PR

パキスタン旅行の服装

パキスタン旅行の服装 旅行
スポンサーリンク

パキスタンはイスラム教の国であり、宗教的な慣習や文化に敏感に対応する必要があります。

特に女性の場合、服装には注意が必要です。パキスタン旅行で服装について気をつけるべきことを紹介します。

スポンサーリンク

パキスタン旅行の服装

パキスタンはイスラム教の国なので、服装には注意が必要です。また、気候も日本とは違うので、季節に合わせて準備しましょう。

ここでは、パキスタンの気候や文化について紹介し、春夏秋冬それぞれの服装のポイントを解説します。

パキスタンの気候と文化

パキスタンは南アジアに位置する国で、インドやアフガニスタンと国境を接しています。パキスタンの人口は約2億人で、そのほとんどがイスラム教徒です。

イスラム教では、女性はヒジャブやブルカなどで頭や体を覆うことが求められます。男性も肌の露出を控えることが望ましいです。

また、イスラム教では豚肉やアルコールは禁止されています。パキスタンでは、これらのものを扱う店やレストランはほとんどありません。

パキスタンの気候は地域によって大きく異なりますが、一般的には乾燥した砂漠気候です。夏は非常に暑く、気温が40度を超えることもあります。冬は寒くなりますが、雪が降ることは少ないです。

春と秋は比較的穏やかな気候ですが、雨が多いです。パキスタンでは、6月から9月までモンスーンの影響を受けます。この時期は湿度が高く、洪水や土砂崩れなどの災害が起こる可能性があります。

パキスタンでの服装の基本

パキスタンでは、女性は全身を覆うような服装が求められます。露出の多い服や体のラインが出る服は避けましょう。また、鮮やかな色や柄も目立ちますので、控えめな色や柄の服を選ぶと良いでしょう。

具体的には、以下のような服装がおすすめです。

  • 長袖のシャツやブラウス
  • ひざ下まで隠れるスカートやパンツ
  • 首や肩を覆うスカーフやショール
  • 足首まで隠れる靴下やレギンス
  • つま先が隠れる靴

男性の場合は、比較的自由に服装を選べますが、短パンやタンクトップなどは不適切です。長袖のシャツと長ズボンが無難です。

春(3月~5月)の服装

春はパキスタンでは比較的涼しい季節ですが、日中は暑くなることもあります。この時期の服装は、薄手の長袖シャツやカーディガンなどで肌を覆うことが基本です。

女性はヒジャブやブルカなどで頭も隠す必要があります。

色は明るめのものが好まれますが、派手すぎるものは避けましょう。

男性も長袖シャツやズボンなどで肌を覆うことが望ましいです。色は暗めのものが多いですが、白や青なども見られます。

春は雨が多い季節なので、雨具も持っていくと便利です。傘やレインコートなどで雨から身を守りましょう。また、日差しが強いので、帽子やサングラスなどで目を保護することも大切です。

夏(6月~8月)の服装

夏はパキスタンでは非常に暑い季節です。気温は40度を超えることも珍しくありません。この時期の服装は、涼しくて通気性の良い素材のものを選びましょう。

コットンやリネンなどがおすすめです。女性はヒジャブやブルカなどで頭や体を覆う必要がありますが、素材は薄手のものが快適です。

色は白やパステルカラーなどが涼しげに見えます。

男性も長袖シャツやズボンなどで肌を覆うことが望ましいですが、素材は軽いものを選びましょう。色は白やベージュなどが多いです。

夏はモンスーンの影響を受ける季節なので、雨具も必要です。傘やレインコートなどで雨から身を守りましょう。また、日差しが強いので、帽子やサングラスなどで目を保護することも大切です。

日焼け止めや水分補給も忘れずに行いましょう。

秋(9月~11月)の服装

秋はパキスタンでは涼しくなる季節です。気温は25度前後になります。この時期の服装は、春と同様に薄手の長袖シャツやカーディガンなどで肌を覆うことが基本です。

女性はヒジャブやブルカなどで頭も隠す必要があります。色は暗めのものが多くなりますが、赤やオレンジなどの秋らしい色も見られます。男性も長袖シャツやズボンなどで肌を覆うことが望ましいです。

色は黒や茶色などが多いです。

秋は雨が少なくなる季節ですが、気温の変化に注意しましょう。

朝晩は冷え込むこともあるので、上着やマフラーなどで暖かくすることも必要です。また、日差しが弱くなるので、帽子やサングラスなどはあまり必要ありません。

冬(12月~2月)の服装

冬はパキスタンでは寒くなる季節です。気温は10度前後になります。この時期の服装は、暖かくて厚手の素材のものを選びましょう。ウールやフリースなどがおすすめです。

女性はヒジャブやブルカなどで頭や体を覆う必要がありますが、素材は暖かいものが快適です。

色は黒や紺などが多いです。男性も長袖シャツやズボンなどで肌を覆うことが望ましいですが、素材は暖かいものを選びましょう。色は黒やグレーなどが多いです。

冬は雪が降ることは少ないですが、寒さに備えて防寒具も持っていくと便利です。

コートやジャケット、手袋や帽子などで暖かくすることが大切です。また、日差しが弱いので、帽子やサングラスなどはあまり必要ありません。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥36,575 (2024/02/24 08:29時点 | Amazon調べ)

パキスタンでの服装の注意点

パキスタンでは、一部の地域では女性が頭を覆うことが義務付けられています。例えば、モスクや霊廟などの宗教施設に入るときや、保守的な地域を訪れるときは、頭を覆う必要があります。

その場合は、スカーフやショールで頭から顎まで覆いましょう。

また、パキスタンでは気温が高くなることが多いので、熱中症に注意する必要があります。

水分補給をこまめに行い、日焼け止めや帽子などで日差しを避けるようにしましょう。

また、汗をかくと肌荒れやかぶれの原因になりますので、綿や麻などの天然素材の服を着ると快適です。

スポンサーリンク

パキスタン旅行の服装まとめ

パキスタン旅行では、服装に気をつけることが大切です。特に女性は全身を覆うような服装を心がけましょう。また、気温や日差しにも注意して、快適な旅行を楽しみましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました