‎ONOAYO「ONO2」レビュー

おすすめのプロジェクター家電
スポンサーリンク

テレビの高額な費用や小さな画面に不満を持つ方、スマートフォンだけでは映画鑑賞や学習が制限される方に朗報です。

ONOAYOの「ONO2」プロジェクターが新しい魔法の暮らしを約束します。

ネイティブ1080P解像度や電動フォーカス機能、Wi-Fiなしでも瞬間ミラーリングなど多彩な特長が光る、高品質なプロジェクターにご注目ください。

テレビの費用が高く、画面が小さいと、部屋で映画を楽しむのは難しいですよね。

子供たちはスマホの画面ばかり見て目が悪くなる心配もあります。

また、スマホの画面ではヨガやダンスの動画を学ぶには小さすぎると感じることもあるかもしれません。

そこで、ONOAYO「ONO2」と一緒に、新しい映画鑑賞体験を楽しんでみませんか?

スポンサーリンク

通販大手のアマゾンでは、生活がお得になるAmazonプライムが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。

Amazonプライム
\ 30日間、無料で読み放題できる /

‎ONOAYO「ONO2」レビュー

項目スペック
WiFi周波数5G&2.4G
アスペクト比4:3/16:9/自動
キーストーン台形補正±15
コントラスト比12000:1
サイズ21×19×9 cm
ズーム機能100%-75%
ランプ寿命約120000時間
解像度1920×1080P
取り付けタイプ井取付/三脚/天井
重量1.29kg
投影サイズ43-350インチ(120インチを推奨)
投影距離1.15-9m(2.3mを推奨)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0C3C2GJ15をもとに作成

サイズは21×19×9センチメートル、重量は1.29キログラムです。

ONOAYO「ONO2」は、高解像度の映像をサポートし、アスペクト比は4:3、16:9、または自動設定で使用できます。

ONOAYO「ONO2」の投影サイズは最小で43インチから最大で350インチまで調整できますが、推奨サイズは120インチです。

ズーム機能により、画像のサイズを100%から75%まで変更できます。

17,000ルーメンという驚異の明るさ!

製品の説明欄によると、このプロジェクターは17,000ルーメンという驚異の明るさを誇ります。

1万ルーメンを超えると、電気を付けた状態でも、わりと明るく映るので、だいたい1万ルーメンが目安になるかなと思っていますが、このプロジェクターは17,000ルーメンなので、部屋をある程度暗くしなくても綺麗に映るのがメリットです。

実際、このプロジェクターを友人が使っていますが、明るい部屋でも映ると言ってるので、17,000ルーメンというのは、信憑性ある数字なのかなと思います。

中華メーカーの場合、値を盛っていたりすることがありますが、このメーカーは商品説明欄でもわりと正直に書いているような印象なので、このルーメンについても本当なのかもしれません。

ちなみにルーメンとANSIルーメンという2種類がありルーメンというのは、各社各々独自に値を出している可能性があるので、ANSIルーメンに比べて信憑性が低かったりすることが考えられますが、そうであったとしても17,000ルーメンという値が、ガクンと小さい数字になるということは考えにくいでしょう。

台形補正機能

±15°の台形補正機能を備えており、映像を自由に調整できます。

キーストーン台形補正を使用して、画像の傾きを±15度まで調整できます。

この価格帯のプロジェクターは、スクリーンに対して真正面に設置するのが望ましいと考えます。

スクリーンに対して真正面ではなく、斜め前に置くと ピントが合う部分と合わない部分が出てくるためです。

そのため、スクリーンに対して真正面から投影するのが望ましいでしょう。

ランプ寿命は長い

ランプ寿命は約120,000時間であり、取り付けタイプとしては、井戸取り付け、三脚、天井取り付けのいずれかを選択できます。

また、電球の寿命は約12,000時間で、1日8時間使用すると約40年間使用できます。

コントラスト比は12,000:1なので、鮮明な映像が楽しめる

ONOAYO「ONO2」のコントラスト比は12,000:1です。

コントラスト比が12000:1というのは、この価格帯でも良い部類でしょう。

フルHDに対応で、高輝度で映像を楽しめる!

市販のプロジェクターは解像度の不正表示が問題になることがあります。

よくあるのが4K対応(4Kサポート)と書かれているパターンで、てっきり4Kの綺麗な映像を楽しめるのかと思いきや、4Kの映像を取り込めるよというだけで、映像は荒いというのはあるあるです。

混同させるために紛らわしい表現を使っているメーカーが存在したりします。

しかしながら、ONOAYO「ONO2」はDMDチップの規格を偽っていません。

0.33DMDのプロジェクターは通常720P解像度ですが、ONOAYO「ONO2」の0.47DMDチップはネイティブ1080P解像度に対応しています。

つまり、フルHDに対応しているわけです。

高い解像度により、リアルな映像体験が可能で、他のプロジェクターよりも画質が2.25倍向上します。

商品説明欄を見た感じ、混同させる書き方ではなく、正直に説明しているなというところは好印象です。

電動フォーカスで設定が便利

ONOAYO「ONO2」は電動フォーカス機能を備えており、リモコンでフォーカスや音量の調整が可能です。

プロジェクターを設置した後も、くつろいで映画を楽しむことができます。

手軽に映画鑑賞を楽しめる素晴らしい機能です。

手動でピントを合わせるのは手間なので、電動フォーカスは便利です。

Wi-Fiなしも2.4G/5GWi-Fiも瞬間ミラーリング

ONOAYO「ONO2」は、WiFi周波数の5Gと2.4Gをサポートしています。

ONOAYO「ONO2」は二つのミラーリング方式をサポートしているので、余分なケーブルやアダプターを購入する必要がないのもメリットです。

Wi-FiなしでもP2Pミラーリングを利用すれば、無線LAN・Wi-Fi通信環境がなくてもお手持ちのデバイスからプロジェクターに映像を投影できます。

また、2.4G/5G Wi-Fiミラーリングを使えば、お持ちのデバイスとプロジェクターを家庭ネットワークに繋げて映像を共有できます。

有線ケーブルが無くてもデバイスと接続できるのは魅力的ですね。

2.4Gの周波数域は、電子レンジ等を使用しているとその影響を受けやすいと感じています。

なので、動画や映画を観ている時に電子レンジを使用したい時等は、5Gに切り替えてみるのも良いでしょう。

知り合いがこのプロジェクターを使っていますが、「ミラーリング機能がすごく便利!」と語っていました。

頻繁にプロジェクターを使う場合、ケーブルを繋いだりするのは非常にストレスになったりもするので、無線でタブレットの画面をミラーリングできるのは非常に便利のようです。

Bluetooth搭載で無線接続ができる

高品質の5W磁気ハイビジョンスピーカーを内蔵し、迫力ある立体音質を楽しめます。

さらに、Bluetooth 5.2に対応しており、市販のBTスピーカーやワイヤレスイヤホンと接続して映像と音声を一体化できます。

Bluetooth 5.3が最新の規格です(執筆時)が、Bluetooth 5.2も同じ5であるため、悪くはなく、むしろ良い部類です。

一流の映画鑑賞体験を音響環境で楽しめます。

MEMCモーションエスティメーション

高性能なチップとアルゴリズムにより、80%の画面残像を取り除くことが可能のようです。

それにより、ゲームやスポーツ観戦などでも滑らかな画面で楽しむことができます。

カラーバランスが向上した

ONOAYO「ONO2」は画面の色彩バランスを向上させるために、1677万色のカラーエンジンや27種類のカラー強化技術、NTSCカラーガムット95%以上、HDR10カラー再現を採用しているようです。

光学ガラスレンズにより、画面の微細なテクスチャをリアルに再現し、自然な色彩を楽しむことができるのがメリットです。

200個のハイライト電球搭載

液晶パネルの解像度と電球の数が画面の明るさを決める重要な要素です。

ONOAYO「ONO2」は新型4寸1080P仕様の液晶パネルを採用し、明るく高品質な映像を提供します。

200個のハイライト電球で画面を明るく照らし、まるでカバンの中に映画館を持ち運ぶような体験ができます。

投影距離

投影距離は1.15メートルから9メートルまで調整可能であり、推奨距離は2.3メートルです。

その際の投影サイズは、43~350インチです。2.3mから投影すると、120インチとなり、120インチがオススメのようです。

最小距離が1.15mから投影できるのも魅力的です。

1.15mの距離から投影すると、43インチで映せます。

1.15mは部屋の真ん中あたりという方もいらっしゃることでしょう。

その場合で43インチ(約109.2㎝×約53.5㎝)です。

中には0.8mから投影できるプロジェクターもあるので、それと比べると長めですが、プロジェクター全体で見ると短い部類ではないでしょうか。

革新的な技術

ONOAYO「ONO2」は人間工学に基づいたデザインで、スマートフォンのミラーリング中に信号源を切り替えても、手順を最初からやり直す必要がありません。

スムーズな操作で快適な映画鑑賞が可能です。

家族と一緒に楽しむのもアリ

家族と一緒にいるときは、家庭内で映画館のような雰囲気を楽しめます。

一人の時間もより充実したものになります。

ONOAYO「ONO2」があれば、毎日の生活がより楽しく、充実したものになることでしょう。

収納にも便利で、簡単に設置できます。

スポンサーリンク

‎ONOAYO「ONO2」レビューまとめ

ONOAYO「ONO2」プロジェクターは高い解像度や優れたフォーカス機能、簡単なミラーリングなど、画質と使いやすさを両立した優れた製品です。

美しい映像と立体的な音質が迫力ある映画体験を約束し、家族や友人と共有する楽しみを提供します。

手軽に設置できる特級品の電球と台形補正機能も魅力で、快適な映画鑑賞をサポートします。

ONO2があれば、日常の生活が一層充実したものになることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました