バックパッカーとして世界一周旅行しながら働いて稼ぐ方法

旅行
freephotocc / Pixabay

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、バックパッカーとして世界一周旅行しながら働いて稼ぐ方法、についてです。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

 

  • バックパッカーとして世界一周旅行しながら働いて稼ぐ方法を知りたい!
  • アドレスホッパーの生活に興味がある!
  • フリーランスとして海外を転々とする生活は可能か知りたい!

 

早速解説致します。

 

世界一周旅行中に旅行代を稼ぐ場合

世界一周旅行中に旅行代を稼ぐことができれば、世界一周旅行はもっと身近なものにできそうです。

旅をしながら働くことができれば、時間を有効に使う事ができそうです。

ではどうすれば良いかを考えました。

 

日本円を稼ぐ

日本円を稼ぐことが重要になると思います。物価が安い国で現地のお金を稼いでも、全然お金が溜まらないことがあるからです。

昔、『電波少年』というテレビ番組で、ユーラシア大陸横断企画を猿岩石(有吉弘行さんのコンビ)が行っていましたが、働いたわりにあまりお金が貰えないという状況に陥っていました(※その国への批判ではありません)。

 

従って、リモートワークを行い、日本円を得ることが重要でしょう。

 

Wi-Fiの遅い地域は避ける!?

Wi-Fiの遅い地域では仕事ができない可能性もあるので、注意が必要です。

Wi-Fiの遅い地域は避けるという選択肢も考えると良いかもしれません。

それか、繋がらない場合は、その間は仕事に専念して、インターネットに繋がる場所に移動するのも良いでしょう。

 

世界一周旅行をマネタイズ化(収益化)する

逆に、世界一周旅行中に、観光地に行くこと自体をコンテンツにするのも良いかもしれません。

写真を撮ったり、動画撮影をして、それをマネタイズするというのも方法として良いかと思います。

社会人の方の場合、出張(事業の一環)として世界一周旅行をする形を取れば、経費として認められやすくなります。

 

建物を撮影、録画する際は著作権に注意が必要です。

 

関連記事

pixabay(ピクサベイ)で著作権違反になる場合

 

また、悪い言い方をすると、良い写真を撮影できる可能性は低めです。それは、滞在時間が短いためで、さらに、時間帯も限られているからです(さらに言うと、撮影に適した時期ではない可能性もあります)。

 

美しい写真は、夜明けや日の入り直前に撮れることも多いと言われているため、そういった時間帯を狙って観光地に行く必要がありますが、これが難易度が高かったりします(絶対とは言いません)。

 

つまり、100点の写真を目指すよりも、70点の写真をとり、その代わりにライブ感を演出するような方向性で勝負するのも良いかと思います。

例えば、写真一本で勝負するのではなく、文章を添えて、読者の方に旅をしている気分を味わってもらう方向で勝負するのも良いかと思います。

 

仕事の作業時間を減らす

世界一周旅行をする際、色々な見どころがあります。

それを見るためには、自ずと移動が伴います。つまり、移動中にも仕事ができるようにするか、作業時間自体を減らす必要があります。

歩きながら仕事をするためには、スマートフォン1台でできる仕事にできると良いかと思います。

※治安の悪い国では注意が必要です。

 

「世界一周旅行をマネタイズ化(収益化)する」場合、アクティビティや観光が多めになるかもしれません。その場合は、移動が多くなりがちですので、いかに作業時間を確保するかが求められます。

 

治安の悪い場所では、パソコンやスマートフォンを人前で使いづらい場面も出てくる可能性が高めです。そのため、作業効率が落ちる可能性も否定できません。

 

機内持ち込み荷物だけにして、空港での滞在時間を時短する

機内持ち込み荷物だけで世界一周旅行をすることで、空港等での荷物の受け取り時間をカットすることができます。

 

但し、現地で買い物する時間をカットした方が良いでしょう。探したりする時間は無駄になるため、必要品は持って行くと良いかと思います。

 

関連記事

軽量化するための旅行の荷物選び【機内持ち込み荷物】

 

世界一周旅行のプランを考える

Takuyo / Pixabay

上記の条件を元に、世界一周旅行のプランを考えてみました。

 

世界のスイーツを食べる旅(H.I.S.)

H.I.S.から発売されている『世界のスイーツを食べる旅』を選んでみました。

 

参考サイト:世界のスイーツを食べる旅

『世界のスイーツを食べる旅』を選んだのは、アクティビティや観光が少なめのため、移動時間をカットできると思ったためです。

但し、人気店で食べる場合は、行列が出来ている可能性もあるため、列に並んでいる間にできる仕事を探す必要があります。

 

ワンワールド・エクスプローラ (4大陸)

航空券代金:355,700円(エコノミークラス)

 

飛行時間はどれくらい発生するか?

H.I.S.から発売されている『世界のスイーツを食べる旅』の場合、ルートは以下の通りです。

 

ルート:

成田→台北→クアラルンプール→シドニー→ロンドン→パリ→ニューヨーク→(ロサンゼルス経由)→ホノルル→成田

 

飛行時間の一例もご紹介します↓

 

<飛行時間(一例です)>

  • 成田→台北:3時間50分
  • 台北→クアラルンプール:4時間45分
  • クアラルンプール→シドニー:8時間15分
  • シドニー→ロンドン:22時間40分
  • ロンドン→パリ:1時間15分
  • パリ→ニューヨーク:8時間20分
  • ニューヨーク→(ロサンゼルス経由)→ホノルル:12時間05分(6時間10分+5時間55分)
  • ホノルル→成田:8時間40分

 

合計:69時間50分

飛行機に乗っている時間は結構長いことが分かりました。

 

空港滞在時間はどれくらい発生するか?

さらに、国際線の場合は空港には出発の2時間前に到着しておくのが良いとされているので、空港で過ごす時間もかなり長い時間になりそうです。

 

H.I.S.から発売されている『世界のスイーツを食べる旅』の場合、8か所空港に滞在するので、16時間(8か所×2時間)は空港です。

 

<まとめ>

  • 飛行時間:69時間50分
  • 空港滞在時間:16時間
  • 合計:85時間50分

 

約3.6日分ほどの時間が発生するので、なかなか大変です。

さらに、空港からの移動時間もあるので、世界一周旅行は移動が多い旅だと言えそうです。

 

移動時間に作業ができるようにする

飛行機に乗っている時間、空港滞在時間に何ができるか。そこが勝負となりそうです。

 

飛行機の中で作業をする場合、小型のパソコンかスマートフォンという選択となります。

一度行ったことがある方なら分かるかもしれませんが、パソコンで作業するのはなかなか難易度が高めです。14インチのパソコンでもやや大きいかなと感じています。

画面が小さすぎると作業効率が落ちたり、目が疲れやすくなってしまうので、注意が必要です。

7型のWindowsタブレットを持っていた時期もありましたが、エクセルを使うのは厳しかったです。

 

究極的なことを言うと、スマートフォンだけで仕事ができるようにしておくと、良いかと思います。

 

飛行時間を睡眠時間に充てる

飛行中を睡眠時間に充てることで、多少効率的な旅にできそうです。

長時間フライトの場合は、いつ食事が提供されるかを確認しておくと良いでしょう。

 

時差ボケが作業効率を奪う

時差ボケが作業効率を奪うことも注意が必要です。

薬に頼りすぎるのもあまり好ましくないかもしれませんが、「睡眠改善薬」を使う事で時差ボケ改善できるようです。

薬は使いたくない場合は、コーヒー等、カフェインを含んだ飲み物という手もあるでしょう。

 

飛行機を使わず、鉄道で移動する

飛行機を使わず、シベリア鉄道を使って一気にヨーロッパに移動するのも方法としてありかもしれません。

移動に時間はかかりますが、乗りっぱなしで良いので、仕事や作業に専念することができます。

 

世界一周旅行時と相性が良い仕事

Free-Photos / Pixabay

世界一周旅行時と相性が良い仕事は、一言で言うと、インターネットに繋がればできる仕事です。

 

  • プログラミング
  • ブログ運営
  • 写真撮影
  • 映像撮影、動画編集

 

その他、株やFXも考えられますが、ここでは割愛します。

クラウドソーシングでの仕事はどうかというと、永久に仕事を取り続けなければならないので、大変です。さらに、低単価な案件が多いので、儲けにくい現実があります。

単価の良い案件を継続して獲得していければ、クラウドソーシングでの仕事もバックパッカーの方にも良いかもしれません。

 

ブログ運営

ブログはインターネットに繋がる環境ならば更新できるので世界一周旅行とも相性が良いと言えます。

問題は、読者を惹きつけるコンテンツにできるかでしょう。

世界一周旅行というキーワードの月間検索ボリュームはそれほど大きなものではありません。

そのため、サイトを作っても集客に結びつかない場合もあります。

また、旅行記録をつづったブログはSEOを最適化しづらい傾向もあります。その辺りのデメリットを以下に消すか、そしてどうやって集客するかの対策を考えると良いかと思います。

 

また、コンテンツは、「役に立つ」や「面白い」要素を入れて、うまく情報発信する必要がありそうです。

 

写真、映像撮影

撮影が難しい場所では、撮れ高が不足して、出費の方が多くなってしまう可能性もあります。

そのため、事前に撮影ができない場所をきちんと確認しておく必要があると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました