衝撃を受けた曲ベスト14【邦楽編】

衝撃を受けた曲 邦楽

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、衝撃を受けた曲個人的ベスト14(邦楽編)、というテーマでお送りします。

 

僕は中学生の頃から音楽を聴いてきました。その中で、衝撃的な邦楽に数々出逢いました。

そんな衝撃的な曲を発表します!

14曲に絞るのはなかなか難しいですが、でも、決めることにしました!

今後の人生の中で変動するかもしれませんが、その時はまた更新します。

 

この記事は以下のような方におすすめです!

  • 衝撃を受けた曲を知りたい!
  • 衝撃的な曲を知りたい!

 

衝撃的な曲(邦楽編)

mohamed_hassan / Pixabay

衝撃的な曲(邦楽編)です!早速発表します!

1.Mr.Children 「NOT FOUND」

Mr.Children 「NOT FOUND」です!

大井競馬場近くで撮影されたPVがカッコいいです!

桜井さんが30歳の時に作った曲です。僕と同じ歳に産み出したことが凄いなと思い、それが衝撃的でした

 

 

曲が好きすぎて、PVロケ地へ行ったこともあります!(笑)

 

2.井上陽水 「最後のニュース」

友人に勧められて聴いた曲で、最初に聴いた時は、「日本にこんな曲があるのか!」とビックリし、衝撃的でした。

僕はそれまで、井上陽水の曲は全然知りませんでしたが、この曲をきっかけにして色々知るようになりました。

語り口調で唄う部分や、メッセージ性の強い歌詞に大変驚きました。歌詞が衝撃的な曲ですね。

そして、サビは、ボブ・ディランの「風に吹かれて」のように、あえて結論を断言していない所も最高だなと思いました。

 

今 あなたにGood-Night

ただ あなたにGood-Bye

 

引用:井上陽水「最後のニュース」

 

 

その後、フジロックへ行き、井上陽水のライブを観たことは、良い思い出になっています!

 

3.Zazen Boys 「Himitsu Girl’s Top Secret」

Zazen Boysの「Himitsu Girl’s Top Secret」ですが、これは演奏が衝撃的です。

キング・クリムゾンのような曲ですね。

キング・クリムゾンのアルバム『ディシプリン』に収録されていてもおかしくないような曲です。

 

歌詞中の「秘密がある」と「秘密ガール」が言葉遊びとなっています。

キング・クリムゾンの「エレファント・トーク」の言葉遊びを彷彿とさせます。

 

変拍子ですが、完璧に演奏している所が圧巻です。

僕は生のライヴを観たことがあります(ベイキャンプ2018)が、外すことなく見事に演奏されていました!

 

4.電気グルーヴ  「Smoky Bubbles」

夢の中の世界に吸い込まれそうになる、幻想的な曲です。

途中で野菜?をかじっている音が入っていますが、あれは何なんだろう・・・?

詳しい方、是非教えて下さい(^^;

 

※YouTubeには公式動画がありませんでした。

 

5.YMO「CUE」

YMOの中で最も好きな曲の1つです!

僕はデヴィッド・ボウイが好きなのですが、高橋さんはボウイのような歌い方をしているので良いです(≧∇≦)/

 

 

6.YMO 「LOOM」

こんなに幻想的なインストゥルメンタルがあったのか!と衝撃を受けました。

この曲は、音階が無段階に変化する、無段音階となっています。

水がポタポタ落ちる音だと思いますが、それが変拍子になっているところも洒落ています。

 

7.ASIAN KUNG-FU GENERATION 「新世紀のラブソング」

歌詞が強烈に刺さった曲です。歌詞とラップ口調の歌い方が衝撃的だった曲です。

日本語とロックは、相性が悪いということは、日本語ロック論争が勃発したころから言われてきたことですが、ラップ調に歌い上げることが解決策の一つかもしれません。

ラップ調で歌い上げれば、情報を詰め込んでメッセージ性のある曲に仕上げることができることをこの曲から学びました。

 

8.DECO*27 「愛言葉 (feat. 初音ミク)」

ボーカロイドが唄うことが衝撃的でした。

紅白にソロで出場する時代が来るかもしれません。

 

9.サカナクション 「目が明く藍色」

クイーンの「ボヘミアン・ラプソディー」のようなロックオペラな曲です。

 

山口一郎さんは、様々な音楽を聴いてこられていると思うのですが、その中でイギリスのプログレッシブ・ロックにも精通している(と思う)ので、プログレっぽい曲を作っても、全然不思議ではないですね!

 

完成度は半端なく高く、最高点を付けたい1曲です。

曲の構成が衝撃的な曲です。

 

冒頭の儚い感じを聴くと、僕も泣きそうになります。

制服のほつれた糸 引きちぎって泣いた

変われない僕は目を閉じたまま また泣いた

 

引用:サカナクション「目が明く藍色」

 

 

関連記事:

サカナクションのおすすめシングル曲ベスト10

 

 

10.ザ・ブルーハーツ 「青空」

NHKに出演した際の、パフォーマンスが衝撃的でした。

 

不規則に体を揺らしながら、リズム通りに完璧に歌っているのが凄いと思ったためです。

セックス・ピストルズのテレビ初登場の時の映像並みの破壊力があるなぁと思いました。

パンクロックだ!

 

 

11.Zazen Boys「暗黒屋」

またまたZazen Boysの曲を選びました!

Zazen Boysは、演奏が衝撃的です。

アルバム『すとーりーず』に収録されています。このアルバムは傑作です。

 

 

ミュージック・マガジンの『ベストアルバム2012 ロック(日本)部門』で、1位に選ばれたアルバムなので、1曲ずつの個性が非常に強いです。

この曲もキング・クリムゾンのような雰囲気を持った曲だと思っていて、めちゃカッコいいです!

 

 

12.中島みゆき 「ファイト!」

中島みゆきさんの「ファイト!」という曲は、歌詞が衝撃的ですね。

 

あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんのやと書いた

女の子の手紙の文字は とがりながらふるえている

 

引用:中島みゆき 「ファイト!」

↑冒頭の歌詞からいきなり衝撃を受けました。

本当のエピソードを歌詞にしたようですが、生々しい雰囲気がそのまま歌詞になっています。

歌詞の一部に方言が使われていることや、口語が多く使われているところも、リアルに感じる要素になっているのでしょうか。

 

ライブで中島みゆきさんが力強く歌い上げる姿も、カッコいいです。

変幻自在に声を操っていて、表現の幅が広い所も、衝撃を受けました!

 

 

※YouTubeでは公式動画はありませんでした。そこで、僕がカッコいいと感じたカバー版を貼らせていただきます。

 

13.P-MODEL「美術館で会った人だろ」

1979年に発売された、アルバム『IN A MODEL ROOM』に収録されている曲です(1曲目)。

テクノなメロディーがとても印象的な曲です。今でこそテクノは当たり前な時代になりましたが、1979年という年代を考えると、かなり斬新だったと思います。

歌詞は少し不気味な怖さもある曲と言えます。

1979年に発売という、リリースされた年に衝撃を受けました!

 

あんたと仲よくしたいから
美術館に 美術館に 美術館に
火をつけるよ

 

引用:P-MODEL「美術館で会った人だろ」

 

※YouTubeでは公式動画はありませんでした。

 

14.銀杏BOYZ「駆け抜けて性春」

2005年リリースのアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』に収録された曲です。

原曲は、GOING STEADY のシングル『HOLiDAYS & GOING STEADY 』に収録されていますが、今回は、銀杏BOYZ版を選びました。

JUDY AND MARYの元ボーカリスト、YUKIとのコラボ曲です。日本にも超パンクな曲があるんだ!と衝撃を受けました。まさに、セックス・ピストルズのような激しさを持った曲です。

 

衝撃を受けた曲(洋楽編)

衝撃的な曲(洋楽編)です!早速発表します!

ジョン・ケージ「4’33″」

この曲は、4分33秒間、無音という、斬新な曲です。

 

トーキング・ヘッズ 「ワンス・イン・ア・ライフタイム」(Talking Heads – Once in a Lifetime)

トーキング・ヘッズは、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」では、第100位です。

ボーカルのデヴィッド・バーンが痙攣するパフォーマンスをするのですが、それが衝撃でした。

この曲が収録されているアルバム『リメイン・イン・ライト』も良い意味でぶっ飛んでいてカッコいいです!

 

※YouTubeには公式動画がありませんでした。

キング・クリムゾン 「エレファント・トーク」(King Crimson – Elephant Talk)

歌詞が、A→B→C→D→E(エレファント・トーク)の順番になっているという、斬新な曲です。

 

ちなみに、邦楽だと、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「All right part2」という曲は、歌詞が50音順になっています。

 

※YouTubeには公式動画がありませんでした。

 

Pink Floyd (ピンク・フロイド) – On the Run

どうやって作ったんだ!?というのが真っ先に出た感想でした。

僕はDTMをやっていますが、さっぱり作り方が分かりません。天才だと思います。曲作りに衝撃を受けた曲です。

 

※YouTubeには公式動画がありませんでした。

John Lennon & Yoko Ono John & Yoko

約23分間、「John」、「Yoko」と呼び合う曲です。その斬新さが衝撃的でした。

 

※YouTubeには公式動画がありませんでした。

 

衝撃的な曲を探したい場合

衝撃的な曲を探したい場合は、聴き放題サービスを使う事で、様々な曲を聴くことが可能です。

 

「Amazon Music Unlimited」ならば、30日間無料体験をすることができますので、こちらもオススメです!

 

最後に

この他、衝撃的な曲を御存知でしたら、是非教えて下さい(≧∇≦)/

 

こんな記事も読まれています:

【永久保存版】音楽フェスの服装(春、夏)と必需品持ち物リスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました