PR

RICOH WG-80レビュー

家電
スポンサーリンク

RICOH WG-80は、素晴らしい特長を備えた全天候アドベンチャーモデルです。

過酷な環境下でも頼りになる頑丈なボディを持つカメラです。

リコーWG-80は、アウトドア愛好家や冒険好きのために設計された頑丈なデジタルカメラです。

このカメラは、耐荷重構造、防水性、耐寒性など、さまざまな厳しい条件下での使用に備えています。

さらに、WG-80は高画質の写真撮影が可能でありながら、直感的な操作性と使いやすさも備えています。

どんなアウトドアアクティビティにも対応し、美しい自然の瞬間を捉えるために最適なカメラとなっています。

スポンサーリンク

RICOH WG-80レビュー

リコー
¥42,300 (2024/02/19 12:26時点 | Amazon調べ)

タフネスな仕様が特長

RICOH WG-80は、水中から雪山までの過酷な環境でも頼りになるタフネスボディを備えています。

さらに、-10度の低温環境でも正常に作動する耐寒性能や100キログラムまでの重さに耐える耐荷重構造なども備えています。このカメラなら、どんなフィールドでも安心して撮影できます。

これらの特性により、撮影フィールドを選びません。

RICOH WG-80は、工事や建設現場などの仕事でも活躍します。

建築や土木などの現場で欠かせない本格的な防水・防塵・耐寒・耐衝撃性能を兼ね備えています。

この全天候アドベンチャーモデルは、過酷な条件下でも頼りになるタフなボディを備えています。本格的な防水性能で、水深14mで連続2時間の水中撮影が可能です。

さらに、耐衝撃性能や耐荷重構造なども備えており、どんなフィールドでも活躍できます。

防水性能

プールで泳ぐ人

まず注目すべきは、その防水性能です。水深14mでの連続2時間の水中撮影が可能であり、本格的な防水性能を提供します。

また、RICOH WG-80は、アウトドア設計が施されており、アウトドアでの使用に最適です。

本格的な14メートルの防水性能(連続2時間)や1.6メートルの耐衝撃性能など、水中撮影やアウトドアでの撮影に最適なタフネスモデルです。

水中撮影に適した「マーメードムービーモード」を選択できます。

マーメードモード

水中撮影に特化した「マーメードモード」も搭載されています。

このモードでは、水中での撮影時に起こりやすい青色かぶりを抑えると同時に、光の拡散によるコントラストの低下を効果的に補正します。静止画でも動画でも、美しくクリアな水中撮影が可能です。

このモードでは、水中での撮影時に起こりやすい青色かぶりやコントラストの低下を補正し、美しい水中撮影が可能です。

基本性能

高画質でありながら基本機能も充実しています。広角28ミリからの光学5倍ズームを搭載しており、高精細でクリアな画像を実現します。

約1600万画素の有効画素数や、優れた受光効率を持つ裏面照射型CMOSイメージセンサー、高性能画像処理エンジンを採用しており、低ノイズでダイナミックレンジの広い写真を撮影することができます。

さらに、マクロ撮影時には明るさ調整が可能な6灯のLEDライトを搭載したマクロ照明(リングライト)も利用できます。

明るさの調整が可能なリングライトを使うことで、立体感や背景とのコントラストを強調したり、撮影表現の幅を広げることができます。最大輝度も従来の約2倍に向上しています。

また、クロスプロセス処理を施した画像仕上げ機能も搭載しています。

クロスプロセスでは、通常とは異なる現像液を使用して独特な色合いに変化させることで、フィルム写真のような効果を得ることができます。

さらに、「雅(MIYABI)」や「リバーサル」といった深みのある明るく華やかな雰囲気の画像仕上げを選ぶこともできます。これにより、被写体や好みに合わせたクリエイティブな写真表現が可能です。

動画撮影機能もフルHD対応です。フレームレート30fpsのフルHD動画(16:9)やスローモーション撮影の「ハイスピードモード」を選択できます。

動画撮影時にはMovie SR(動画手ぶれ補正)を利用して手ぶれを補正することもできます。また、撮影した動画から静止画を切り出したり、カメラ内で編集を行ったりすることも可能です。

さらに、HDMI端子(タイプD)を搭載しているため、テレビなどに接続して再生することもできます。

屋外撮影時には「アウトドアモニター」を利用することができます。このモニターでは、晴天時には暗い箇所を明るくし、夜景撮影時にはまぶしさを抑えるなど、2段階のプラス側とマイナス側の調整が簡単に行えます。

これにより、モニターが見やすくなり、快適に撮影することができます。

25種類の撮影モードが搭載

様々な撮影モードも選ぶことができます。25種類の撮影モードが搭載されており、「オートピクチャー」ではカメラが被写体やシーンを自動的に判別して最適なモードを選択します。

また、「風景」や「スポーツ」、「サーフ&スノー」など、各シーンに最適な設定を選んで撮影することもできます。さらに、グリーンボタンで即座に標準設定に戻る「グリーンモード」も利用できます。

さらに、フラッシュOFF/ON連続2枚撮り機能も搭載されています。

この機能を利用すると、1回のシャッター操作でフラッシュOFFとONを自動的に2枚撮りしてくれるため、カメラ操作の手間を減らし、構図作りに集中することができます。

高画質な撮影も実現しています。広角28mmからの光学5倍ズームを搭載し、有効約1600万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサーや高性能画像処理エンジンを採用しています。

これにより、クリアで高精細な画像を撮影することができ、低ノイズでダイナミックレンジも広くなります。撮影した写真は美しくプリントすることも可能です。

さらに、明るさ調整ができるマクロ照明(リングライト)も搭載されています。マクロ撮影時には、6灯のLEDライトを点灯して明るさを調整することができます。

これにより、立体感の演出や背景とのコントラストの強調など、撮影表現の幅が広がります。

また、最大輝度も従来の約2倍に向上しました。

さらに、クリエイティブな写真表現ができる画像仕上げ機能も搭載されています。

フィルム写真のような独特な色合いに変化した画像が得られる「クロスプロセス」や、「雅(MIYABI)」や「リバーサル」など、6種類の画像仕上げを選択することができます。被写体や好みに合わせて、個性的な画作りができます。

この全天候アドベンチャーモデルは、フルHDの動画撮影機能も備えています。フレームレート30fpsのフルHD動画に加えて、「ハイスピードモード」や「マーメードムービーモード」も利用できます。動画撮影時にはMovie SR(動画手ぶれ補正)を使用して手ぶれを補正することができます。

また、撮影した動画から静止画を切り

出すことや、カメラ内で編集を行うこともできます。

HDMI端子も搭載されており、テレビなどに接続して再生することも可能です。

さらに、アウトドア撮影時に便利な機能もあります。

アウトドアモニターでは、晴天時には暗い箇所を明るくし、夜景撮影時にはまぶしさを抑えるなど、モニターの表示を調整することができます。

これにより、屋外での撮影が快適になります。

25種類の撮影モード

様々な撮影モードも選択できます。25種類の撮影モードが用意されており、「オートピクチャー」では被写体やシーンを自動的に判別し、最適な設定を選択します。

風景やスポーツ、サーフ&スノーなど、各シーンに最適な設定を選んで撮影することもできます。また、グリーンモードを使用すると、簡単に標準設定に戻すことができます。

フラッシュOFF/ON連続2枚撮り機能も便利です。フラッシュOFFとONを自動的に2枚撮りするため、撮影時の手間を減らし、構図作りに集中することができます。

以上が、全天候アドベンチャーモデルの主な特徴です。頑丈なボディと高画質な撮影機能、様々な撮影モード、さまざまな環境下での利用に備えた機能など、多彩な機能を備えたカメラとなっています。

「デジタル顕微鏡モード」は、驚異的なマクロ撮影を可能にする進化を遂げました。

6つのLEDライトをレンズの周囲に配置し、スーパーマクロ撮影ができるようになりました。初期設定では、最大6.6倍までズームできます。

さらに、WG-80では12Mの記録サイズでも撮影可能です。こ

れにより、写真を大きくプリントしたり、撮影後にトリミングしたりするなど、活用の幅が広がります。

WGシリーズの魅力の一つは、スマートフォンや一眼カメラよりも手軽に1cmのマクロ撮影ができることです。

2M(初期設定)では、デジタルズームを併用することで最大6.6倍までズーム可能であり、4M・5M・12Mを選択した場合は光学ズームで1.8倍までズーム可能です。

デジタルフィルター

さらに、撮影を楽しくするうれしい機能がたくさんあります。

たとえば、「デジタルフィルター」を使用して撮影した写真を自由にアレンジできます。

白黒/セピア、トイカメラ、レトロ、カラー、色抽出、色強調、ハイコントラスト、トゥインクル、ソフト、フィッシュアイ、明るさ、ミニチュアの中からフィルターの種類を選ぶことができます。

これにより、さまざまな雰囲気の写真を作り出し、楽しむことができます。

また、「魚拓フィルター」を使用すれば、釣った魚を撮影して魚拓のような画像に加工することができます。

フィルターの効果は5段階で調整可能であり、さまざまな被写体でハイコントラストの白黒効果を楽しむことができます。

顔検出機能

さらに、顔検出機能を備えた「スマイルキャッチ」では、被写体が笑顔になったときに自動的に撮影します。また、まばたき検出機能もあり、撮影後のクイックビューで「目を閉じていました」と表示されます。

自分撮りの際には、「自分撮りアシスト機能」が役立ちます。

カメラが人物の顔を検出すると、マクロ用LEDが点滅し、撮影しながら自分が写っている位置を確認することができます。

さらに、「スマイルキャッチ」の設定を行えば、被写体が笑顔になったときに自動的に撮影されます。

また、撮影後には「小顔フィルター」を使用して、顔部分だけを小さくすることもできます。

約5%、7%、10%の範囲から選択できますが、条件によっては加工できない場合もあります。

他にも、さまざまな機能があります。

最大32人の顔検出AF&AE、自動追尾AF、AF補助光、電子式手ぶれ補正、連続撮影、高速連写、オートブラケット、D-Range(ダイナミックレンジ)設定、動画簡易編集、リモートコントロール(別売)に対応しています。

さらに、時間を圧縮する「インターバル動画」機能も搭載されています。

一定間隔で自動的に撮影された複数の静止画を結合して、1つのインターバル動画(タイムラプス)を作成することができます。

撮影間隔は1分、5分、10分、30分、1時間から選択可能ですが、撮影された静止画はカメラ内には保存されません。

さらに、仕事に役立つ「CALSモード」も搭載されています。

国土交通省写真管理基準(案)令和3年版に適合しており、CALSモード時の記録サイズは設定変更が可能です。

リコー
¥42,300 (2024/02/19 12:26時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

防水カメラの魅力

プールで泳ぐ人

防水カメラは、水中や雨の中など、通常のカメラでは撮影できないシーンを捉えることができる魅力的な機器です。

しかし、防水カメラを使うには、その特性や注意点を理解しておく必要があります。そこで、ここでは、防水カメラの魅力と使い方について、解説します。

防水カメラとは

防水カメラとは、その名の通り、水に濡れても故障しないように設計されたカメラです。

防水カメラには、防滴や耐水といった異なるレベルの防水性能があります。防滴は、雨や汗などの水滴に耐えられる程度のもので、水中に沈めることはできません。

耐水は、一定の深さや時間までなら水中に沈めても大丈夫なもので、水中撮影に適しています。防滴や耐水のレベルは、IPXやJISといった規格で表されます。

例えば、IPX8は最高レベルの耐水性能を示し、JIS 8級は1.5mの深さで30分間耐えられることを意味します。

防水カメラの種類と選び方

防水カメラには、大きく分けて2種類あります。

一つは、専用のケースやハウジングに入れて使うタイプです。このタイプは、通常のコンパクトカメラや一眼レフカメラを防水化することができます。

ケースやハウジングによっては、深海まで潜れるものもあります。しかし、ケースやハウジングは高価で重くかさばることが多く、操作性も低下することがあります。もう一つは、本体自体が防水仕様になっているタイプです。

このタイプは、専用のケースやハウジングが不要で、軽くてコンパクトです。

操作性も高く、多くの場合は耐衝撃や耐寒などの機能も備えています。しかし、本体自体が防水仕様になっているため、レンズ交換ができないことが多く、画質や性能に限界があります。

防水カメラを選ぶときには、自分がどんなシーンで撮影したいかを考えることが大切です。例えば、以下のようなものがあります。

  • 水中写真を趣味として楽しみたい人は、本体自体が防水仕様になっているタイプを選ぶと便利です。
  • プロフェッショナルな水中写真を撮りたい人は、ケースやハウジングに入れて使うタイプを選ぶと高画質で撮影できます。
  • 雨の日やスノーボードなどのアウトドアで撮影したい人は、防滴や耐水のレベルが高いカメラを選ぶと安心です。

防水カメラの撮影テクニック

防水カメラで撮影するときには、以下のようなテクニックを覚えておくと良いでしょう。

  • 水中では、光が減衰して色が変わります。特に赤色は水中では見えにくくなります。そのため、水中ではホワイトバランスを調整するか、赤色補正フィルターを使うと良いです。
  • 水中では、水の屈折によって被写体が大きく見えます。そのため、水中ではレンズと被写体の距離を近づけると良いです。また、広角レンズやマクロレンズを使うと効果的です。
  • 水中では、水の粒子や泡などが光を反射して白く写ります。これをバックスキャッターと呼びます。バックスキャッターを避けるには、フラッシュを使わないか、フラッシュとレンズの角度を変えると良いです。
  • 雨の日や雪の日などでは、水滴や雪片がレンズに付着してしまいます。これを防ぐには、レンズにフードやキャップを付けるか、レンズを下向きに保つと良いです。

RICOH WG-80レビューまとめ

この全天候アドベンチャーモデルは、タフネスボディと優れた機能性を兼ね備えた優れたカメラです。

アウトドア愛好家やプロの現場で、あらゆるシーンで信頼性のあるパフォーマンスを発揮します。

ぜひ、RICOH WG-80を手に入れて、驚くほど美しい写真を撮影してみてください!

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました