人気のお掃除ロボットおすすめモデル【2020年】

スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/
今回は、人気のお掃除ロボットおすすめモデル【2020年】、についての記事です。

「ロボット掃除機」は、家事の効率を上げるうえで利便性に優れた製品です。最近では、国内のメーカーのみならず、海外のメーカーからも製品が発売されており、沢山の種類の製品が販売されています。

「ロボット掃除機」は、製品により性能に違いがあります。掃除の品質の違いだけでなく、
以下のように、色々な機能を搭載しているのが特徴的です。

・段差対策
・障害物回避能力
・落下防止性能
・その他の機能

今回は、ロボット掃除機の選び方とおすすめの製品を紹介致します。
ロボット掃除機を買うことをご検討中の方におすすめの記事となっています。

スポンサーリンク

ロボット掃除機とは?

ロボット掃除機は、その名の通り、お掃除をしてくれるロボットのことです。

電源を入れると、自走しながら部屋の床を綺麗にしてくれる家電のことを言います。

ロボット掃除機は、本体に搭載されたブラシで、床のゴミを掻き出し、そして本体底面の吸引口から吸引するタイプが一般的です。また、フローリングの掃除に適している、拭き掃除タイプも販売されています。
ロボット掃除機の製品の多くは、本体の側面部分にセンサーを内蔵しています。障害物を避けながら掃除することが可能なのが特筆すべき点でしょう。ロボット掃除機は、忙しくて掃除の時間をなかなか確保できない方にもおすすめの家電です。

ロボット掃除機の利点

ロボット掃除機を使う最も大きな利点は、家事の効率を上げることが可能なことです。床は掃除機をかけた場合でも、日にちが経過すると、ホコリや髪の毛で汚れが目立ってくるため、頻繁に掃除を行う必要があります。しかし、床は掃除する範囲が広いため、掃除する機関がかかります。そのため、自動化することで家事の効率を上げることに繋がります。
一部のモデルには、床を掃除する際に、スケジュール設定を行えるモデルも発売されています。そのモデルでは、スケジュール設定を行うことにより、床の汚れが気になり出す前に、掃除を行い、部屋を綺麗にしてくれます。掃除の時間をなかなか確保できない方や、ロボット掃除機を導入することで家事の効率アップにつなげたい方に特におすすめの機種と言えます。

ロボット掃除機の種類

掃除機タイプ
掃除機タイプは、ブラシによって床のゴミを吸引し、ダストボックスに溜めるタイプです。フローリングだけでなく、カーペットや畳等色々な場所を掃除することが可能です。普段、手動でかけている掃除機と同じ役割を果たしますが、障害物が沢山あったり、大きな段差があると、障壁となりうまく動作しないこともあるため要注意です。
家事をどのくらい効率アップさせたいかにより、選択するロボット掃除機の性能は違ってきます。そのため、生活のスタイルや予算等に応じて選択しましょう。
拭き掃除タイプ
「拭き掃除タイプ」は、本体に内蔵のモップや取り付け式のクリーナーを用いて、床を水拭き・乾拭き可能なタイプです。畳やカーペット等は掃除を行えません。しかし、フローリングの掃除を行う際には利便性が高いです。製品をお選びの際は、内蔵しているタンクの容量や、市販のクリーナーが使用できるかどうか等も確認しておくと安心できるため、おすすめです。

ロボット掃除機の選び方

大きさや形状を確認

ロボット掃除機は、現在丸い形状が主流です。しかし、丸い形状のモデル以外にも、三角形の製品や四角形の製品も発売されています。
得意なことと不得意なことが全ての形状において存在します。

自分の使いみちに応じて製品を選択することが重要です。
丸い形状のモデルは、小回りしつつ、障害物の隙間を滑らかに通り抜けることができるので、家具の多い部屋に最適です。その一方、欠点として、角の掃除が不得意な点があります。一方の、三角形や四角形の場合は、壁際や角にピッタリと沿って掃除することが可能です。角のホコリを掃除したい際に適している形状と言えます。

また、本体の大きさも、選択する際の重要な特筆すべき点でしょう。家具と家具の間や、ベッドの下やソファの下を掃除したい場合は、ロボット掃除機本体がその隙間に入っていけるモデルが必要となります。したがって、掃除したい隙間の幅や高さを事前に確認し、最適な大きさを選びましょう。

ブラシの本数や配置を確認

掃除機タイプには、「回転ブラシ」や「サイドブラシ」を内蔵しています。ブラシには、床の隙間にあるホコリや髪の毛などのゴミをかき出したり、より広い範囲にあるゴミをかき集めたりする役割があります。掃除の精度を重視したいという場合は、ブラシ本数の多い製品を選択するのがおすすめです。
そして、ブラシの配置も選ぶ上でポイントとなります。例えば、丸形タイプの側面にブラシを搭載していれば、侵入しにくい部屋の角にあるゴミもかき集めることが可能です。一方、吸引口の近くに配置された回転ブラシは、床の隙間に溜まったゴミをかき出すことができる点が利点と言えます。
なかには、ブラシレスの製品も発売されています。ブラシが付いているとペットの長い毛等が絡まってしまうため、定期的にメンテナンスが必要です。ブラシレスのタイプは手入れの必要ないのが特徴です。そのため、可能なかぎり手入れが楽な製品を探している方におすすめの機種と言えます。

カーペットや段差の有無を確認

ロボット掃除機は、一般的に、「段差は障害物」として認識し、段差を回避する仕組みになっています。ロボット掃除機は本体自体の高さが低いことから、高すぎる段差乗り越えることについては不得意です。しかしながら、ロボット掃除機の一部の機種では、数cmの段差を乗り越えることができる製品も発売されています。
中には、2cm程度の段差に対応できる製品もあります。それは、カーペットの上も掃除してほしい際や、部屋と部屋の境目にある段差を乗り越えてほしい際におすすめです。
また、カーペットに付いたゴミは、吸引しにくいというデメリットがあります。そのため、ゴミをかき出す回転ブラシを内蔵した製品や、「カーペットブースト」機能の付いた製品もおすすめです。

バッテリー容量と連続稼働時間を確認

ロボット掃除機はコードレスです。バッテリーは充電式なので、部屋中を動き回ることが可能です。しかしながら、バッテリーが無くなると掃除が途中で中断されてしまうため、その点は要注意です。
モデルにより、、バッテリーの容量は色々です。連続稼働時間は、バッテリーの容量に比例して長くなります。広い部屋や複数の部屋を掃除したい際は、1時間以上稼働可能な製品を選ぶのがおすすめです。
最上級の一部のモデルには、バッテリー残量が残り少なくなると、自動で充電する機能が付いています。充電が完了すると、再び自動で掃除を再開することが可能な製品も発売されています。床全体を掃除したい方におすすめの機種と言えます。
ダストボックスの設計を確認
掃除機タイプの本体には、ダストボックスが内蔵されており、吸引したゴミを収納可能です。ダストボックスには、ゴミが溜まっていくため、定期的にゴミ捨て等のメンテナンスが必要となります。

ゴミ捨ての頻度や処理方法は、モデルにより違いがあります。部屋の大きさ等からゴミのたまりやすさを考慮に入れて、メンテナンスが容易な製品を選択することが特筆すべき点でしょう。
ゴミ捨ての頻度を少なくしたい方にオススメの製品は、ゴミをより多く収納可能な大容量の製品や、ゴミの圧縮機能が付いている製品です。最上位製品の一部の製品では、一般的なダストボックスの30倍ものゴミを貯めることができるモデルも発売されています。
ゴミ捨て以外にも、ダストボックスが丸洗い可能かどうかも確認しましょう。その理由は、こびり付いたゴミを水を使って洗い落とすことができる方が、衛生的に使用できるためです。

拭き掃除タイプは、クロスの取り外しが簡単なものがおすすめ

拭き掃除タイプのロボット掃除機を選択する場合は、クロスの着脱が容易な製品を選ぶのがおすすめです。クロスの着脱の方法やメンテナンス方法等は、予め買う前に確認しておくと安心です。
また、専用クロスのみならず、市販のお掃除シートにも対応しているかも確認したい特筆すべき点でしょう。使い捨てシートなら、掃除終了後にそのままゴミ箱へ捨てることができるためメンテナンスが簡単です。

その他<あると利便性に優れた機能>

スマートフォンと連携可能な「Wi-Fi機能」

「Wi-Fi機能」を内蔵したロボット掃除機の大きな利点は、スマートフォンアプリから遠隔操作可能なようになる点です。家に不在の時においても、操作可能なところが非常に利便性が高いと言えます。
最近のロボット掃除機では、掃除スタート時間の予約や掃除結果の確認が可能なモデルも多数展開されています。最上級の一部のモデルには、、マップ上の部屋ごとに名前を登録し、部屋ごとに掃除スケジュールの設定が可能な製品も発売されています。
ただし、アプリの機能はメーカーや機種により、違うため、要注意です。

掃除する場所を制限可能な「進入禁止機能」

ロボット掃除機は、床にあるゴミと勘違いして、小物やコードなどを吸引してしまうことがあります。吸い込まれそうな製品は掃除をする前に片づけておくのがベストです。また、「進入禁止機能」の付いた機種を選ぶことで、片付ける範囲を狭めることもできるため、おすすめです。
「進入禁止機能」は、ロボット掃除機が、ある特定のエリアに侵入できないようにする機能です。スマートフォンアプリのマップを使用して、進入禁止エリアの設定が可能な製品や、付いての部品を床に設置し、見えない壁を作り、侵入を阻止する製品が発売されています。

傷や故障を防ぐための「衝突防止機能」

「衝突防止機能」とは、赤外線センサーにより、周囲の障害物の位置を把握することで、衝突しないように避ける機能です。
ロボットを掃除機が勢いよく障害物に衝突することによって、家具を傷つけてしまったり、ロボット掃除機本体の故障の原因となる可能性があります。特に、障害物が多い部屋で使う際はぶつかるリスクが高いため、「衝突防止機能」を内蔵したモデルがおすすめです。
ただし、赤外線センサーでは感知できない材質もあります。そのため、部屋の障害物を避けることができるかを事前にチェックしておきましょう。
また、障害物を感知するセンサーの数が多ければ多いほど、高精度に衝突を避けることができる傾向があります。モデルを選択する際は、センサーの数も確認しましょう。

自動で充電可能な「自動帰還機能」

「自動帰還機能」とは、ロボット掃除機の充電が掃除中に切れそうになった際、自動で充電器まで戻り充電をスタートする機能のことです。自動で充電をしてくれるため、放置をしていても充電が切れるという心配がないのが特徴です。
また、充電が完了した時点で自動で掃除を再開してくれるモデルも発売されています。特に、広い部屋を掃除したい際は、「自動帰還機能」だけでなく「自動再開機能」も内蔵した製品がおすすめです。

おすすめのロボット掃除機のメーカー

アイロボット(iRobot)

アイロボットは、アメリカの家庭用ロボットメーカーです。創設は、1990年です。”Empower people to do more”をモットーに、「人間の代わりに働き、人間を自由にする」実用性のあるなロボットを提供しています。「ルンバ」はロボット掃除機の代名詞的存在であり、世界中で知られている機種です。
パナソニック(Panasonic)
パナソニックは生活家電から住宅設備、自転車等あらゆる分野のモデルを手がけている総合電機メーカーです。パナソニックのロボット掃除機には、高い性能を持つセンサーが内蔵されています。それにより、部屋の壁ぎわや隅といった、ゴミが残りがちな部分まで綺麗にしてくれるため、ゴミが残りにくい点が利点となっています。

シャーク(Shark)

シャークニンジャというメーカーが展開する家庭用フロアケアブランドです。使い手のニーズに応えた革新的なモデルが手に届きやすい価格で提供されています。シャーク(Shark)のロボット掃除機の特徴は、強い吸引力や高い性能を持つブラシを内蔵した高機能さと、手に届きやすいリーズナブルな価格です。

ロボット掃除機のおすすめ製品|掃除機タイプ

アイロボット(iRobot) ルンバi7+ i755060

ゴミ捨ての回数を大幅に減らすことができる丸形ロボット掃除機です。ロボット掃除機が掃除を終えた後、ホームベースまで戻ると、「クリーンベース」がゴミを吸引して、密封型紙パックに回収します。ダスト容器30杯分のゴミを収納可能なため、頻繁にメンテナンスする必要がないのが特徴です。
それ以外にも、本体には「スマートマッピング」も付いています。カメラとセンサーで部屋の間取りや家具の位置等を学習しつつ、記憶していきます。現在、部屋のどの場所にいるかを把握することにより、掃除方法の最適化が可能なところが利点です。複数の部屋の掃除を行いたい場合におすすめの機種です。
また、Wi-Fi機能にも対応しています。スマートフォンの「iRobot HOMEアプリ」と連携させることで、利便性に優れた遠隔操作が可能となります。特に、部屋の間取り図を用いて機能が便利です。掃除結果の確認、部屋ごとのスケジュール管理、進入禁止エリアの設定等も可能です。

アイロボット(iRobot) 「ルンバ980 R980060」

カーペットの上にあるゴミも掃除することが可能な丸形ロボット掃除機です。絨毯やカーペットの段差も2cm以内ならば乗り越えることができる点が利点です。カーペットの上においても滑らかに動き回り、机やソファの脚まわりのゴミも綺麗に掃除することが可能です。
また、「カーペットブースト」を内蔵しています。カーペットに乗り上がると自動で吸引力が最大で10倍に高まります。回転ブラシでゴミをかき出し、強力な吸引力で小さなホコリも残すことなく掃除することが可能な点が利点です。
それ以外にも、「デュアルバーチャルウォール」が2個付いています。それを床に置くことで、見えない壁を作り出し、ロボット掃除機の進入を阻止することが可能です。
また、Wi-Fi機能にも対応しています。スマートフォンの「iRobot HOME アプリ」から清掃モードの切り替えや掃除結果の確認等が可能な点もおすすめ特筆すべき点でしょう。

アイロボット(iRobot) 「ルンバe5」

やり残しがないように丁寧に掃除が可能な丸形ロボット掃除機です。本体のセンサーが部屋の広さや汚れ具合を判断します。そして、ゴミがなくなるまで徹底的に掃除をしてくれます。


このロボット掃除機は、高さが10cm以上の隙間に入り込むことができる薄型設計です。そのため、ソファやベッドの下でも潜り込んでくまなく掃除することが可能です。幅広のベッドの下等といった、人の手が届かない場所を掃除する際にも活躍します。

また、「デュアルバーチャルウォール」が付いています。それを床に置くことによって、ロボット掃除機の進入を防止できます。掃除されると困る空間がある場合は、境目等に配置することで、掃除エリアを制限可能な点が利点です。また、スマートフォンアプリと連携することにより、遠隔操作をしたり、掃除をする時間の予約をしたり可能です。

ダスト容器は丸洗いできます。残った汚れやホコリも綺麗に取り除くことが可能です。価格も手頃なため、コストパフォーマンスを重視してお考えの方におすすめのモデルです。

アイロボット(iRobot) ルンバ643 R643060

机の脚まわりや椅子などでも、小回りしつつ、念入りに掃除してくれる丸形ロボット掃除機です。センサーでゴミを感知し、ブラッシングを繰り返し行いながら、ゴミが無くなるまで丹念に掃除をしてくれます。

そして、2cm以内までの段差を乗り越えることができるため、部屋の中で、カーペットを敷いている部分の掃除をする際にもおすすめです。また、充電が少なくなると自動でホームベースまで戻って充電する自動帰還機能も備えている点も利点です。
ルンバのなかでも低価格で買う可能な点も利点です。本機種は、Wi-Fi機能は非対応となっています。そのため、遠隔操作はできませんが、基本的な機能は充実しています。可能なだけ安く買うしたい方やロボット掃除機を試したい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ルーロ MC-RS810

部屋の角まで進入し、すみずみまで掃除することが可能な三角形のロボット掃除機です。サイドブラシを2本内蔵し、取り残しがちな部屋の隅のホコリもかき集めて綺麗に掃除することが可能です。
このロボット掃除機には、「カメラセンサー」を内蔵しています。本体が部屋の間取りや現在位置を把握しながら、床全体を残すことなく掃除をしてくれます。連続稼働時間は100分です。比較的長いので、複数の部屋をまとめて掃除することが可能な点も利点です。

また、目に見えないゴミまで感知する「クリーンセンサー」を内蔵しています。感知したゴミの量に応じて、吸引力や走行速度等を調節し徹底的に掃除をしてくれます。また、「お手軽モード」を選ぶことにより、ゴミの溜まりやすい場所のみを掃除することが可能な点も特徴です。
それ以外にも、Wi-Fi機能も使えます。スマートフォンアプリ「RULOナビ」を使用して遠隔操作が可能です。進入禁止エリアの設定や一週間分のスケジュール管理等にも対応しています。

パナソニック(Panasonic) 「RULO mini MC-RSC10」

幅のサイズは24.9cmと、小型な三角形のロボット掃除機です。小回りが利く仕様なので、家具と家具の狭い隙間も滑らかに通過可能な点が利点です。机や椅子の脚まわりや部屋の角のホコリまで残すことなく掃除をしてくれます。
一度に掃除することが可能な範囲は、約20畳です。そのため、例えば、「キッチンのみ」や「リビングルームのみ」等といった、ある特定の場所に絞り掃除を行いたい方におすすめの機種と言えます。
本体は2kgと軽量です。持ち運びが容易なため、掃除する場所を移動したい際に、楽に持ち上げることができる点も利点です。

シャーク(Shark) 「EVOROBOT R72 RV720_NJ」

ブラシのメンテナンスが容易な、丸形のロボット掃除機です。「セルフクリーニングテクノロジー」という技術をブラシロールに内蔵しているため、糸くずや毛等が絡まらないため、ブラシのメンテナンスが必要ないのが特徴です。
このロボット掃除機には、以下のセンサーを内蔵しています。

・障害物を感知するセンサー
・落下防止センサー

上記2つのセンサーにより、障害物を感知して、回避しつつ進行します。そのため、階段のような段差から落下することもないため安心です。
また、ワンタッチで取り外し可能な大容量のダストカップを内蔵しています。沢山のゴミを収納できます。そのため、ゴミ処理の回数を減らします。また、ゴミを捨てた後に水で丸洗いが可能な点も利点です。

ダイソン(dyson) 「360 heurist RB02」

一般的なロボット掃除機と比較して、4倍もの吸引力を誇る丸形ロボット掃除機です。高速回転する「デジタルモーター V2」を内蔵し、一般的な掃除機よりも小型ながら高い吸引力を実現可能な点が利点です。
本体の幅とほぼ同じ大きさの吸引口とブラシバーを内蔵している点も特徴です。本体が通過した床のゴミを残すことなく吸引するため、一度通過した場所を往復する必要がないのが特徴です。掃除時間を可能な限り短縮したい方におすすめの機種と言えます。


また、掃除した場所を記録しつつ、部屋をマッピングします。マップ上の現在位置を把握し、掃除方法を最適化します。掃除をしていない場所を把握しているため、やり残しが少ないのが嬉しい特筆すべき点でしょう。
また、Wi-Fi機能も内蔵しています。スマートフォンアプリ「Dyson Link」を用いれば、遠隔操作以外に、運転モードの切り替えやエリア別の掃除設定も可能です。

日立(HITACHI) 「ロボットクリーナー ミニマル RV-EX20」

狭い隙間や脚まわりでも掃除が容易な小型の丸形ロボット掃除機です。本体の幅は25cmです。そのため、邪魔になりにくい点も利点です。
また、ソファやベッドの下等、高さ10cm以上の隙間に潜り込むことが可能です。手が届かない場所もすみずみまで掃除することが可能です。
また、部屋の隅を感知すると本体が首ふり動作をし、隅までしっかり掃除します。小型で隅に寄るのが容易で、部屋の壁ぎわも角もゴミを残すことなく掃除をすることが可能な点が利点です。
それ以外にも、Wi-Fi機能でスマートフォンアプリと連携可能な点も特筆すべき点でしょう。スマートフォンがあれば、本体から離れた場所からでも操作できます。

アイライフ(ILIFE) 「V3s Pro」

ペットの毛まで手軽に掃除することが可能な丸形ロボット掃除機です。ブラシがないタイプのため、毛等がブラシに絡まる心配がないのが特徴です。ブラシがなくても強力な吸引力でゴミや細かな毛もしっかり掃除することが可能なのが特筆すべき点でしょう。
吸引したゴミは、多重フィルター付きのダストボックスに収納します。細かなホコリをしっかり閉じ込め、綺麗な空気を排気するため、安心できます。
また、障害物を感知し衝突を防止する「衝突防止機能」を内蔵しています。階段等高低差を感知する「落下防止機能」も搭載しています。2階以上の床の掃除をする場合にもおすすめです。
また、リモコンでの操作も行えます。手元で簡単に本体を操作可能です。利便性に優れた機能が十分に備わっていながら、低価格で買う可能な点も特筆すべき点でしょう。

ロボット掃除機のおすすめ製品<拭き掃除タイプ>

アイロボット(iRobot) 「ブラーバジェットm6 m613860」

ベタベタした汚れであっても、しっかり落とすことができる四角形の床拭きロボット。洗浄剤を含んだジェットスプレーを吹きかけて、汚れを浮かしながら拭き取ります。汚れやすいキッチンやダイニングルームの掃除をする際にも活躍します。
本体には、「スマートマッピング」を内蔵しています。部屋の間取りや障害物の位置を記憶し、本体の現在位置をもとに、最適な掃除ルートの判断を行います。広い部屋も形状が複雑な床も残すことなく掃除することが可能な点が利点です。
また、Wi-Fi機能を内蔵しています。スマートフォンアプリと連携し、進入禁止エリアを指定したり、部屋ごとに掃除スタート時間をセットしたりが可能です。また、「Amazon Alexa」や「Googleアシスタント」等にも対応しています。話しかけるだけで操作可能な点も特筆すべき点でしょう。

アイロボット(iRobot) 「ブラーバ390j B390060」

広いダイニングルームやリビングルームもまんべんなく拭き掃除することが可能な四角形の床掃除ロボット。から拭きなら最大56畳まで対応できます。そのため、複数の部屋を一度に掃除したい方にもおすすめの機種と言えます。
付属の「NorthStarキューブ」を設置することによって、より複雑な場所にも対応です。キューブが、離れた場所から部屋の形状や本体の位置をより正確に把握します。隙間や入りにくい場所等見落とすことなく、部屋の隅々まで掃除することが可能な点が利点です。

本体には、「ウェットモード」と「ドライモード」を持ち合わせています。専用の「クリーニングパッド」を装着するだけで、自動でモードが切り替わります。ウェットモードでは、パッドのタンクに水を入れれば、シートを常に濡らした状態で掃除が可能なところがポイントです。
また、ドライモードでは、専用クロスだけでなく市販の使い捨てシートも使用できるため、コストパフォーマンスも良好です。

アイロボット(iRobot) 「ブラーバジェット250 B250060」

四角形の床掃除ロボットで、ジェットスプレーを内蔵しています。

水を吹きかけて、汚れを浮かし、取り除くことができます。また、クリーニングヘッドが振動し、汚れをこすり落とすことができる点も特徴です。
汚れ具合に応じて3つの清掃モードを選ぶことが可能な点も利点です。例えば、ベタベタしたしつこい汚れには「ウェットモード」に変更し、水をたっぷりと吹きかければ、3回往復する過程の中で汚れをこすり落とすることができます。

日常的な汚れを落とす場合には「ダンプモード」が良いでしょう。少量の水を吹きかけて、前後に動きながら床をやさしく拭き掃除をします。また、「ドライモード」を選ぶことにより、から拭き掃除も可能です。

また、本体のセンサーによって、部屋の形状や障害物の位置を正確に把握することができます。衝突を防止するために減速して接近します。家具を傷つけたりしないよう、すみずみまで拭き掃除を行います。また「バーチャルウォールモード」を用いれば、進入禁止エリアの設定が可能な点も特筆すべき点でしょう。

パナソニック(Panasonic) 「ローラン MC-RM10」

業界で初めてローラー式を採用した、四角形の床拭きロボットです。

専用モップが巻き付けられたローラーが、5分間で30°回転するため、常に汚れていない面で床掃除を行える点が利点です。
モードを切り替えれば、水拭きのみならず、から拭きも行えます。本体のボタンでモードを選ぶことが可能です。モップはいずれのモードにおいても兼用で、汚れたら洗濯することによって繰り返し使用できるため経済的と言えます。

また、付いてのモップのみならず、市販のフロアシートも使用できます。シートは使用後、ゴミ箱へ捨てるだけで良いため、メンテナンスが楽なところが利点です。シートはボタンを押すだけで取り外し可能なので、手を汚したくない方にもおすすめの機種と言えます。
また、本体には、以下の2つのセンサーを内蔵しています。

・落下防止センサー(10cm以上の段差を感知)
・赤外線センサー(障害物を感知)

それらにより、絨毯等を障害物として認識し、乗り上がりを防止します。

エコバックス(ECOVACS) 「DEEBOT OZMO Slim10 DK3G」

床拭き掃除だけでなく、ゴミの吸引も1台でこなしてくれる丸形ロボット掃除機です。本体に搭載されたタンクから水を吸い上げたあと、モップを湿らせて水拭きを行う仕様です。

本体に「OZMOモップシステム」を内蔵しています。スマートフォンのアプリから水の量を設定し、モップの湿り具合の調節が可能な点が特徴です。

例えば、汚れの多い床を掃除したい際には、水量を多めに設定する等、便利に使用できます。家に不在の時にスマートフォンから遠隔操作が可能な点も特筆すべき点でしょう。

本体の高さは、5.7cmです。薄型なので、ベッドの下やソファなどの下の狭い隙間に入り込むのが容易です。手が入りにくい場所や手が届かない場所でも拭き掃除が可能です。

Amazon、楽天市場でのロボット掃除機ランキングを確認する

Amazon売れ筋ランキング

楽天市場


最後に

最近では、ロボット掃除機は細分化してきていることもあり、色々な種類の製品が発売されています。確認すべきポイントが多いので、しっかりと性能を比べて選択することが重要です。今回ご紹介したモデルをご参考に、ご自身にあったピッタリのモデルを見つけてみて下さい。家事の効率化に繋がると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました