おすすめのSIMフリースマホ15選【2020年】

スマートフォン家電
スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、おすすめのSIMフリースマホ15選【2020年】、についてです。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

・SIMフリースマホおすすめ機種を知りたい!

スポンサーリンク

SIMフリースマホとは?

SIMフリースマホとは、SIMフリーのスマートフォンのことです。キャリアに縛られることなく使用できる点が人気となっています。

解約した後も自由に使う事ができる点も魅力の一つと言えるでしょう。

うまく運用すれば、スマホ代や毎月の通信費節約にも繋がる点がメリットです。

SIMフリースマホの選び方

SIMフリースマホの選び方を解説します。

simカードの形状

simカードの形状は、現在以下の3種類があります。

標準SIM(ドコモではミニSIMと呼ばれる)

マイクロSIM

ナノSIM

まずは格安 SIM の会社が発行している simカードに合うかどうかを確認してから、スマートフォンを買うことをお勧めします。

スマートフォンを買った後でそれに合う格安 SIM がない!となってしまうと、目も当てられませんのでご注意ください。

大抵はあうようになっているかとは思いますが、ご注意ください。

技適マークありのスマホを購入する

日本でスマートフォンを使用する場合、技適マークありのスマートフォンでなければ使用してはならないとされているようです(外国からの観光客については一部条件付きで免除されているようです)。

技適マーク付きのスマートフォンを購入するのが安心と言えます。

  • アンドロイドの技適マークの確認方法(一例)

「設定」→「システム」→「認証」

OSを選ぶ

SIMフリースマホを選ぶ際は、OSの種類もチェックしておきましょう。

アンドロイド(Android)の最新OSは、「Android 10」です。

アップデートで「Android 10」に更新できるモデルもあるので、購入前に確認をしておきましょう。

カメラの画素数で選ぶ

SIMフリースマホを選ぶ際は、カメラの画素数もチェックしておきましょう。

自撮りが好きの方は、インカメラ(フロントカメラ)の画素数が大きい物を選ぶことで、綺麗な画像や映像を記録することができます。

FFと書かれたものがありますが、固定焦点(FF(fixed focus))の意味です。固定焦点(FF(fixed focus))とは、ピントを合わせる機構がなく、ピントが固定されているレンズのことをさします。フロントカメラ(液晶側のカメラ)によく搭載されています。

ノッチデザインの有無で選ぶ

ノッチデザインとは、ディスプレイの上部の部分ギリギリまでディスプレイになっているものを指します。上記の写真は、インカメラのギリギリまで切り欠かれており、しずくに似ているため、しずく型ノッチと呼ばれています。

ノッチデザインは、画面占有率が高いので、フレームがほとんどなく、その分、大画面で映像や画像を楽しむことができます。

デュアルカードスロットで選ぶ

デュアルカードスロットを搭載しているスマートフォンもあります。SIMカードが2つ入るため、異なる二つの番号を、同時に待ち受けすることができる点がメリットです。

SIMカードを差し替える必要がなく、切り替える必要もない点がメリットです。

中にはトリプルスロットを搭載してモデルもあり、2個のNanoSIM +1個のMicro-SDという使い方もできるものもあります。

周波数帯(バンド)で選ぶ

広いバンドを搭載しているグローバル対応端末はオススメです。

周波数帯(バンド)には、以下のような種類があります。対応している周波数帯(バンド)が多い端末を選ぶことで、使えない!というトラブルを軽減できます。

バンド1:LTEは全国区をカバーする

バンド3:東名阪の高速通信に対応

プラチナバンド(バンド19):地下や郊外を担当している

おすすめのSIMフリースマホ

おすすめのSIMフリースマホをご紹介します。

Blackview A60 Pro

参考価格¥9,859 
OSAndroid 9.0
CPUMT6761V/WBクアッドコア 2.0GHz
ディスプレイサイズ6.08 インチHD
カメラフロント:5MP、リア:8MP 
メモリー3GB RAM+16GB ROM (256GBまでメモリカード対応)
バッテリー容量4080mAh
サイズ156.8×74×9.8mm
重量190g(電池を含む)
その他1年間の保証付き

スマートフォンの機体の四角はしずく彎曲デザインです。92%の画面占有率とアスペクト比19:9が特長です。5 MPのフロントカメラ と、SONYの8MPデュアルリアカメラを搭載しています。

4ネットワーク対応SIMフリースマートフォンです。

デュアルカードスロット搭載です。SIM+メモリカードという使い方も可能です。

指紋認識、パスワード、ジェスチャー、顔認識も使用可能です。

注意点として、auは対応不可となっています。

SHARP AQUOS sense3 SH-M12-B

参考価格¥37,800
OSAndroid 9
CPUQualcomm Snapdragon 630 2.2Ghz+1.8Ghz オクタコア
ディスプレイサイズ約5.5インチ フルHD+ 2160×1080ドット IGZO
カメラ –
メモリーRAM 4GB / ROM 64GB
バッテリー容量4,000mAh
サイズ
重量
その他

AQUOS史上最長の1週間の電池持ちを実現したスマートフォンです(2019年10月現在 シャープ株式会社調べ)。

シャープ独自の技術で省エネ性能に優れたIGZOディスプレイと4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。電池切れの心配を減らす事ができるのが特長です。

広角レンズを搭載しており、臨場感のある写真を撮影できます。

AIや手ブレ補正機能も搭載しているので、撮影の失敗を軽減できます。

従来機種と比較して、CPUが約15%、GPUが約60%性能が向上しています。

書き出しが高速な4GBのメモリも搭載してサクサク動きます。

複数アプリを起動した状態でも動作がスムーズなので、行いたい作業を思い切り楽しめるのが特徴です。

UMIDIGI A5 PRO

参考価格¥15,969 
OSAndroid 9
CPUHelio P23オクタコア
ディスプレイサイズ 6.3インチノッチ付き FHD+ディスプレイ アスペクト比19:9
解像度:2280×1080
カメラアウトカメラ:16MP(F値1.8) + 8MP(広角)+ 5MP(深度カメラ)
インカメラ:16MP
メモリー4GB RAM + 32GB ROM (256GBまでサポート)
バッテリー容量4150mAh
サイズ156×75.9×8.2mm
重量203g
その他最大256GBのMicro-SDカードを使用可能

「UMIDIGI A5 Pro」は、UMIDIGI Aシリーズの最新の、シムフリースマートフォンです。

最大の特徴は、この価格帯で、1600万画素のSONY IMX398レンズを搭載している点です。また、トリプルレンズでもあります。主レンズ、深度レンズ、超広角レンズの3つのレンズで撮影者の創造性を最大限に引き出してくれます。

UMIDIGI A5 Proには、一般的なレンズより広い(120°)視野を持つレンズがあるので、風景全体を一枚の写真で撮影できます。

昼夜を問わず、詳細で豊かで広角な画像を楽しむことができます。

「UMIDIGI A5 Pro」は、オクタコアMediaTek Helio P23プロセッサを搭載しています。バッテリーの消費を抑えながら没入型ゲームとビデオのパフォーマンスを提供し、4GBのRAMで動作するので、重いアプリの実行も可能です。

32GBのROMは、ビデオ、音楽、そして大規模なゲームを大量に保存するのに十分と言えるでしょう。

「6.3インチ水滴型ノット付きディスプレイ」を搭載しています。画面占有率は約92.7%と大きいのが特長です。

また、FHD+レベルの液晶を採用し、画面の粗さが気にならない画面密度と感じています。はっきりで鮮明な画面表示をサポートします。

UMIDIGI A5 Proの背面パネルは、高価端末に使われる、2.5D曲面ガラス仕様を採用しています。Space Greyは特別なガラス素材を利用して、美しい鏡面効果があります。

背面とディスプレイは、美しい2.5Dガラスでサイドフレームには金属フレームが用いられており、質感がグッと出ています。

また、発送前に、既に保護フィルムが貼られているのが特徴的なスマートフォンです。

同時に2枚のSIMカードを認識可能なデュアルSIM仕様です。また、専用Micro-SDスロット搭載により、1枚のSDカードを入れることができます。2個のNanoSIM +1個のMicro-SDという使い方も可能です。

HUAWEI P30 Lite

参考価格参考価格:¥29,940
OSAndroid 9
CPUHUAWEI Kirin710 オクタコア (4 x 2.2GHz A73 + 4 x 1.7GHz A53)
ディスプレイサイズ約6.15インチ FHD+ (2312×1080ピクセル) TFT しずく型ノッチ
カメラ メインカメラ(トリプルカメラ):約2400万画素+約800万画素+200万画素, AF インカメラ:2400万画素,FF
メモリーRAM: 4GB ROM: 64GB microSD カード(最大512GB)
バッテリー容量3340mAh HUAWEI Quick Charge対応
サイズ高さ 約152.9mm×幅 約72.7mm×厚さ 約7.4 mm
重量約159g
その他

Amazonでベストセラーになっているスマートフォンです。OSは、「Android 9, EMUI 9.0.1」を搭載しています。

バッテリー容量は、3340mAhあります。また、「HUAWEI Quick Charge」にも対応しています。

背面のトリプルカメラ搭載なのも特筆すべき点でしょう。カメラに拘りたい方にもオススメです。

インカメラの画素数は、2400万画素もあります(FF(固定焦点))。さらに、メインカメラはトリプルカメラ仕様となっており、約2400万画素+約800万画素+200万画素の3つのカメラが使用可能です。すべてAF(オートフォーカス)です。

UMIDIGI A3 Pro Updated Edition

参考価格¥10,837
OSAndroid 9.0
CPUMT6739
ディスプレイサイズ5.7インチHD+ 全画面 19:9アペクト比ディスプレイ
カメラメイン:12MP+5MP
イン:8MP
「SONY IMX 386 / OV 12870センサー」
メモリー3GB RAM+32GB ROM(256GBまでのSDカードをサポート)
バッテリー容量3300mAh
サイズ
重量
その他・一年メンテナンス保証が付属
・技適認証済み
・Bluetooth GPS
・2+1カードスロット
・グローバルLTEバンド対応
・顔認証
・指紋認証

このスマートフォンは、両面2.5D曲線ガラスを備えています。

このSIMフリースマホはデュアルカメラ仕様です。

UMIDIGI A3 Proは、「SONY IMX 386 / OV 12870センサー」と「F / 2.0(1.25μm)」を組み合わせた12MPと500万画素の2つのカメラ(デュアルカメラ)を背面に搭載しています。豊かな色とノイズの少ない撮影が可能です。

UMIDIGI A3 Proは三つのスロットを搭載しています。2個のNanoSIM + 1個のMicro-SDという使い方もできます(最大256GBのMicro-SDカードまで対応)。

注意点として、auは不可となっています。

HUAWEI P30 Lite

参考価格¥29,780
OSAndroid 9
CPUHUAWEI Kirin710 オクタコア (4 x 2.2GHz A73 + 4 x 1.7GHz A53)
ディスプレイサイズ約6.15インチ FHD+ (2312×1080ピクセル) TFT しずく型ノッチ
カメラ メインカメラ(トリプルカメラ):約2400万画素+約800万画素+200万画素, AF インカメラ:2400万画素,FF
メモリーRAM: 4GB ROM: 64GB microSD カード(最大512GB)
バッテリー容量3340mAh HUAWEI Quick Charge対応
サイズ高さ 約152.9mm 幅 約72.7mm 厚さ 約7.4 mm
重量約159g
その他

しずく型ノッチを採用しており、画面占有率が高いのが特徴です。

インカメラの画素数は、2400万画素もあります(FF(固定焦点))。自撮りをしたい場合でも綺麗に撮れるので、オススメです。

メインカメラは、3つのカメラ搭載(トリプルカメラ仕様)となっています。約2400万画素と約800万画素、さらに200万画素のカメラが付いています。全てAF(オートフォーカス)です。カメラに拘りたい方にもオススメです。

OUKITEL C15 PRO+

参考価格¥11,699
OSAndroid 9.0
CPUMediaTek Helio A22/MT6761
ディスプレイサイズ6.088インチ/液晶/画面占有率85.5%
カメラアウト:8MP+2MP イン:5MP
メモリー3GB RAM + 32GB ROM 
バッテリー容量3200mAh
サイズ高さ155.6×横幅73.3×厚さ8.9mm 
重量
その他・1年間の保証付き(バッテリー及び充電器は6ヶ月)
・技適認証済み
・6.088インチ19.5:9 HD+大画面 MT6761 2.0GHz 
・グローバルLTEバンド対応
・デュアルSIM(Nano)
・顔認証
・指紋認識
・au不可 (サポート5G/2.4G WIFI)

1万円代前半で購入可能な比較的低価格なSIMフリースマホです。

価格重視で選びたい方にオススメのSIMフリースマホです。

OUKITEL C15 PRO採用した6.088インチHD +水滴型ディスプレイを搭載しています。

ノッチ付きで、画面対ボディ比率は92.7%となっており、フレームの少ない、シームレスなデザインです。

HD+解像度のフロントパネルを搭載しているので、明瞭で鮮やかな色の画面表示をしてくれます。

★【世界初のMT6761スマートフォン 2.0GHzスムースシステム】:MediaTek MT6761プロセッサは内部で2.0GHzを実現し、1.5GHzのクアッドコアプロセッサよりも最大20%パフォーマンスが向上し、より高速で強力なパフォーマンスを実現します。 3GBのRAMで動作し、OUKITEL C15 PROは簡単に重いアプリケーションを実行することができます。32GBのROM(256GBまでサポートする)は、ビデオ、音楽、そして大規模なゲームを大量に保存するのに十分です。



★【グローバルLTEバンド対応4G SIMフリースマートフォン】:デュアルSIMデュアルスタンバイ、サポート4G FDD-LTE B1/B3/B7/B8/B20、3G WCDMA B1/B8および2G GSM B2/B3/B5/B8. CE、RoHS、WEEE、MSDSで認定されています。 Docomo、Softbank、eMobileなどの大半のキャリアと互換性があります。

HUAWEI P20 Lite

参考価格¥21,212
OSAndroid 8.0 Oreo / EMUI 8.0
CPUHUAWEI Kirin 659 オクタコア (4 x 2.36GHz + 4 x 1.7GHz )
ディスプレイサイズ約 5.84インチ FHD( 2280 x 1080ピクセル)TFT
カメラメイン:1600万画素+ 200万画素、像面位相差AF+コントラスト
イン:約1600万画素、FF(固定焦点)
メモリーRAM:4GB ROM:32GB(最大256G Micro-SDスロット)
バッテリー容量3000mAh
サイズ高さ 約148.6mm 幅 約71.2mm 厚さ 約7.4mm
重量約145g
その他カラー:ブルー

メインカメラはダブルレンズとなっており、約1600万画素のレンズと、約200万画素のレンズを搭載しています(像面位相差AF+コントラスト AFとなっています)。

HUAWEI nova lite 3

参考価格¥18,480
OSAndroid 9.0 / EMUI 9.01
CPUHuawei Krin 710 オクタコア(4×2.2GHz A73 4×1.7GHz A53)
ディスプレイサイズ約6.21インチ 19.5:9 TFT, 2340×1080ピクセル
カメラメイン:1300万画素&200万画素(ダブルレンズ搭載)
インカメラ:1600万画素(FF(固定焦点))。
メモリー3GB RAM、32GB ROM
バッテリー容量3400mAh
サイズ
重量
その他SIMスロット:Nano SIM x 2

1万円代で購入可能な比較的低価格なSIMフリースマホです。価格重視で選びたい方にオススメのSIMフリースマホです。

micro SDスロットは、最大512GBまで対応しています。

メインカメラでは、LEDフラッシュ、像面位相差、コントラストAFが使用可能です。

シャープ AQUOS sense2 SH-M08

参考価格¥26,350
OSAndroid 8.1
CPUQualcomm「Snapdragon 450(SDM450)1.8GHzオクタコア」
ディスプレイサイズ
カメラ– 
メモリーメモリ:3GB、ストレージ:32GB
バッテリー容量
サイズ
重量
その他色:ホワイトシルバー

ディスプレイは、約5.5インチ フルHDで、シャープ独自の技術である「IGZO」も搭載しています。

HUAWEI P30 Lite

参考価格¥29,970
OSAndroid 9, EMUI 9.0.1
CPUHUAWEI Kirin710 オクタコア (4 x 2.2GHz A73 + 4 x 1.7GHz A53)
ディスプレイサイズ約6.15インチ FHD+ (2312×1080ピクセル) TFT しずく型ノッチ
カメラメインカメラ:(トリプルカメラ):約2400万画素+約800万画素+200万画素, AF
インカメラ画素数:2400万画素(FF(固定焦点))
メモリーRAM 4GB ROM 64GB
バッテリー容量3340mAh、「HUAWEI Quick Charge」対応
サイズ
重量
その他

メモリは4GBあるため、一般的な使用では問題なく、高速な部類に入るでしょう。

「HUAWEI P30 Lite」は、背面のトリプルカメラ搭載なのも特筆すべき点でしょう。カメラに拘りたい方にもオススメです。

UMIDIGI A3 Pro Updated Edition

参考価格¥10,837
OSAndroid 9.0
CPUMT6739
ディスプレイサイズ両面2.5D曲線ガラス 
5.7インチHD+ 全画面 19:9アペクト比ディスプレイ
カメラ12MP+5MPリアデュアルカメラ 8MPフロントカメラ
メモリー3GB RAM + 32GB ROM(256GBまでサポート)
バッテリー容量3300mAh
サイズ
重量
その他・一年メンテナンス保証が付属
・技適認証済み
・2 + 1カードスロット
・グローバルLTEバンド対応
・顔認証
・指紋認証
・au不可 
・Bluetooth GPS

1万円代前半で購入可能な比較的低価格なSIMフリースマホです。価格重視で選びたい方にオススメのSIMフリースマホです。

また、2.5D曲線ガラス本体を搭載しています。

このSIMフリースマホには、デュアルカメラが搭載されています。

「UMIDIGI A3 Pro」は、SONY IMX 386 / OV 12870センサー、F / 2.0(1.25μm)を組み合わせた12MP + 500万画素のデュアルリアカメラを搭載しています。

豊かな色とノイズの少ない撮影が可能です。また、8MPフロントカメラ(インカメラ)を搭載しています。

UMIDIGI A3 Proは、三つのスロットを搭載しています。2個のNanoSIM + 1個のMicro-SD最大256GBのMicro-SDカードをサポートできます。

UMIDIGI A3 Updated Edition

参考価格¥8,937
OSAndroid 9.0
CPUCPU:MT6739、2GB RAM+16GB ROM(256GBまでのSDカードをサポート)
ディスプレイサイズ5.5インチHD+ 全画面 18:9アペクト比ディスプレイ
カメラ12MP+5MPデュアルリアカメラ 8MPフロントカメラ
メモリー
バッテリー容量3300mAh
サイズ
重量
その他・一年メンテナンス保証付き
・2 + 1カードスロット
・グローバルLTEバンド対応
・顔認証
・指紋認証
・技適認証済み
・au不可
・Bluetooth GPS

1万円を切る価格で購入可能な、比較的低価格なSIMフリースマホです。

1万円を切る価格で購入できるので、価格重視でお考えの方にオススメのスマートフォンです。価格重視で選びたい方にオススメのSIMフリースマホです。

先進的な5.5インチのインセル式フルスクリーンを搭載しています。また、2.5D曲線ガラス本体を採用しています。

本機は、F値2.0を組み合わせた800万画素のインカメラを搭載しています。

非常に明るいレンズなので、少々薄暗い場所でも、ノイズが少なく撮影可能です。旅行好きな方や自撮りを楽しみたい方にオススメです。

UMIDIGI A3は三つのスロットを搭載しています。2個のNanoSIM + 1個のMicro-SDという使い方も可能です(最大256GBのMicro-SDカードまで対応)。

グローバルバンド対応端末となっています。A3は、4つのネットワークモードと29のグローバルバンドに対応しています。

UMIDIGI F1

参考価格¥19,777
OSAndroid 9.0
CPUHelio P60オクタコア、2.0GHz
ディスプレイサイズ6.3型FHD/水滴型ノッチ/画面対ボディ比92.7%
カメラアウト:1600万画素+800万画素
イン:1600万画素
メモリー4GB
バッテリー容量5150mAh
サイズ約156.9*74.35*8.8 mm
重量約195g(バッテリー含む)
その他顔認証、指紋認証を使用可能

1万円代で購入可能な比較的低価格なSIMフリースマホです。OSは、Android 9.0を搭載しています。

価格重視で選びたい方にオススメのSIMフリースマホです。

5150mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、バッテリーの持ちを重視して選びたい方にオススメのSIMフリースマホです。

画面対ボデイ比率は92.7%で、シームレスなデザインとなっています。FHD+解像度のフロントパネルを搭載しているので、明瞭で鮮やかな色の画面表示が可能です。

絞り値はF値1.7と明るいレンズが採用されています。低光照度の夜間や室内にもクリアな写真を撮影可能です。 「Helio P60オクタコア」と「F値1.7のレンズ採用の16MP + 8MPデュアルカメラ」と「新ソフトウェアアルゴリズムの組み合わせ」の3要素により、驚くほどの写真を作り出せることが売りとなっています。

18W急速充電採用で、短時間のうちに大量の電力を素早く充電できるようになっています。

優れた電力効率を提供する「Helio P60」と「LPDDR4X RAM」が搭載されていることで、バッテリー持ちに貢献しています。

バンド1、バンド3、プラチナバンド(バンド19)にも対応しています。ドコモ回線での4G/LTEの使用は全く問題ないです。 FOMAプラスエリアの6/19に対応しています。

ソフトバンクの場合、バンド1、サブバンドの3、プラチナバンドの8の全てに対応しています。 また、高速通信方式TD-LTEのバンド41にも対応しており、幅広く使用可能です。

注意点として、auは不可となっています。

ASUS ZenFone 6 ZS630KL-BK128S6/A

参考価格¥74,000
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 855 (オクタコアCPU/ 2.84GHz)
ディスプレイサイズ6.4インチ フルHD⁺(2,340×1,080ドット) IPS オールスクリーンナノエッジディスプレイ(19.5: 9) ※Corning社Gorilla Glass 6
カメラ メイン:4800万画素 F値: 1.79/ SONY IMX 586/ デジタルズーム最大8倍 
サブ:(超広角カメラ): 1300万画素 F値: 2.4画角125度
メモリーRAM 6GB/ ROM 128GB + microSDメモリカードリーダー(SDXC、SDHC対応 ※最大2TB)
バッテリー容量5,000mAh(リバースチャージ機能対応)
サイズ
重量
その他

ASUSのハイスペック(高性能)なSIMフリースマホです。OSはAndroid 9.0を搭載しています。

本機「ASUS ZenFone 6 」は、背面カメラが回転する、フリップカメラを搭載したSIMフリースマホです。

カメラは2つ搭載されている、デュアル仕様となっています。以下のカメラが搭載されています。

なんと4800万画素カメラが搭載されていて、カメラの性能に特に力を入れているのが分かります。
サブカメラは超広角カメラとなっているので、旅行先でダイナミックな写真を撮影したい方にもオススメです。

バッテリー容量は、5,000mAhで、かなり大容量な部類です。

売れ筋の人気SIMフリースマホを探す

Amazonは、最大手のインターネットショッピングサイトです。

店頭で買うよりも安く購入できる商品も多く、配送も比較的早いです(商品や住む場所によって異なる場合もあります)。

SIMフリーのスマートフォンを購入する場合にAmazonはオススメです。

Amazon スマートフォン本体の売れ筋ランキング

SIMフリースマホおすすめ12選【2020年】についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブライトライフ365

コメント

タイトルとURLをコピーしました