PR

ペルー旅行は危険?

スポンサーリンク

ペルーは南米の西海岸に位置する国で、アンデス山脈やマチュピチュなどの自然や文化遺産が魅力的な観光地です。しかし、ペルー旅行には危険も伴います。

治安の悪さや高山病、感染症などのリスクがあります。ペルー旅行を安全に楽しむためには、事前の準備と現地での注意が必要です。この記事では、ペルー旅行の危険について詳しく解説します。

スポンサーリンク

ペルー旅行は危険?

治安の悪さ

ペルーは南米の中でも治安の悪い国の一つです。特に首都リマや観光都市クスコでは、強盗やスリ、誘拐などの犯罪が多発しています。また、テロやデモなどの社会不安もあります。ペルー旅行で治安に関する危険を回避するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 夜間は外出を控えるか、タクシーやツアーなどの信頼できる交通手段を利用すること。
  • 貴重品は最小限に持ち歩き、身につける場合は目立たないようにすること。
  • 観光地や人混みではスリや置き引きに注意し、荷物は常に手元に置くこと。
  • 現金は分散して持ち歩き、できるだけカードや電子決済を利用すること。
  • 不審な人物や物品に近づかないこと。
  • テロやデモなどの情報を常にチェックし、危険な場所や時間帯は避けること。

高山病

ペルーは標高が高い場所が多く、高山病にかかる可能性があります。高山病とは、低酸素状態によって起こる健康障害で、頭痛や吐き気、呼吸困難などの症状が現れます。重症化すると脳や肺に水がたまり、命に関わることもあります。ペルー旅行で高山病を予防するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 標高が高い場所へは徐々に慣れていくこと。急激な高度変化は避けること。
  • 水分や食事を十分に摂ること。アルコールやカフェインは控えること。
  • 運動や労力を必要とする活動は控えること。
  • 高山病の症状が出たら無理をせず、すぐに医師に相談すること。
  • 高山病の薬を持参するか、現地で購入すること。コカ茶やコカキャンディなどの民間療法も効果があると言われています。

感染症

ペルーではマラリアやデング熱などの感染症が流行しています。また、水道水や食品の衛生状態も良くありません。ペルー旅行で感染症にかかるリスクを減らすためには、以下の点に注意しましょう。

  • 旅行前に必要な予防接種を受けること。マラリアやデング熱などのワクチンはありませんが、黄熱病や破傷風などのワクチンは推奨されています。
  • 蚊に刺されないようにすること。長袖や長ズボンを着用し、虫除けスプレーやネットを使用すること。
  • 水道水や氷は飲まないこと。ミネラルウォーターや飲料水を購入すること。
  • 生ものや加熱不十分な食品は食べないこと。野菜や果物は皮をむくか洗うこと。
  • 手洗いや消毒をこまめに行うこと。

ペルー旅行は危険が多いですが、事前の準備と現地での注意でトラブルを回避することができます。ペルーの魅力的な自然や文化を楽しむために、安全対策をしっかりと行いましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました