PR

ミャンマー旅行の注意点

ミャンマー旅行の注意点 旅行
スポンサーリンク

ミャンマーは東南アジアに位置する国で、仏教文化や自然の美しさが魅力の観光地です。しかし、ミャンマーに旅行する際には、政治的な状況や治安、感染症などのリスクに注意する必要があります。

ここでは、ミャンマー旅行に行く前に知っておきたいことを紹介します。

スポンサーリンク

ミャンマー旅行の注意点

ミャンマーは東南アジアにある国で、仏教文化や自然の美しさが魅力の観光地です。しかし、ミャンマーに旅行する際には、日本とは異なる習慣や法律、治安などに注意する必要があります。この記事では、ミャンマー旅行の注意点を紹介します。

ビザやパスポートの準備

ミャンマーに入国するためには、ビザかe-VISA(電子査証)が必要です。

日本人は、観光目的であれば、電子ビザ(e-Visa)をオンラインで申請することができます。

e-Visaは、申請から承認まで約3日程度かかります。承認されたら、e-Visaの承認書を印刷して持参する必要があります。e-Visaの有効期間は発給日から90日間で、一回の滞在は最大28日間です。また、パスポートの有効期限は入国時に6か月以上残っている必要があります。査証頁も2ページ以上残っていることが条件です。

ワクチンや健康管理

ミャンマーでは、マラリアやデング熱などの感染症が発生しています。そのため、旅行前に必要なワクチンを接種することが推奨されます。特に、日本では定期的に接種しないワクチンとして、A型肝炎やB型肝炎、破傷風などがあります。

また、旅行中は、蚊に刺されないように虫除けスプレーや長袖の服装を着用することや、水や食べ物に気を付けることが重要です。水はボトルウォーターを飲むか、沸騰させてから飲むようにしましょう。食べ物は生ものや露店のものは避けて、火が通っているものを選びましょう。

政治的な状況や治安

ミャンマーでは、2021年2月1日に軍事クーデターが発生しました。それ以降、民主化を求めるデモや抗議活動が続いており、治安が悪化しています。

日本政府は、ミャンマーへの渡航を特段の理由がない限り控えるように呼びかけています。また、現地ではインターネットや電話などの通信手段が断たれることもあります。

旅行中は、常に最新の情報を入手し、デモや暴動などの場所から離れるようにしましょう。また、現地での日本人への支援体制も十分ではありません。万が一の場合に備えて、海外旅行保険に加入することや、在留届を提出することも忘れずに行いましょう。

服装やマナーについて

ミャンマーは熱帯気候で暑く湿度が高いので、涼しい服装がおすすめです。しかし、仏教寺院や政府機関などでは、肩やひざを露出した服装は失礼とみなされます。

特に女性は、長袖やロングスカートなどを着用するか、ショールやサロンなどで体を覆うようにしましょう。

また、靴や靴下を脱いで裸足になる場所も多いので、サンダルやスリッパなど脱ぎ履きしやすい靴が便利です。靴を脱ぐ際には、靴底を上に向けないように気をつけてください。靴底は不浄とされており、相手に不快感を与える可能性があります。

通貨や両替について

ミャンマーの通貨はチャットと呼ばれるもので、1チャットは100ピアサに分かれます。チャットは紙幣と硬貨がありますが、硬貨はほとんど使われません。

紙幣は10チャットから10,000チャットまでありますが、10チャット以下の紙幣は破れたり汚れたりしていることが多く、受け取られないこともあります。また、高額紙幣も偽札が多く流通しているため、注意が必要です。

両替は空港や銀行、ホテルなどで行えますが、レートは場所によって異なります。一般的には空港よりも銀行の方がレートが良いと言われています。両替する際には、パスポートの提示が必要です。また、両替したチャットは日本円に戻すことができませんので、余った分はお土産や寄付などに使い切るようにしましょう。

治安や緊急時の対処について

ミャンマーは日本と比べて治安が悪いと言われています。特に夜間や人気のない場所では、強盗やひったくりなどの犯罪に遭う可能性が高くなります。

貴重品やパスポートなどはホテルのセーフティボックスに預けるか、身につけて持ち歩くようにしましょう。また、デモや暴動などの社会不安が発生することもありますので、日本大使館や現地の情報に注意してください。

緊急時には、日本大使館や領事館に連絡するか、現地の警察や救急車に助けを求めることができます。

スポンサーリンク

ミャンマー旅行で気を付けること

ミャンマーは東南アジアに位置する国で、仏教文化や自然の美しさが魅力の観光地です。しかし、ミャンマーには日本とは異なる習慣や法律、治安の問題などがあります。

ミャンマー旅行で楽しく安全に過ごすためには、事前に気を付けることを知っておく必要があります。この記事では、ミャンマー旅行で気を付けることを以下の目次に沿って紹介します。

通貨や支払い

ミャンマーでは現地通貨であるチャットと米ドルが使われています。チャットは空港や銀行で両替することができますが、米ドルは事前に用意しておく必要があります。また、米ドルは新札でないと受け付けられない場合が多いので注意しましょう。支払いは基本的に現金で行われますが、一部のホテルやレストランではクレジットカードも使えます。

クレジットカード

しかし、手数料が高かったり、カード情報が盗まれたりするリスクもあります。できるだけ現金で支払うようにしましょう。

交通や治安

ミャンマーでは日本とは逆に左側通行です。また、道路状況や交通ルールはあまり整備されていません。そのため、自分で運転することはおすすめできません。

タクシーやバスなどの公共交通機関を利用しましょう。ただし、料金や行き先などは事前に確認しておく必要があります。治安に関しては、大きな事件や事故は少ないですが、スリやひったくりなどの犯罪は発生しています。貴重品は身につけずにホテルの金庫に預けたり、分散して持ち歩いたりしましょう。夜間や人気のない場所は避けて、常に周囲に注意しましょう。

ミャンマー旅行の注意点まとめ

ミャンマー旅行で気を付けることを紹介しました。ミャンマーは日本とは異なる文化や環境がありますが、それだけに魅力的な国でもあります。事前に準備や注意をしておけば、ミャンマー旅行は楽しく充実したものになるでしょう。

ミャンマー旅行は、準備と注意を怠らなければ、素晴らしい体験ができるでしょう。ミャンマーの人々は親切で温かく、笑顔で迎えてくれます。ミャンマーの魅力を存分に楽しみましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました