PR

MR. BIGのおすすめアルバム10選

スポンサーリンク

MR. BIGは1988年に結成されたアメリカのロックバンドです。ハードロック、ポップス、ブルースなど様々なジャンルの要素を取り入れた音楽性と、高い演奏技術で人気を博しました。

日本でも多くのファンを持ち、数々のヒット曲を生み出しました。今回は、MR. BIGのおすすめアルバム10選を紹介します。

今回は、ナイン・インチ・ネイルズのおすすめアルバム9選を紹介します。

洋楽の歴史的名盤に詳しくなりたいという方は、『死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム』という書籍をチェックするのもおススメです。電子書籍版もあるので、かさばらず便利です。

Amazon-Music-Unlimited無料体験

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /
スポンサーリンク

MR. BIGのおすすめアルバム10選

Mr. Big (1989)

MR. BIGのデビューアルバムです。バンドの原点とも言える作品で、ハードでキャッチーな曲が満載です。シングルカットされた「Addicted to That Rush」や「Big Love」は、MR. BIGの代表曲として知られています。また、「Rock & Roll Over」や「Merciless」など、ブルージーなナンバーも見逃せません。

Lean into It (1991)

アーティスト:MR. BIG
¥3,889 (2024/02/19 01:25時点 | Amazon調べ)

MR. BIGの2枚目のアルバムで、最大のヒット作となりました。ポップさとハードさのバランスが絶妙な作品で、世界的に有名なバラード「To Be with You」や、「Green-Tinted Sixties Mind」、「Just Take My Heart」などの名曲が収録されています。また、「Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song)」では、エレキドリルを使ったギターとベースのユニゾンが見事です。

Bump Ahead (1993)

MR. BIGの3枚目のアルバムです。前作よりもハードロック色が強くなった作品で、パワフルでエネルギッシュな曲が多くあります。「Colorado Bulldog」や「The Whole World’s Gonna Know」は、ライブでも盛り上がる曲です。また、「Wild World」はキャット・スティーヴンスのカバーで、MR. BIGらしいアレンジが施されています。

Hey Man (1996)

MR. BIGの4枚目のアルバムです。

前作に比べてポップさが増した作品で、メロディアスで聴きやすい曲が多くあります。「Take Cover」や「Goin’ Where the Wind Blows」は、美しいコーラスワークが魅力的です。また、「Mr. Gone」や「The Chain」は、ブルースロック調の曲で、ギタリストのポール・ギルバートとベーシストのビリー・シーンのテクニックが光ります。

Get Over It (1999)

MR. BIGの5枚目のアルバムです。ポール・ギルバートが脱退し、リッチー・コッツェンが加入した最初の作品です。リッチー・コッツェンの影響で、ファンクやソウルなどの要素が加わった作品です。「Superfantastic」や「Shine」は、ポップでキャッチーな曲です。また、「Static」や「Dancin’ with My Devils」は、グルーヴィーでカッコいい曲です。

6. Actual Size (2001)

MR. BIGの6枚目のアルバムです。前作に引き続きリッチー・コッツェンが参加した作品です。前作よりもロック色が強くなった作品で、パワフルでダイナミックな曲が多くあります。

「Shine」の続編とも言える「Shine (Acoustic)」や、「Suffocation」は、感動的なバラードです。また、「Wake Up」や「Arrow」は、エッジの効いたロックナンバーです。

What If… (2011)

MR. BIGの7枚目のアルバムです。ポール・ギルバートが復帰し、オリジナルメンバーで制作された作品です。MR. BIGの原点に立ち返った作品で、ハードでキャッチーな曲が満載です。

「Undertow」や「American Beauty」は、MR. BIGの魅力が詰まった曲です。また、「As Far as I Can See」や「Around the World」は、テンポの速い曲で、演奏技術が際立っています。

…The Stories We Could Tell (2014)

MR. BIGの8枚目のアルバムです。前作に引き続きオリジナルメンバーで制作された作品です。前作よりもポップさが増した作品で、メロディアスで聴きやすい曲が多くあります。「Gotta Love the Ride」や「The Monster in Me」は、ポップロック調の曲です。また、「Just Let Your Heart Decide」や「Fragile」は、美しいバラードです。

Defying Gravity (2017)

MR. BIGの9枚目のアルバムです。前作に引き続きオリジナルメンバーで制作された作品です。前作よりもハードロック色が強くなった作品で、パワフルでエネルギッシュな曲が多くあります。「Open Your Eyes」や「1992」は、MR. BIGらしい曲です。また、「Be Kind」や「Forever and Back」は、感動的なバラードです。

Live from Milan (2018)

MR. BIGの10枚目のアルバムで、ライブアルバムです。2017年にイタリアのミラノで行われたライブの模様を収録した作品です。MR. BIGの代表曲から新曲まで、幅広い楽曲が披露されています。ライブならではの臨場感と迫力が感じられる作品です。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
音楽
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました