おすすめのリュックサック(バックパック)20選!選び方も解説

スポンサーリンク

今回は、国内旅行におすすめのリュックサック(バックパック)20選。選び方も解説、についてです。

バックパックは、旅行の際にも活躍するアイテムです。商品の種類が多く、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は旅行に適したリュックサックをご紹介します。選ぶ際のポイントも解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

国内旅行向けリュックサック(バックパック )の選び方

容量で選択する

1日=10ℓが標準的な目安と言われます。国内旅行には、身軽に動けるリュックがおすすめです。

1泊の場合

1泊旅行の場合は、20L前後の容量があれば十分と言えます。

着替え等の量が少なくて済むため、リュックサック1つで気軽に出かけることができるためです。

必要以上に大きい製品を選んでしまうと機動性が損なわれます。そのため、20Lくらいの普段使い可能な、小型なリュックサックを選択するのがおすすめです。

ただし、冬場の国内旅行時では、着替えの服は、厚手の洋服が多くなりかさばりやすいので、注意が必要です。通常に比べて少し大きめ大きさを選んでおくと安心です。

2〜3泊の場合

2~3泊の国内旅行に持っていくリュックサックの容量の目安は20~30Lです。

行き先や目的にもよりますが、30Lの容量があればスッキリ収まる場合が多いです。1つの基準にして選んでみて下さい。20~30L大きさのリュックサックは各ブランドから数多く展開されており、選べる種類も豊富です。

3泊以上の場合

3泊以上の場合は、泊数分の着替え等をしっかり収納可能な大きめのリュックサックが必要になります。荷物が少ない方は30L大きさのリュックサックにおいても収まる場合がありますが、余裕をもってパッキングしたいなら40~50Lあると安心。容量に余裕がある状態で出発することにより、現地で購入したお土産等もリュックサックに詰め込めます。

重量で選択する

重さは10kgが目安

両手がフリーになり、軽快に動けるのがリュックサックの利点です。しかしながら、必要以上の荷物を詰め込んで重くなりすぎると利点が失われてしまいます。

そのので、重量を意識したパッキングをすることのほか、リュックサック自体の重さにも目を向けてみましょう。容量が大きくても、素材や作りを工夫して軽量に作られた製品もあるので確認しておきましょう。

快適な旅行の推奨重量は 10 kg です。 15kgとかなり重く感じるので、荷物が多い場合でも13kg前後がおすすめです。ただし、最適な体重は個人差があるので、ストレスなく持てる体重かどうか、出発前にチェックしておきましょう。

国内線の重量制限に注意

国内旅行で飛行機に乗る場合に、リュックサックを機内に持ち込む場合は大きさだけでなくて重量制限にも要注意です。例えば、ANAの国内線の場合、持ち込むことができる手荷物の総重量は身の回り品を含めて10kg。各航空会社によって大きさや重量の制限が変わってくるため、あらかじめ確認しておくと安心です。

その他機能で選択する

防水

旅行先での散策中に急な雨に見舞われることはよくあるため、防水機能もしっかり確認しておくと、失敗が減ります。特に自然の風景を楽しむようなアクティブな国内旅行の場合は、少しぐらい雨に濡れても気にならない、防水性に優れたリュックサックを選択する点がおすすめです。

防水機能を確認する際は、本体に用いられている素材のほか、止水ファスナーを備えているかどうかも重要な特筆すべき点です。また、リュックサック自体に防水機能がなくても、レインカバーで雨への対策が可能なアイテムもあるため確認しておきましょう。

レインカバーは最初から付属しているモデルもあります。

2WAY・3WAY

最近では、色々な旅のスタイルに対応可能な2WAY、3WAYアイテムも数多く発売されています。例えば、キャリーケースの機能も備えた2WAYリュックサックは荷物が重くなった場合においても対応しのが容易で便利。悪路との相性が悪いキャリーケースのデメリットも補える優れ製品です。

また、手持ち・ショルダー・リュックサックの3WAYで使用できる製品も人気。特にリュックサック用のショルダーストラップが収納可能なアイテムは、持ち方を変えてもスッキリとした状態で持ち歩けるのでおすすめです。

ポケット

ポケットの数や位置も、国内旅行用のリュックサックを選択する上で重要な要素です。

スマートフォンやカメラ等、旅先で頻繁に使用する小物を滑らかに出し入れ可能なポケットがあればいちいちリュックサックを下ろすことなく済むので快適。また、長時間歩くアクティブな旅には、ペットボトル用のサイドポケットを備えている製品だと、利便性が高いです。

旅行先にノートパソコンやタブレットを持っていく場合は、内装にクッション材等を採用した電子機器用のポケットがあるかどうかも確認しておきましょう。

モバイルバッテリー等、小物の周辺機器を収納可能なポケットもあればより利便性が高いです。

スポンサーリンク

国内旅行向けリュックサックのおすすめブランド

グレゴリー(GREGORY)

グレゴリーは1977年にサンディエゴで設立されました。お客様のニーズを反映し、毎日快適に使えるリュックサックづくりに取り組んでいます。人間工学に基づいたデザインと優れた品質が特徴です。快適な装着感と耐久性の高さから、世界中で高い人気を誇っています。

ドイター

ドイターは、100年を超える歴史を持つブランドです。登山用リュックが特に有名なブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

ザ・ノース・フェイスは、1968年にアメリカ、サンフランシスコにて設立された会社です。バックパックのみでなく、ウェアやシューズ、テント、寝袋等、アウトドア場面を快適に過ごすための色々なアイテムが充実しています。

機能性のほか、デザインのよさからファッションアイテムとしても重宝されているブランドです。

モンベル(mont-bell)

モンベルは1975年、辰野勇氏ら3人によって創業。バックパックやテント、寝袋など、登山やアウトドアに適したアイテムを展開するブランドです。コンセプトは「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」となっています。リーズナブルで使いやすい商品を開発しています。

ミレー(Millet)

ミレーは、1921年にフランスで帆布トートバッグの工房として始まりました。アルパインバックパックの製作を皮切りに、クライミングウェアやシューズなど様々なアウトドアアイテムの開発に取り組んでいます。機能性はもちろん、デザイン性が高くファッション性も高いのがメリットです。

安いリュックサックおすすめモデル<1万円以内>

最初に、1万円以内の安いリュックサックおすすめモデルをご紹介します。

Amazonベーシック バックパック クラシック

容量
備考

軽量かつ耐久性の高いバックパック(デイパック)です。

メインの収容スペース:ダブルジッパー付き。

内側は背面の小型ジッパー付きポケットとノートパソコン用のパッド入りポケットが付いています。

前面の小物用ジッパー付きポケットは、マジックテープ留めとなっています。両側には水筒用ポケットを搭載しています。

ショルダーストラップは、クッションが心地よい調整可能なパッド入りのものを搭載しています。

アウトドアプロダクツ リュック クラシック 22リットル

容量22L
備考

ポケットの数は全部で4つあります(外側1+内側3)。

重量は380gと軽量です。

無地のナイロン1000D素材にスウェード合皮を組み合わせた、飽きの来ないベーシックなデザインが特徴のクラシックシリーズは充実した機能に定評があるブランド、「アウトドア」の中でも長年の人気を誇ります。

カラーのラインナップも豊富な点が魅力的です。

メイン収納口は大きく開くことができ、荷物の確認もしやすく、出し入れもスムーズに行えます。

フロントにはマチ付ポケット、インナーにはオープンポケットを設けており小物を整理して持ち運べるのもうれしいポイントです。

コールマン(Coleman) ウォーカー33

容量 31-40L
備考

色々な場面で幅広く使用できるおすすめのリュックサック。フロントのロゴがワン特筆すべき点になったシンプルなデザインを採用しています。容量は33Lで、幅広い泊数に対応できます。

チェストストラップとウエストベルトが付いているので、荷物が重くなっても安定感がある点も特筆すべき点です。また、ウエストベルトが必要ない場合は底部に固定可能なため、邪魔になりにくい設計です。

その上、無地から柄物までカラーの種類が豊富な点も特筆すべき点です。服との相性を考慮しつつ、好みの製品が見つかりやすいおすすめアイテムです。

アネロ(anello) M.F BETA

容量L
備考重量:1020g

沢山の機能を持ったバックパックです。

日帰り~1泊程度の気軽な国内旅行におすすめのバックパックです。ポケットは全部で8つ搭載しています。

ペットボトル収納に最適のサイドポケット、地図やパンフレットがすっぽり収まる縦長のフロントポケット等、旅に利便性に優れた収納が満載です。

素材には上品な光沢感のある、ポリエステルを採用しています。

スッキリとしたシルエットも相まってキレイめな印象を与えます。

街中においても使いやすいデザインなため、旅行のみでなく普段使いにも適しています。背面とショルダーベルト裏にはクッション素材が用いられており、背負い心地も良好です。

アネロ MOONSHOT AT-C3307

容量L
備考

1620デニールの極太糸を用いた「MOON SHOT」シリーズです。シルバーのピスネームと同色のプリントネームがさりげなさを演出しており良いです。ポケットは10個あり、中の仕様にもこだわられています。耐水性に優れているので、外出時も気軽に持ち歩けます。

ドイター メートヘン20

容量20L
備考

ドイターは、100年を超える歴史を持つブランドです。

ポケットの数は6個あります。重量は580gです。ハイキングだけでなく、街中でも使えるコンパクトなバックパックです。

国内旅行向けリュックサックのおすすめアイテム<1万円以上>

グレゴリー(GREGORY) デイパック マルチカム

容量26L
備考

1977年の発売以来、長きにわたり愛され続けている、人気のリュックサックです。クラシックな外観はそのままに、少しずつアップデートを行うことで時代に合った快適な便利さを実現しています。

1~2泊程度の国内旅行におすすめです。普段使いもが容易な大きさ感なため、幅広く使用できる製品をお探しの場合にも適しています。また、小物をサッと取り出せる斜めジッパーのフロントポケットや視認性の高いメッシュポケット、パソコン収納用スリーブ等利便性に優れた収納も満載です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) グラムバックパック

容量28L
備考重量:370g

外側に3つの大きなメッシュポケットを備えたバックパックです。

地図やタオル、ペットボトル等旅先で頻繁に使用する製品を取り出が容易な位置に収納可能な点が利点です。メイン収納部はポケットや仕切りがなく広々としています。かさばる着替えも楽に収納可能です。

28Lなので、2~3泊の国内旅行に対応可能です。パッカブル仕様で小型に収納可能なところも特筆すべき点です。メイン使いのほか、長期旅行のサブバッグとしても重宝します。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ビッグショット クラシック

容量31-40L
備考重量:1170g

移動中の快適さを求める方におすすめのバックパックです。背面にはパッドが入っており、体にやさしくフィットします。背骨への負担を軽減する「スパインチャンネル構造」が採用されています。

また、ウエストベルトも装備されているので、ハードな時も楽に背負えます。 ボトムには1680デニールのバックプロテクターを使用し、耐久性を高めています。 バックパックを簡単に下げて地面のどこにでも置けるので、自然を満喫するアクティブな帰省にもおすすめです。内装には、小物の収納に便利なオーガナイザーや、パソコンやタブレットを収納できるスリーブを装備し、収納もラクラクです。

モンベル(mont-bell) ガルワール パック 20

容量20L
備考重量 : 533g 

汎用性に優れたシンプルなデザインのリュックサック。やや小ぶりな大きさでゴツすぎず、街中の散策時にも違和感なく使用できます。チェストベルトは高さ調節が可能で、自分の体に合わせた使い方が可能な点も特筆すべき点です。

素材にはブランドオリジナルのバリスティックナイロンが用いられ、軽量性と耐久性が両立されています。リュックサックを覆うパックカバーが付いてしているので、急な雨にも対応可能です。背面部分は通気性の高い作りで、夏場の国内旅行時でもムレにくく快適です。

モンベル(mont-bell) レラパック 30

容量21~30L
備考重さ : 971g 

動きやすい、かつ荷物をしっかり収納可能な容量のリュックサックです。通気性に優れた「ベンチレーション・バックパネルシステム」を内蔵しています。快適な背負い心地を実現。バックパネルがしっかりと体にフィットするので、安定感もあります。

登山等のアウトドアにも対応可能なアイテムなため、タフさを重視する方にも最適です。リュックサックを雨から守るパックカバーも付いてしています。たくさん歩くアクティブな旅の心強い相棒として重宝するおすすめリュックサックです。

ミレー(Millet) EXP 35

容量31-40L
備考重量:1160g

快適に使える機能性と頑丈さ、スタイリッシュなデザインを兼ね備えたおすすめのリュックサックです。メインコンパートメントはスーツのように大きく開く設計で、荷物の出し入れもスムーズ。上下2気室になっているので、靴は下部に収納できます。

中の色は明るい青系の色をしているので、入れた荷物を確認しやすくなっています。

また、デジタルデバイスの収納も充実。17インチ対応のパソコン用ポケットのほか、ショルダーベルトに取り付け可能なスマートフォンポケットも持ち応じています。スマートフォンポケットにはケーブルを通せる穴があり、充電しつつの携帯もできます。

ミレー(Millet) クーラ 40

容量40L
備考重量:1340g

無駄のないミニマルなデザインが目を引く人気のリュックサック。スッキリとしたルックスながら、至るところにポケットが設けられており、収納力に優れています。大容量で、荷物が多くなる3泊以上の国内旅行にも対応できます。

メインコンパートメントは、上下に分かれた2気室構造になっています。ジッパーは鍵を装着することができる形状になっているので、防犯面にも配慮されています。

背面下部には、付属のレインカバーを収納することができ、雨の日でも安心です。

自然を楽しむアクティブな旅から街中の散策まで、幅広くカバー可能なおすすめアイテムです。

インケース(INCASE) EO Travel Backpack

容量
備考

インケース(INCASE)は、1997年にサンフランシスコで創業を開始したメーカーです。

プライベートな旅行と出張のどちらもで使用できるおすすめリュックサック。メインコンパートメントはバタフライオープン式で、エキスパンダブル機能によって収納量を約35%増やす点が可能です。また、沢山の飛行機で持ち込みが可能な大きさに設計されている点も特筆すべき点です。

フロント上部のポケットにはオーガナイザーパネルが設けられており、モバイルバッテリー等のスマートフォン周辺機器をスッキリ整頓可能です。人間工学に基づいたショルダーストラップの設計によって肩への負担が軽減され、背負い心地も快適です。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) Deco BackPack

容量L
備考重量:810g

都会的でスタイリッシュなバッグを展開する「マンハッタンポーテージ」のリュックサックです。アウトドアに対応可能な高い機能を備えながらも、スマートなシルエットに仕上げられている点が利点です。

荷物をたっぷり収納可能な縦長のメインコンパートメント内には、小物収納に利便性に優れたジップポケットを配置。開口部はドローコードとダブルバックルによる開閉で、セキュリティに配慮した作りになっています。メイン収納部に直接アクセス可能なサイドファスナーを備えているので、サッと荷物を取り出したいときも滑らかです。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) Metal Parts Dakota Backpack

容量L
備考重量:440g

大人の旅行スタイルを格上げするおしゃれなリュックサック。シックなカラーの本体にゴールドのバックルとジッパーが映え、リッチな印象です。同ブランドのシンボルである赤いタグがデザインのワン特筆すべき点になっています。

メイン収納部は引き紐で巾着型の間口を絞り、その上フラップをバックルで留める設計になっています。

小型な外観ながらもマチがしっかり取られており、1泊分程度の荷物がすっぽりと収まります。素材にコーデュラナイロンを採用しているので、耐久性に優れている点が利点です。

カリマー(karrimor) tribute 40

容量40L
備考重量:1200g

大容量で荷物の整理に便利な機能が充実した、おすすめのリュックサックです。
コンパートメントは2室構造で、衣類などのかさばるものを整頓して収納できる広々としたスペースと、PCやタブレット、ガイドブックなどを収納できる実用的なスペースに分かれています。
さらに、上部のフロントポケットにはコンパートメントポケットとペンホルダーが一体化されており、小物の収納に最適です。
また、ペットボトルや折り畳み傘を収納できる実用的なサイドポケットも備えています。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) ミッションローバー

容量43L
備考重量:1,600g

荷物をたっぷり収納可能な大容量の3WAYリュックサックです。場面に応じて手持ち、ショルダーに変更可能です。容量は比較的大きいですが、スッキリとした外観に仕上げられており、デザインにこだわる方にもおすすめの機種と言えますです。

メイン収納部は180°開く作りで、スーツ場合と同じ感覚でパッキング可能です。その上、パソコン用ポケットやシューズを入れるのに利便性に優れたボトムポケット、ペンや小物をスッキリ整頓可能なオーガナイザー等収納力に優れたおすすめアイテムです。

グレゴリー(GREGORY) バージ トラベルデイ

容量24L
備考重量:1020g

2020年に登場した新シリーズ「バージ」のおすすめリュックサックです。黒一色のクールなカラーリングとシンプルかつミニマルなデザインが利点で、旅行先での街中の散策に最適です。アウトドア感が強すぎず、おしゃれに持ち歩けます。

日帰り~1泊程度の国内旅行におすすめ。小物収納用ポケットが多く、背面側にはパソコン、タブレットの専用収納場所も設けられています。止水ファスナーを採用しています。雨に強い点も嬉しい特筆すべき点です。

おすすめのリュックサックまとめ

両手が空いて観光しのが容易で、ポケット等の機能面も充実しているリュックサックは、国内旅行に最適です。機内に持ち込むことができる大きさを選べば、飛行機での旅行も滑らかです。ぜひ本記事を参考にして、国内旅行に適した製品を選んでみて下さい。

スポンサーリンク
持ち物旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました