PR

シンガポールのルールとマナー

シンガポールのルールとマナー シンガポール旅行
スポンサーリンク

シンガポールは東南アジアに位置する小さな国ですが、多様な文化や宗教が共存する国際都市でもあります。

そのため、シンガポールで暮らす人や旅行する人は、シンガポールのルールやマナーを知っておくことが大切です。

シンガポールでは、ルールやマナーを守らないと罰金や逮捕などの厳しい処罰を受ける可能性があります。この記事では、シンガポールのルールやマナーについて、以下の項目に分けて紹介します。

スポンサーリンク

シンガポールのルールとマナー

シンガポールの風景

公共の場でのルールやマナー

警告マーク

シンガポールでは、公共の場でのルールやマナーが非常に厳しく定められています。例えば、以下のような行為は禁止されています。

  • タバコを吸うこと(一部の指定された場所を除く)
  • ゴミを捨てること(罰金は最高1000シンガポールドル)
  • チューインガムを噛むこと(持ち込みも禁止)
  • 飲食物を地下鉄やバスに持ち込むこと(罰金は最高500シンガポールドル)
  • 騒音を出すこと(特に深夜や早朝)
  • 公共の場でキスや抱擁などの親密な行為をすること
  • 裸足で歩くこと
  • トイレを流さないこと(罰金は最高150シンガポールドル)

これらのルールやマナーは、シンガポールの清潔さや秩序を保つために必要なものです。公共の場でのルールやマナーを守ることは、シンガポールの人々への敬意でもあります。

食事のルールやマナー

シンガポールでは、中華料理、マレー料理、インド料理など、様々な国や地域の料理が楽しめます。しかし、食事の際にも、以下のようなルールやマナーに気を付ける必要があります。

  • 箸を使う場合は、箸先を食器に立てたり、食べ物に刺したりしないこと(死者への供え物と見なされる)
  • ナイフやフォークを使う場合は、左手にフォーク、右手にナイフを持つこと(逆だと失礼とされる)
  • 手で食べる場合は、右手だけを使うこと(左手は不浄とされる)
  • 食べ物を分け合う場合は、自分の箸やスプーンではなく、共用の箸やスプーンを使うこと
  • 食べ物を残さないこと(無駄遣いや不満足と見なされる)

これらのルールやマナーは、シンガポールの多様な文化や宗教に配慮するために必要なものです。食事のルールやマナーを守ることは、シンガポールの料理や人々への感謝でもあります。

宗教施設への訪問のルールやマナー

シンガポールでは、仏教、イスラム教、ヒンドゥー教、キリスト教など、様々な宗教が信仰されています。シンガポールには、美しい寺院やモスク、教会などの宗教施設が多くあります。

これらの宗教施設への訪問は、シンガポールの文化や歴史を学ぶ良い機会です。しかし、宗教施設への訪問にも、以下のようなルールやマナーに気を付ける必要があります。

  • 入場料や寄付を払うこと(必須ではないが推奨される)
  • 靴を脱いで入ること(モスクや寺院など)
  • 肌の露出を控えること(肩や膝を隠す服装をすること)
  • 頭を覆うこと(モスクや教会など)
  • 内部での写真撮影や音声録音を控えること(許可が必要な場合がある)
  • 祈りや儀式に邪魔にならないように静かに振る舞うこと

これらのルールやマナーは、シンガポールの宗教的な多様性や尊厳を尊重するために必要なものです。宗教施設へのルールやマナーを守ることは、シンガポールの信仰や人々への理解でもあります。

スポンサーリンク

シンガポールのルールとマナーまとめ

シンガポールは、ルールやマナーが厳しく定められている国ですが、それはシンガポールの特徴でもあります。シンガポールで暮らす人や旅行する人は、シンガポールのルールやマナーを知っておくことで、シンガポールの魅力をより深く感じることができるでしょう。

シンガポールのルールやマナーを守ることは、自分自身や他人への礼儀でもあります。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
シンガポール旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました