携帯料金を見直したら月額5000円になった!【節約】

通信費 見直しミニマリスト・シンプルライフ
スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、携帯料金(ネット代)を見直して、月額5000円になった!、についてです。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • スマートフォンとインターネットの携帯料金を節約したい!
  • 一人暮らしの携帯料金っていくらくらいなのか知りたい!
  • 携帯料金の平均額はどれくらいなのか知りたい!
  • 携帯料金を見直したい!
スポンサーリンク

僕の現在の携帯料金(ネット代)の状況

僕は現在、ポケット wi-fi と格安SIM、SIMフリースマートフォンで運用しています。

<携帯料金(ネット代)>

  • ポケット wi-fi:約3900円
  • 格安SIM:約1000円
  • 合計:4900円

携帯料金は、月々5000円ちょっとなので、とても助かっています。

<本体代>

SIMフリースマートフォン本体代:871円/月(20900円で購入しました。2年使うとします)

本体代金と合わせると、月々5900円くらいです。

僕の知り合いには、1万円以上払っている人も居て、結構払っているんだなぁと思っています(゚Д゚;)

僕は電話をほとんどしないから、安いのかもしれません。

携帯料金を節約できた理由は?

僕は、格安SIMカードとポケットWi-Fiを使うことにしました。

家の固定回線は、2019年2月になるまで、敷いていませんでした。今回はその時までの話となります。

家のインターネットとスマートフォンの携帯料金をポケットWi-Fiで一元化したため、節約することに成功しました!

格安SIM会社と契約しているので、大手キャリアとの契約は止めました。

とはいえ、格安SIMの電話は、僕の場合は、ドコモ回線を借りています。

電話→LINE、スカイプに変更したことで、携帯料金が節約できた

電話はほとんど使いません。

LINE、スカイプ等を使えば、通話料がかからないので、節約できます。

ポケットWi-Fiのメリットは?

ポケットWi-Fiのメリットは、以下の通りです。

携帯料金(料金)を節約できる

ポケットWi-Fiは月々3800円ほどで契約できます。

固定回線+スマートフォン月額料金の両方を払っている人も僕の周りにもいますが、それでは高くなってしまいます。

そこで、メインはポケットWi-Fiにし、電話は格安SIMと契約することにしました。

ちなみに、格安SIMカードは、SONETの0SIM(ゼロシム)というものを使っています。

長時間労働等で家にいる時間が殆どない方は、固定回線にするメリットがあまりないかもしれないと思います。

ポケットWIFIにすることで自宅に回線を引く必要がなくなるので、節約にもつながります。

ポケットWi-Fiは、自宅以外でも使えるため、回線を一元化でき、携帯料金の節約につながる

外に持ち出して、外出先でも使う事ができるのがメリットの一つです。

ギガ制限がないので、外出先でも快適に使う事が出来ます。

僕は2013年頃からポケットWi-Fiを使用しており、外出先でも助けられました。

wimaxなら通信容量制限がないので、携帯料金を節約できる

月々7GBまでというような通信制限がないため、使い放題です。大容量通信を頻繁に行っている人にとっては有難いです。

私は30GB使用したりしますが、月額料金は4000円もしないため、助かっています。

ポケットWi-Fiの注意点は?賢く契約する方法は?

気になるのは、本当に大丈夫なのか?ということです。

鉄筋の家は注意

出張先の家では、窓際に置かないとポケットWi-Fiの電波が入らないことがありました。

注意が必要かと思うので、事前に確認をしておくと良いでしょう。

レンタルで電波チェッカーを貸し出すことができる場合は、それを事前に借りて、チェックしておくのも良いかもしれません。

ポケットWi-Fiの更新月をチェックしておくこと

契約更新月は、必ずメモをしておきましょう。

解約料金に注意が必要です。

ポケットWi-Fiは、大抵は24ヶ月契約です。

24ヶ月で自動更新となるので、更新月を把握しておく必要があります。

手帳やカレンダー、スマートフォン等の予定に予め入れておけば、忘れにくくなるでしょう。

スマートフォンの方にも2年後の予定として入れておくと良いでしょう。

その間に機種変更などはしないように気をつけた方が良いでしょう。

そのスマートフォンに入れているからといって安心してしまうと気づかない場合があるからです。

複数箇所に記録を取っておくと安心です。

ポケットWi-Fiのオプションメールの解約方法を確認する

契約してから、やることはわりとあります。

かなり複雑な場合もあるので、十分注意をしてください。

オプションとしてメールが配信される場合があります。

それを解約できるタイミングをしっかり把握しておきましょう。

ものによっては2ヶ月目からでないと、解約をすることができないものもあります。

来月まで覚えとけばいいや、と思ってしまうと、忘れてしまい、ずっとオプション代を払い続けることになってしまう可能性が高いです。

そのため、スマートフォンのリマインダーを設定しておくことやカレンダーに記載することが必要となります。

なぜ、複雑な仕組みをとっているのか、僕はすごく謎なんです。

が、現実問題としてそのような仕組みになっています。

従って、賢く解除の手続きをしないと、あまり安くならないとなってしまいます。

ご注意下さい。

ポケットWi-Fiは使い過ぎると、速度制限が発生

使い過ぎると、速度制限が発生します。

YouTubeを高画質で見続けていると、使い過ぎということで、速度制限に引っかかる場合もあります。

数日で解除されるので、問題ありませんが、注意は必要でしょう。

スマートフォンは何を使っているの?

僕はSIM フリーの、エイスースのスマートフォンを愛用しています。アマゾンで、20900円で購入しました。

格安SIMに加入するには、SIM フリーのスマートフォンを使う必要があります。

今お使いのスマートフォンのSIMを解除することができるかを考える必要があるでしょう。

Amazon にSIM フリーのスマートフォンは色々と売られていますので、探すのも良いかと思います。

僕はアマゾンで買った、20900円のスマートフォンを使っています。

24か月で割ると、1か月あたり、871円です。

僕はハイエンドなスマートフォンは必要ないので、2万円代のモデルで十分でした。

スマートフォン本体代金を節約したい方は、2万円代のモデルを選択するのも良いかもしれません。

格安SIMは、どのキャリアの回線を使うと携帯料金の節約に繋がるか?

格安SIMは、ドコモ、ソフトバンク、auのうち、どの電波域を使用するかを決めることになります。

個人的には、僕は一番ドコモが好きなので、ドコモの回線を利用しているメーカーを選ぶようにしています。

というのも、音楽フェスに行った時に、犬のお父さんの契約していたのですが、人が多すぎたため、スマートフォンが使い物にならなかった経験がありました。

それは2012年頃なのでかなり昔の話にはなります。

現在は改善されているのかもしれませんが、その時の経験があるため、僕は消去法的に、ドコモを使用することにしています。

格安SIMのデメリット

格安SIMのデメリットも解説します。

家族割引がない(おそらく)

大手キャリアを解約することで、家族割引等は無くなります。

なので、全ての人にお勧めできるというわけではありません。

ただ僕は安くなった分、通話料金に回せば良いのではないかなと個人的には思っています。

なので、家族割引は必要ないのではないかと思っています。

ただそこは人それぞれ考えがあるでしょうから、あまり言及しないこととします。

格安SIMは、速度が遅いプランに注意(携帯料金の節約に繋がらない場合あり)

様々なプランがありますが、格安SIMの速度が遅すぎるプランについてはご注意下さい。

ちなみに、格安SIMカードは、SONETの0SIM(ゼロシム)というものを使っています。

スピードテストを行ったところ、ダウンロード速度は、3.7Mbps、アップロード速度は、7.43Mbpsでした(2019/03/14 20:30測定)。たまにページを読み込めない時があり、支障が出ているので、もう少し速度の速いものに変更する予定です。

【完全ガイドシリーズ265】SIMフリー完全ガイド (100%ムックシリーズ 完全ガイドシリーズ 265)

携帯料金を節約する上での、おすすめのWi-Fiメーカー(wimax2)

おすすめのWi-Fiメーカーをご紹介します。

『縛りなしWiFi3300円』

『縛りなしWiFi3300円』はオススメです。

契約期間縛りのない【縛りなしWiFi】
月額料金は、業界最安値級の3,300円!

・契約期間縛りなし
サービス名の通り契約期間縛りがないので、最低利用期間の1ヶ月以上利用すれば、 好きな時に解約できて違約金も発生しないのが、特徴的です。

・初期費用なし
端末の発送にかかる送料は無料!
北海道から沖縄まで日本全国でどこでも初期費用0円で端末を手に入れる事が可能な点も魅力です。

月間通信制限なしなのが特徴的です。 月間7GBの通信容量制限なしで利用することが可能です。

・最短翌日発送翌々日到着
申し込み時間や地域により異なりますが、最短でお申し込み翌日に端末を発送してくれます。
翌々日には手元に端末が届くのがメリットです。

・端末本体代金なし
端末代金がかからないので、月額費用以外のお金がかからないのも魅力的です。

『縛りなしWiFi3300円』 は、以下のような方にオススメです。

・外出先でもネットを利用したい
・固定回線が高いのでネット携帯料金用を抑えたい
・携帯やスマホの通信速度制限に困っている
・出張や旅行が多い
・長期入院時にネットを使いたい
・法人で社員にポケットWi-Fiを持たせたい
・契約縛りのないWi-Fiを探している
・民泊運営をしている

GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBB WiMAX2+は、「東証一部上場企業」である、GMOインターネット株式会社が展開しているサービスです。僕も使っていました。キャッシュバック金額が大きいので、うまく利用することでかなりの節約に繋がります。

今後僕は携帯料金をどう節約していくか?

今度の5月からはさらに携帯料金を見直して、SIM だけの運用にしようと思っています。家賃の中にネット代が含まれているので、携帯料金を払う必要がないためです。

家にいるときは自宅のWiFi を使い、外出する時だけSIMを使うような方法を取る予定です。

現在は約1000円ですが、もう少し良いプランに変更しようと思っているため、高くなります。

従って、月々1300円~1500円程度になる予定です。かなりの節約となります。

持ち物を減らす方法

持ち物を減らす方法については、別の記事にて解説しておりますので、是非ご覧下さい(^^)/

関連記事:持ち物を減らす方法完全マップ

『持ち物を必要最低数量にする方法』

持ち物を必要最低数量にする方法』(著者:原文 パパ)という本をAmazonにて好評発売中です!

読み放題サービス(Kindleアンリミテッド)をご使用の場合、無料でお読みいただけますので、大変お得です(^^)/ 

最後に

携帯料金を見直して、節約してみて下さい(^^)/

ポケットWi-Fiと格安SIMでの運用は、全ての人にオススメと言うわけではありませんが、検討してよさそうと判断された方は、契約してみてはいかがでしょうか。

長期での契約となるため、メリットだけでなく、デメリットもしっかりと把握したうえで、契約して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました