、耳の前に浮くスピーカーを採用したオープンイヤー方式を採用しています。

周囲の音が自然に聞こえる「オープンイヤースタイル」は、耳を塞がなくてもしっかりと周囲の音を聞くことができます。

Float Runを使ってみると、コーチとの会話も音楽を聴きながらでもできるため、不必要な動作を減らすことができます。

新開発の耳の前に浮くスピーカーで、心地よいランニング体験を叶えてくれます。

https://www.sony.jp/headphone/products/FloatRun/

ランニングとの相性が良い

髪型や帽子、サングラスとの相性も良く、自分らしいランニングスタイルを楽しめます。

耳の前にスピーカーが浮く新しいリスニングスタイルにより、圧迫感がなく周囲の音も自然に聞こえ、清潔な環境で使用することができます。

着地した衝撃や心臓の鼓動も耳に響かず、バランス感覚も崩れず、没頭してランニングを楽しむことができます。

オフイヤーのデザインは、耳をふさがないため圧迫感がなく、汗をかいても蒸れにくいので、夏場や梅雨の時期などでも、清潔な状態を保てます。

快適な装着感と高音質が魅力

↑桐生祥秀選手(所属:日本生命)へのインタビュー動画が公開されています。

快適な装着感と高音質を実現しています。

新しいリスニングスタイルである、耳の前にスピーカーが浮くことで、走っているように浮遊感を感じながら、気持ちの良いランニング体験を楽しめます。

圧迫感がないため、イヤホンをしていても周囲の音を自然に聞くことができます。

また、音質が良く、奥行き感も感じられ、ボーカルの声や伴奏もクリアに聴こえます。

好きな曲を良い音で聴くことができるため、トレーニング中や試合前でもテンションを高めることができます。

16mmのドライバーを搭載

ソニー「Float Run」は、16mmドライバーを搭載しているため、音の厚みある低音域から透明感ある高音域まで、バランスの良い高音質を楽しめます。

自然な音を表現できるため、ランニングのモチベーションも高まります。

音の広がりにもこだわり、一般的なイヤホンと同じようにスピーカーから音が聞こえるため、骨伝導イヤホンとは仕組みが異なります。

比較的大きな音量で使用しても、蒸れることなく快適に使用できます。

ドライバー口径は大きい方が高音質

ドライバー口径は、大きい方が高音質であることが多いです。

ダイアフラム(振動板)の大きさが大きいほど、音質も上がるためです。

多くのイヤホンでは次のようになっています。

種類ドライバー口径
インナーイヤーφ13.5~15mm前後
耳栓型(カナル)φ8.8~12mm前後
オーバーヘッド型φ30~50mm前後

同価格帯の場合、ドライバー口径は大きいモデルを選ぶのがオススメです。

IPX4相当の防滴性能

また、IPX4相当の防滴性能により、スポーツ中の汗や雨でも安心して使用し、音楽を楽しめます。

USB Type-C端子のフタもしっかり閉じることができます。

防水規格のIPXは、水の浸入に対する保護等級を示すものです。0~8までがあり、数字が大きくなるほど、防水性能が高くなります。

最長10時間のバッテリー寿命

バッテリー

また、約33gの軽量設計でありながら、最長10時間のバッテリー寿命です。

スポーツ用のイヤホンとして人気の、Anker Soundcore Sport X10は、最長8時間ですので、それよりも2時間長いです。

Float Runはとても軽く、長時間着けても圧迫感がなく、フィット感も良いため、激しいトレーニングでも快適に使えます。

https://www.sony.jp/headphone/products/FloatRun/

物理ボタン搭載で操作可能となってます。

重量バランスにも配慮

ソニー(SONY)
¥14,777 (2024/02/19 21:23時点 | Amazon調べ)

電気部品は耳の後ろに配置され、重量バランスにも配慮されています。

それによって激しい運動でもずれにくい設計となっており、イヤホン全体の安定性を保つことができます。

スポーツ中でもズレずに快適に使用でき、髪型や帽子、サングラスなどとも干渉しづらく、自分らしいランニングスタイルを楽しめます。

さらに、自然な音が表現されるため、正しいステレオイメージが維持され、ランニングのモチベーションも高まります。

対応コーデックはSBCとAAC

ソニー「Float Run」の対応コーデックはSBCとAACとなっており、高音質低遅延のaptXには対応していないようです。

スポンサーリンク

ソニー「Float Run」以外のオススメイヤホン

ソニー「Float Run」以外のオススメイヤホンをご紹介します。

メーカーSONYAppleMASTER&DYNAMICShokzShokzbocoBeats by Dr. DreJabraadidasSENNHEISER
商品名Float RunAirPods ProMW08 SportOpenMoveOpenRun ProPEACE SS-1Beats Fit ProElite 7 ActiveFWD-02 SPORTSPORT True Wireless
Bluetooth5.05.05.05.05.15.25.05.25.05.2
コーデックSBC,AACSBC,AAC,SBC,AACSBCSBCSBC, aptx AdaptiveSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptX
ノイズキャンセリング×××
外音取り込み××
再生時間(ケース込みの場合)なし24時間42時間なしなし24時間24時間30時間25時間28時間
再生時間(本体のみの場合)10時間4.5時間12時間6時間10時間8時間6時間8時間6時間7時間
防水/防滴IPX4IPX4IP55IP55IP55IPX7IPX4IP57IPX5IP54
本体重量33g5.4g9.8g29g29g片耳7.5g5.6g5.5g5.25g6.8g

ソニー「Float Run」以外のイヤホンでは、JVC HA-ET45T-AAnker Soundcore Sport X10もランニング等、スポーツ用のイヤホンとして人気があります。

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥18,800 (2024/02/11 13:34時点 | Amazon調べ)

ノキア(Nokia) E1502

ノキア(Nokia)
¥1,980 (2024/02/19 21:23時点 | Amazon調べ)

最大14時間連続再生が可能なノキアのワイヤレスイヤホンです。Bluetooth5.3技術が採用されているのも特長的です。

リーズナブルなワイヤレスイヤホンを探している方にはオススメです。

売れ筋の人気イヤホンのランキングから選ぶ

通販大手のアマゾン(Amazon)は、配送も早く、取り揃えも豊富なので、オススメのサイトです。

価格もリアル店舗よりも安い場合が多いので、お財布にも優しいです。

最新のAmazon「イヤホン・ヘッドホン」の売れ筋ランキングを確認して、納得のいくイヤホン選びをしてみて下さい!

楽天市場でイヤホンを探すのもオススメです。

ソニー「Float Run」レビューまとめ

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「Float Run」は、スポーツやアウトドアなどのシーンでも大活躍することができます。

高品質な音質や、快適な装着感、長時間のバッテリー寿命など、多彩な機能が備わっており、快適に音楽や通話を楽しむことができます。

水にも強いので、雨の日の使用、ランニング、水辺でのアクティビティで非常に便利です。

全体的に、高い品質と性能を持った「Float Run」は、おすすめの完全ワイヤレスイヤホンの一つです。

Float Runはプロのアスリートだけでなく、ランニングを始めようと考えている方にもぴったりです。防滴性能があり、汗や雨でも安心して使えます。

また、10時間のロングバッテリーライフもあるため、ランニング中にバッテリーが切れることもありません。

Float Runはとても軽く、長時間つけていても快適に使えるため、ランニング入門者にもおすすめのヘッドホンです。

今回は、ソニー「Float Run」レビュー、についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました