スマホでの動画撮影の際のおすすめマイク【2020年】

スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、スマホでの動画撮影の際のおすすめマイク【2020年】、についてです。

外部マイクを選ぶ際の注意点

注意点としては、スマートフォンにあったマイクを選ぶことです。

スマートフォンのイヤホンジャックは4極あるいは5極であることが多いと思います。

そのため、一般的な3極のマイクを差すと、マイクなのに、ヘッドホン扱いになってしまうようです。

4極ヘッドフォンの規格には、以下の2つがあります。

  • CTIA(Cellular Telephone Industry Association)
  • OMTP(Open Mobile Terminal Platform)

方式が異なるためどちらのものが採用されているかを考える必要があります。

エイスースの場合は、CTIAを採用していると記載されていました(但し、情報が少し古いような気がするため、……)。

参考サイト:ASUS FAQ

Xperiaは2012年度の物からCTIA標準になったようです(以前はOMTP標準だったとか)。
参考サイト:ソニー

販売元に確認を取るのが確実かと思っています。

スポンサーリンク

正面感度

正面感度は、-〇〇 dBという感じで表記されています。-の場合は、〇〇に入る値が大きい方が、より小さな音を拾うことができます(-側に値が大きい方が、感度が良い、と言えます)。

スマホでの動画撮影では、カメラアプリに注意

僕の標準カメラアプリは、なぜだかモノラルとステレオを切り替えられません(;^ω^)

一人喋りなら、モノラルで録音した方が良いかと思っています(音的にも失敗が減るため)。

つまり、モノラルとステレオを切り替えられるカメラアプリを使うと良いかもしれません。

「Open Camera」というアプリが良いと思います。

スマホでの動画撮影の際のおすすめマイク: ソニー コンデンサーマイク モノラル ECM-SP10

スマートフォン向けマイクです。ホルダークリップが付属しています。コードの長さは約1mです。

プラグは4極となっています。対応機種を予めご確認下さい。全指向性で、周波数特性は、50Hz-15,000Hzです。

正面感度(0dB=1V/Pa)は、-38.0 dB±3.5 dBとなっています。

スマホでの動画撮影の際のおすすめマイク: MAONO ミニクリップマイク

全指向性コンデンサーマイクです。360度全方位で音をしっかりと拾うことができます。

3.5mm-6.35mm変換アダプタも付いています。

マイクケーブルの長さは6mです。機器から遠く離れても使える点がメリットです。
4極プラグなので、対応機器は、4極の機器となります。
セット内容としては、マイク×1、ボタンバッテリー×2(そのうちスペアは1つ)、メタルクリップ×1、アダプタ(3.5mm-6.35mm)×1、風除けモフ×1、収納ポーチ×1が付属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました