PR

ベトナム旅行の持ち込み禁止品

ベトナム旅行の持ち込み禁止品 旅行
スポンサーリンク

ベトナムに旅行する際には、持ち込みが禁止されているものがいくつかあります。

これらのものを持ち込んだ場合、没収されたり、罰金を払ったり、最悪の場合は逮捕されたりする可能性があります。

ベトナム旅行を楽しく快適に過ごすためには、持ち込み禁止のものを事前に確認しておくことが大切です。

この記事では、ベトナム旅行で持ち込みが禁止されているものの一例を紹介します。

スポンサーリンク

ベトナム旅行の持ち込み禁止品

ベトナムの風景

麻薬や覚せい剤などの違法薬物

警告マーク

ベトナムでは、麻薬や覚せい剤などの違法薬物の所持や使用は厳しく取り締まられています。違法薬物を持ち込んだ場合、死刑になる可能性もあります。

日本で処方された薬でも、ベトナムでは違法とされるものがあるので注意が必要です。

例えば、日本では風邪薬として一般的な「コデイン」は、ベトナムでは麻薬に分類されています。

コデインを含む薬を持ち込む場合は、必ず医師から処方箋をもらっておきましょう。

また、処方箋には英語で薬の名前や用量などを記載してもらうことが望ましいです。

武器や爆発物などの危険物

ベトナムでは、武器や爆発物などの危険物の持ち込みは禁止されています。

これらのものを持ち込んだ場合、国家安全保障に関わる重大な罪に問われる可能性があります。

日本では趣味やスポーツとして使われるものでも、ベトナムでは危険物と見なされるものがあります。例えば、日本では空気銃や模擬銃として販売されているものでも、ベトナムでは実銃と同じ扱いになります。

また、花火や爆竹などの火薬類も危険物に含まれます。

これらのものを持ち込む場合は、事前にベトナム大使館や航空会社などに確認しておく必要があります。

反政府や反社会的な書籍や映像など

ベトナムでは、反政府や反社会的な内容を含む書籍や映像などの持ち込みは禁止されています。

これらのものを持ち込んだ場合、政治的な問題に巻き込まれる可能性があります。

日本では自由に読んだり見たりできるものでも、ベトナムでは不適切とされるものがあります。

例えば、ベトナム戦争に関する書籍や映画は、ベトナム政府や国民に対する侮辱とみなされる可能性があります。

また、宗教的な書籍や映像も敏感な問題となることがあります。

これらのものを持ち込む場合は、事前にベトナム大使館や航空会社などに確認しておくことが賢明です。

スポンサーリンク

ベトナム旅行の持ち込み禁止品まとめ

ベトナム旅行で持ち込みが禁止されているものは、麻薬や覚せい剤などの違法薬物、武器や爆発物などの危険物、反政府や反社会的な書籍や映像などです。

これらのものを持ち込んだ場合、没収されたり、罰金を払ったり、最悪の場合は逮捕されたりする可能性があります。

ベトナム旅行を楽しく快適に過ごすためには、持ち込み禁止のものを事前に確認しておくことが大切です。ベトナムは日本とは文化や法律が異なる国です。

ベトナムのルールやマナーを尊重して、素敵な旅行にしましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました