PR

北欧のおすすめガイドブック7選【2024年】

北欧のおすすめガイドブック7選【2024年】 ガイドブック
スポンサーリンク
悩んでいる人
悩んでいる人

北欧のガイドブックって、色々種類がありますが、どれを選べば良いのでしょうか?

こんな悩みにお答えします。

北欧を旅行する際には、事前に情報を集めることが大切です。

その中でも、ガイドブックは旅行の計画や現地での行動に役立つ情報が詰まっています。

そこで、この記事では、北欧の人気のおすすめガイドブックをご紹介します。

旅行前にぜひ手に入れて、有意義な旅行を楽しんでください。

北欧はSNS映えするスポットも多数存在するので、旅行者にも人気の観光地です。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • 北欧の人気のガイドブックを知りたい!
  • 最新の北欧のガイドブック情報を知りたい!

記事の最後では、無料でガイドブックを読む方法というお得情報も解説します!

ガイドブックは旅行時に重宝しますが、北欧のガイドブックは沢山の本が発売されているので、どのガイドブックを購入すれば良いか分からない方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、北欧旅行の様々なガイドブックの中から、旅の目的に合わせて、購入すべきガイドブックをご紹介します。

これから北欧のガイドブックを購入される方のご参考になると幸いです。

持ち物の準備がまだお済ではない方は、海外旅行の持ち物チェックリストの記事も合わせてご覧下さい。

北欧とは、北ヨーロッパのことを言います。具体的には、アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドの5か国をさすことが多いと言われています。

スポンサーリンク

北欧のガイドブックの選び方

おすすめ ガイドブック

ガイドブックは、旅行時に重宝します。

インターネットで検索するにも、事前に知識がなければ検索するのも難しいため、予備知識を知るのにもガイドブックは適していると言えるでしょう。

ガイドブックのサイズで選ぶ

ガイドブックにはいくつかのサイズがあります。持ち運びを重視したい場合は、コンパクトなサイズのガイドブックを選ぶのが良いでしょう。

カバンにも収まりやすいので観光先でも邪魔になりにくいです。

あるいは電子書籍を選べば、スマホやタブレット、パソコンに何冊もおさまってしまうので、邪魔になりにくいです。紙とは異なり、重さもありません。

一方、写真やイラスト、文章を大きなサイズで楽しみたいというかたの場合は、大きめのガイドブックを選ぶのが良いでしょう。

カバンに収まるかどうかも確認しておくと安心です。大きいサイズはその分重量も重めになります。

ページ数で選ぶ

ページ数はガイドブックにより様々です。ページ数が少なくても、イラストや写真が沢山掲載されており、分かりやすく解説されている場合もあります。

一概に言える物ではありませんが、以下のような表を作成してみました。

ページ数ボリューム
100ページ以下少なめ
101~200ページ普通
200ページ以上多め

ガイドブックが、広域用か、狭域(きょういき)用かによっても、ボリュームが変わりますので、一概には言えませんが、購入時にはページ数も念のため確認しましょう。

1つのエリアが何ページ割かれているかも参考になります。

幅で選ぶ

雑誌の1枚の厚さは、1枚=約0.13mmです。
そのため、100枚=約13mm(1.3cm)となります。
アマゾンでは、本の寸法が厚みも含めて記載されているので、選ぶ上で参考になります。

電子書籍と紙のガイドブックの違いで選ぶ

読書している人

電子書籍と紙のガイドブックには以下のような違いがあります。

紙のメリット

旅先ではインターネットが接続できなかったり、電波が弱いことも考えられます。

また、何かしらの機材トラブル時に備えるべく、ガイドブックを持っておくことで救われることもあるでしょう。

紙のガイドブックは、付せんを貼ることができます。電子書籍にも付せん機能はありますが、直感的に貼った場所が分かりやすいという利点があります。

電子書籍のガイドブックのメリット

電子書籍のガイドブックを持って旅行に行くメリットは、かさばらない点や無料で読める本があることが挙げられます。

無料で読める本がある

AmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を利用することで、30日間無料で読めます。

無料の読み放題サービスで読めば本代がお得になる

Amazon Kindle Unlimited無料体験

通販大手のAmazon(アマゾン)のKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら、30日間無料で本を読み放題できるので、オススメです!無料期間終了後も継続したい場合は、月額980円で読み放題することができます。

原文パパ
原文パパ

無料で体験できるので、色々なガイドブックを試し読みできますね!

ガイドブックを何冊も買うとお金がかかりますが、読み放題サービスならば、月額980円しかかかりません。

北欧のガイドブックも多数ラインナップがあります。

スマホでも利用可能なので、タブレット端末をお持ちでないかたでもすぐに利用することができ、大変お得です。

\ 30日間、無料で読み放題できる /

↑絶対失敗したくない旅行の準備を完璧にするための本をリリースしました!こちらの本も0円で読めてしまうので、是非お読みいただけると幸いです

購入するストアで選ぶ

通販大手のアマゾンには、販売シェア率の高い、キンドルストアがあります。

試し読みもでき、読み放題が無料の、キンドルアンリミテッドがあります。

一方、通販大手の楽天も品揃えは豊富です。さらに、楽天トラベルがあり、ポイントを貯めたいかたには、楽天での購入がオススメです。

北欧旅行する方には、ポイントが貯まりやすい楽天トラベルもオススメです。

有名ガイドブック「まっぷる」、「るるぶ」、「地球の歩き方」の違い

「まっぷる」と「るるぶ」の違いですが、「まっぷる」は地図大手会社、「るるぶ」は旅行会社のJTBが発行しているガイドブックです。

「地球の歩き方」も1979年創刊で歴史があり、根強い人気があります。

  • 「まっぷる」:地図大手会社
  • 「るるぶ」:旅行会社のJTBが発行
  • 「地球の歩き方」:1979年に創刊された、旅行用ガイドブック


「まっぷる」は地図大手会社のガイドブックということもあり、地図が分かりやすいと言えるでしょう。

るるぶは、2010年12月に、「発行点数世界最多の旅行ガイドシリーズ」(Longest book series-travel guides)としてギネス世界記録™に認定されたガイドブックであることも特長の一つです。

悩んでいる人
悩んでいる人

ガイドブックが、ギネスに認定されているのは凄いですね!

試し読みをして選ぶ

Amazonのキンドル(Kindle)ストアでは、購入前に本の試し読みができます(一部できない本あり)。

冒頭の数ページを確認することができます。

試し読みをすることで、「イメージと違った!」という失敗を軽減できるので、試し読みをしてから買うのはオススメです。

スポンサーリンク

女性におすすめの北欧旅行のガイドブック

旅行

女性にオススメの北欧旅行のガイドブックをご紹介します。

地球の歩き方 aruco 北欧

arucoは、有名ガイドブック「地球の歩き方」から発行されているガイドブックです!非常に人気の高いガイドブックです!

本書は、キンドルアンリミテッド対象本なので、30日間無料で読めてしまいます。

表紙もオシャレなのが特長的です。

北欧旅行好き必見!2020~2021年版の北欧旅行ガイドブックには、様々な特徴的な内容が収録されています。

まず、フィンランドのムーミン研究家である森下圭子さんが案内する「ムーミンワールド」の楽しみ方や、映画『かもめ食堂』と『雪の華』のロケ地巡りなど、北欧ファンにはたまらない内容が盛り沢山です。

また、プチぼうけんとして、アウトレットや社員食堂で100%マリメッコ体験や、イッタラ&アラビアの制作現場に潜入するコーナーもあります。

ローカルグルメでは、伝統料理やシナモンロールの食べ比べ、地元っ子おすすめのレストラン、ベリースイーツ、アイス・パン・コーヒーの大図鑑など、美味しい食べ物に関する情報も満載です。

さらに、北欧デザイン雑貨やナチュラルコスメの紹介もあります。

マリメッコ、イッタラ・アラビア、ムーミングッズ、アンティーク食器、スーパーマーケットなど、北欧らしい雑貨やコスメの情報が充実しています。

本書には、フィンランドのヘルシンキ、エスポー、ナーンタリ、トゥルク、タンペレ、ポルヴォー、ロヴァニエミ、サーリセルカ、レヴィ、エストニアのタリン、地方都市のナーンタリの5つ星スパ・ホテル、などが掲載されています。

総合評価5.0
サイズ
電子書籍30日間無料
ページ数192ページ
出版社学研プラス

ストックホルムと小さな街散歩 スウェーデンへ (旅のヒントBOOK)

本書は、キンドルアンリミテッド対象本なので、30日間無料で読めてしまいます。

北欧最大の都市ストックホルムは、大小14の島から成る美しい水の都で、東はバルト海、西はメーラレン湖に面しています。

緑豊かな公園や白鳥が水遊びをする穏やかな湖が広がり、針葉樹の森と伝統的な赤褐色の家々が軒を連ねるかわいらしい田舎町が点在していることも特徴です。

一方、厳かな中世ヨーロッパの面影を残す街並みとオシャレなショップがひしめく都会もすぐ近くにあります。

このガイドブックでは、世界遺産の旧市街や森の墓地、360度本に囲まれた図書館や地下鉄アートプロジェクトなど、ストックホルムの見どころを現地在住の著者がたっぷり紹介されています。

また、幅広いショップや蚤の市、デザインホテル、極上のレストランやカフェ、バーまで、最先端のデザイングッズからヴィンテージの陶磁器や衣類まで、さまざまな情報が紹介されています。

さらに、ストックホルムから日帰りで行ける個性的で素敵な5つの街や、映画『魔女の宅急便』の舞台とも囁かれるスウェーデン最大の島ゴットランド、美しいダーラナ地方の小さな町なども紹介されています。

総合評価3.0
サイズ
電子書籍30日間無料
ページ数176ページ
出版社イカロス出版

北欧旅行におすすめのガイドブック|無料あり

本

初めて北欧旅行する方や、何度も訪れているリピーターの方にオススメのガイドブックをご紹介します。

地球の歩き方 北欧 デンマーク ノルウェー スウェーデン フィンランド 2021~2022

「地球の歩き方」の魅力は、広い範囲を細かな情報で記載されているところです。ページ数は、驚異の400ページです。

「地球の歩き方」は、細かいところまでしっかり解説してほしいという旅行者に人気のガイドブックと言えます。

首都4都市の見どころ、レストラン、ショップをテーマ別にまとめ、通常よりも多くの写真を使用して紹介されています。

そして、今年の特集は2019年に話題となったグリーンランドです。グリーンランド特集では、QRコードをスキャンすることで360度のVR動画も鑑賞できます。これは見逃せない特集です。

総合評価4.0
サイズ
電子書籍あり
ページ数576ページ
出版社学研プラス

地球の歩き方 A29 北欧 デンマーク ノルウェー スウェーデン フィンランド 2021-2022 【分冊】 1 デンマーク 北欧分冊版

このガイドブックは、「北欧 デンマーク ノルウェー スウェーデン フィンランド」編の分冊として販売されています。

北欧4ヵ国ビジュアルガイド特集では、北欧の魅力的な国々のデザインやおとぎ話を特集しました。

その中でも、北欧諸国で最も南に位置するデンマークは、穏やかな酪農王国として知られ、美しい景観が広がっています。

自然の中で過ごす時間も都市を散策する時間も、北欧の魅力を存分に味わえます。

さらに、本書には地方都市の紹介や、北欧のグルメやスーパーみやげ、そして世界最大の島であるグリーンランドのVR動画も収録されています。コラムでは、北欧の世界遺産やサンタクロース、童話王アンデルセンについて紹介されています。

また、旅の準備や技術についても詳しく解説されています。本書を手に取り、北欧の魅力をたっぷりと堪能してみてください。

なお、北欧4ヵ国の合本も販売されていますので、ぜひ『地球の歩き方 北欧』で検索してみてください。

るるぶ北欧

著:JTBパブリッシング
¥1,192 (2024/07/01 17:13時点 | Amazon調べ)

本書は、キンドルアンリミテッド対象本なので、30日間無料で読めてしまいます。

「るるぶ」は有名なガイドブックの一つです。

大きなサイズのガイドブックが良い!という方には「るるぶ」がオススメです。

このガイドブックでは、フィヨルドで体感する大自然、オーロラで彩られる冬の夜空、世界中から観光客が集まるサンタクロース村、そしてムーミン美術館やムーミン・ワールドなどのリニューアルして話題の観光スポット、さらにはマリメッコやイッタラなどの北欧デザイン雑貨のお店まで、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマークの最旬情報が詰まっています。

特集では、北欧でしたい!感動体験7をはじめ、ヘルシンキ、オスロ、ストックホルム、コペンハーゲンの各都市について、街歩きモデルプランやデザイン雑貨みやげ、グルメガイド、ミュージアムめぐり、フィヨルドクルーズなど、充実した情報が掲載されています。

大自然や美しい街並みなど、北欧の魅力がたっぷりと掲載されています。この一冊で、北欧旅行を計画する際には必見の一冊です!

るるぶは、2010年にギネス世界記録™に認定されたガイドブックです。

総合評価5.0
サイズ
電子書籍30日間無料
ページ数128ページ
出版社ジェイティビィパブリッシング

北欧の絶景を旅する アイスランド

ネコ・パブリッシング
¥1,241 (2024/07/09 08:22時点 | Amazon調べ)

「絶景が近い!」アイスランドは、夏から冬にかけてオールシーズン楽しめる旅のヒントBOOKです。北海道よりも少し大きな面積を持ち、鉄道はなく海岸線に沿って整備された国道で運転しやすいことが知られています。

本書では、アイスランドを一周する「リングロード(国道1号線)」をレンタカーで旅するリングロードトリップや、カラフルな首都レイキャヴィクの最新スポットが紹介されています。

現地在住者がおすすめするミュージアム、デザイン、クラフト、カフェ、バーなどの情報も掲載されています。

特に見どころとしては、滝、氷河、フィヨルド、火山、温泉、灯台、廃墟などを巡るリングロードトリップが挙げられます。

国道1号線の総延長1339kmをレンタカーで一周する旅は、他のガイドブックにはない魅力が満載です。アイスランドの素晴らしい自然を間近で体験する旅を計画する際には、ぜひ本書を参考にしてみてください。

総合評価3.0
サイズ
電子書籍なし
ページ数159ページ
出版社ネコ・パブリッシング

地球の歩き方 Plat11 アイスランド (地球の歩き方Plat)

編集:地球の歩き方編集室
¥1,500 (2024/07/01 09:42時点 | Amazon調べ)

地球の歩き方 Plat[ぷらっと]は、短い滞在時間で効率的に観光したい旅行者におすすめの新シリーズです。

アイスランド編では、定番観光地に加え、まだあまり紹介されていない絶景エリアも紹介されています。

さらに、旅のハウツー情報、現地ツアー利用法やレンタカードライブもしっかり掲載されています。

改訂版では、16ページ増量し、冬のアイスランドと西部、南部、東部の見どころが加わりました。

また、本誌をスマホのアプリでスキャンすれば、見どころの360度映像が見られる仕組みも初登場です。

アイスランド早わかりエリアナビ&アイスランド72HOURモデルプランでは、アイスランドを効率よく観光するための情報がまとめられています。

また、10 THINGS TO DO IN ICELANDでは、アイスランドでしかできないことや魅力的な観光スポットが紹介されています。

例えば、ゴールデンサークルや温泉でのヒーリングタイム、氷の洞窟の探検、冬のアイスランド、オーロラ・ウオッチングなどが挙げられます。

さらに、TRAVEL INFORMATIONには、アイスランドへの基本情報、アクセス方法、国内移動手段、安全情報、持ち物と服装のアドバイス、オーロラ・ウオッチングのヒントなどが掲載されています。

また、MAPには、アイスランド全図や主要エリアの地図が掲載されています。

地球の歩き方 Plat[ぷらっと]の特長は、短い滞在時間でも効率よく観光ができる情報が豊富に揃っていること、見どころの360度映像が見られるスマホアプリが使えること、アイスランドの基本情報からレストラン利用のコツ、アルコール、旅の安全情報まで、幅広い情報が掲載されていることです。

アイスランドを訪れる際には、ぜひ地球の歩き方 Plat[ぷらっと]を参考にしてみてください。

3日でまわる北欧 in ストックホルム 新装版 (Hokuo Book)

トゥーヴァージンズ
¥1,760 (2024/07/01 17:13時点 | Amazon調べ)

「美しすぎる水の都」ストックホルムは、北欧の小国スウェーデンに位置しています。

本書は、そんなストックホルムでの旅行に欠かせない情報をわかりやすくまとめたガイドブックです。

本書では、現地の食文化や、スウェーデンデザインの魅力、地元っ子気分が味わえる歩き方など、旅の見どころが紹介されています。北欧初心者はもちろん、リピーターにも役立つ情報が満載です。

また、本書の特長としては、わかりやすい地図や写真を多数掲載している点が挙げられます。ストックホルムを訪れる前に、ぜひ本書を手に取って旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

総合評価3.0
サイズ
電子書籍なし
ページ数128ページ
出版社トゥーヴァージンズ
  • 「ガイドブックの種類が多すぎて選べない!」というかたは、キンドルアンリミテッドの無料体験で試し読みするのも良いですね!何冊も無料で読めてしまうのでお得すぎます!

北欧のガイドブックを無料で読む方法

Amazon Kindle Unlimited無料体験

AmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら、30日間無料で本を読み放題できるので、オススメです!北欧のガイドブックも多数ラインナップがあります。

\ 30日間、無料で読み放題できる /

今回ご紹介したガイドブックの中にも、AmazonのKindle版や、アプリで閲覧できるガイドブックもあります。AmazonのKindleストアでご購入されるのもオススメです。

北欧を観光する魅力

北欧といえば、美しい自然や豊かな文化、高い福祉水準などが有名ですが、実際に観光するとどんな魅力があるのでしょうか?

ここでは、北欧の4つの国(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク)のそれぞれの見どころやおすすめの旅行プランを紹介します。

ノルウェー:壮大なフィヨルドとオーロラ

ノルウェーは、北欧の西側に位置し、海岸線に沿って細長く伸びた国です。そのため、海と山が織りなす美しい景色が多くあります。特に有名なのが、フィヨルドと呼ばれる入り江です。

フィヨルドは氷河によって削られた谷が海水に浸かったもので、深く青い水と切り立った岩壁が印象的です。ノルウェーには数百ものフィヨルドがありますが、中でも最も美しいとされるのがソグネフィヨルドとガイランゲルフィヨルドです。

これらのフィヨルドは世界遺産にも登録されており、クルーズ船やカヤックで楽しむことができます。

また、ノルウェーはオーロラの名所としても知られています。

オーロラは太陽風と地球の磁場がぶつかることで発生する現象で、空に色とりどりの光が揺れ動きます。オーロラは冬の夜に見ることができますが、条件が揃わなければ見られないこともあります。

そのため、オーロラを見るためには長期滞在や専門のガイドを利用することがおすすめです。オーロラを見ながら温泉に入ったり、氷のホテルに泊まったりすることもできます。

スウェーデン:王室や文化遺産に触れる

スウェーデンは、北欧の中央に位置し、人口や面積ともに最大の国です。スウェーデンは王国であり、首都ストックホルムには王宮や美術館などがあります。

ストックホルムは水辺に囲まれた美しい街で、「北欧のベニス」とも呼ばれています。ストックホルムでは、王宮や市庁舎などの歴史的建造物や、バーサ宮殿やアバ博物館などの文化施設を巡ることができます。

スウェーデンには他にも魅力的な観光地があります。

例えば、中部のダーラナ地方では伝統的な木彫りの馬や民族衣装を見ることができます。

南部のスコーネ地方では美しい海岸線や古城を楽しむことができます。北部のラップランド地方では、サーミ人の文化やトナカイの牧場を体験することができます。

フィンランド:森と湖の国、サウナの発祥地

フィンランドは、北欧の東側に位置し、ロシアと国境を接する国です。フィンランドは「千湖の国」とも呼ばれ、森や湖が広がる自然豊かな国です。

フィンランドでは、ハイキングやカヌー、釣りなどのアウトドア活動を楽しむことができます。また、フィンランドはサウナの発祥地であり、サウナはフィンランド人の生活や文化に欠かせないものです。

サウナは体を温めるだけでなく、リラックスや健康にも効果があります。フィンランドには公共のサウナやホテルのサウナだけでなく、湖畔や森の中にある個人のサウナも多くあります。

フィンランドの首都はヘルシンキです。ヘルシンキはバルト海に面した港町であり、近代的な建築と歴史的な教会が混在する街です。ヘルシンキでは、デザインやアートに関する博物館やショップを巡ることができます。

また、ヘルシンキからフェリーで行けるスオメンリンナ島は要塞跡が残る世界遺産であり、歴史や自然を楽しむことができます。

デンマーク:小さくて可愛い国

デンマークは、北欧の南端に位置し、バルト海と北海に挟まれた国です。デンマークは小さくて平坦な国であり、自転車で移動することができます。

デンマークは「ヒュッゲ」という言葉で表されるような、暖かくて居心地の良い雰囲気が魅力的な国です。デンマークでは、カフェやレストランで美味しい食事やスイーツを楽しんだり、公園や庭園でのんびりしたりすることができます。

デンマークの首都はコペンハーゲンです。

コペンハーゲンは水辺にある華やかな街であり、王宮や美術館などの観光スポットがあります。コペンハーゲンでは、有名な人魚姫像や色とりどりの建物が並ぶニューハウン運河を見たり、ティボリ公園やレゴランドなどの遊園地で楽しんだりすることができます。

以上、北欧を観光する魅力を解説しました。北欧は自然や文化が豊かであり、様々な体験ができる魅力的な地域です。ぜひ一度訪れてみてください。

北欧の人気のおすすめガイドブックまとめ

北欧の人気のおすすめガイドブックを紹介しました。

旅行前にガイドブックを手に入れておくことで、現地での移動や観光スポットの選定など、より効率的かつ充実した旅行を楽しむことができます。

また、ガイドブックには、旅を快適にするための情報やおすすめのグルメ情報なども載っているので、旅行をより一層楽しむことができます。

今回は、北欧の人気のおすすめガイドブック、についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

タイトルとURLをコピーしました