クイーンが2020年に来日公演することが決定!

クイーン 来日 UKロック

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、クイーンの来日公演が決定!というテーマでお送りします。

 

なんと、クイーンの来日公演が決定しました!

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』(原題:Bohemian Rhapsody)は、音楽自伝映画の中で興行収入が歴代1位になった映画ですから、その成功が今回の来日公演に結び付いたようです。

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のレビューは、別記事で語っていますので、もしよろしければご覧下さい。

 

関連記事

【おすすめ名作映画レビュー】『ボヘミアンラプソディ』の感想と解説、評価

 

来日公演はいつ?

Free-Photos / Pixabay

来日公演は以下の日程で予定されているようです。

 

  • 2020年1月25(土)、26日(日):さいたまスーパーアリーナ
  • 2020年1月28日(火):大阪・京セラドーム
  • 2020年1月30日(木):ナゴヤドーム

 

上記の3都市を回るとのことです!

 

チケットは現在既に発売中です。参戦希望の方は、お早めにお求め下さい。

 

今回のボーカリストは誰!?

今回のボーカリストは、アダム・ランバートだそうです。

1982年生まれの現在37歳の、アメリカ出身のアーティストですね!

 

2013年頃から「Queen + Adam Lambert」として、クイーンと一緒に活動しているので、納得です!

 

「Queen Official」という、クイーンの公式YouTubeチャンネルでも、「Queen + Adam Lambert」名義で演奏された曲がアップロードされています。

 

<おまけ>脱線話

ワムのジョージ・マイケルは2016年に亡くなってしまいましたが、もし生きていたら、ジョージ・マイケルをボーカリストとした公演も観たかったです。

53歳で亡くなるなんて、早すぎます!!(泣)

 

フレディ・マーキュリーが亡くなった追悼ライブで、ワムのジョージ・マイケルがボーカルを務めていましたね。

完成度のめちゃ高いボーカルでした!

フレディ・マーキュリーもジョージ・マイケルもボイストレーナーが一緒だったそうで、歌い方が似ていたのかもしれません。

 

そもそも、ブライアン・メイは、「ジョージ・マイケルの声はフレディによく似ていた」と語っていたようです。

参考記事:https://www.barks.jp/news/?id=1000143454

 

ジョージ・マイケルがクイーン加入の噂もあったようです。

 

ワムの「ラスト・クリスマス」については、別記事で語っています。

 

関連記事:

「おすすめ音楽ラジオ」④クイーン、クリスマスソングあるある

 

最後に

今からライブが楽しみになってきました(≧∇≦)/

 

人気記事

【おすすめ名作映画レビュー】『ボヘミアンラプソディ』の感想と解説、評価

コメント

タイトルとURLをコピーしました