おすすめのモバイルバッテリー11選【2020年】

家電
スポンサーリンク

こんにちは、原文パパです。

今回は、おすすめのモバイルバッテリー11選【2020年】 、についてです。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

・おすすめのモバイルバッテリーと選び方を知りたい!

スポンサーリンク

モバイルバッテリーのメリット

モバイルバッテリーを持っていることで、バッテリーが切れて、「写真が撮れない!」、「スマートフォンが使えない」といったトラブルを回避できます。

地震・停電等に対する、防災グッズとして持っておくのもオススメです。

モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーの選び方をご紹介します。

容量

モバイルバッテリーの容量の選び方は以下のような目安があります。

容量充電の回数目安
5,000mAhスマートフォン約1回分
10,000mAh前後スマートフォン約2回分
20,000mAh~スマートフォン複数回分
大型タブレット約1回分

用途に合ったモバイルバッテリーの容量を選ぶと良いかと思います。

個人的には、最低5000mAh以上のモバイルバッテリーを選ぶのがオススメです。スマートフォンに約1回分充電できる容量であるためです。

重量

容量が大きいモバイルバッテリーは、1回の充電で何回も使用でき便利ですが、重量は重いので、注意が必要です。

ご自宅に、重量の分かる物がある場合は、それを手に持って重量を確認しておくこともおすすめです。

重量の分かる物はない場合は、卵を持ってみる方法もあります(ご自宅に卵がある場合に限ります)。

卵1個の重さは約60gですので、ご購入前に目安とされるのも良いかと思います。

PSEマーク

PSEとは、電気用品安全法のことです。

現在、モバイルバッテリーには「丸型PSEマーク」の表示が義務化となっています(2019年2月1日~)。

そのため、PSEマークの無い昔のモバイルバッテリーを選ぶのは避けた方が良いです。

USBポート数

モバイルバッテリーのUSBポート数とは、USBケーブルを何個刺せるかの数で、USBポート数が1の場合は、USBケーブルを1つしか差せません。

同時に充電したい機器がある場合は、USBポート数が多いモバイルバッテリーがおすすめです。

PowerIQ

「PowerIQ」は、Anker(アンカー)というメーカーの独自技術です。それにより、ほとんどのUSB機器に対し、最適なスピードで充電が可能です。

USB Power Delivery (USB PD)

ノートパソコン、スマートフォン、タブレットなどがUSB Power Delivery (以下USB PD)に対応している場合、充電する時間を短縮することが可能です。

USB PDは新しい規格であり、最近はそれに適応した製品も増えてきています。

お持ちの機器がUSB PDに対応しているかどうかを確認しておきましょう。また、USB PDに対応している場合でも、ワット数が合わない場合もあるので、ワット数も確認しておきましょう。

その他

モバイルバッテリーの類似品として、急速充電器が挙げられます。

モバイルバッテリーと形が似ているので間違えやすいですが、急速充電器はモバイルバッテリーの機能はないため、コンセントに刺していない状態だと、機器を充電できません。

モバイルバッテリーには、容量が書かれています。そのため、選ぶ際は要量の記載があるかやモバイルバッテリーの表記があるかを確認すると良いと思います。

旅行時のモバイルバッテリーの選び方

続いて、旅行時のモバイルバッテリーの選び方をご紹介します。

容量と重量

どれくらいの容量が必要かは、使い方によって変わります。大は小を兼ねるわけですが、大きいと重くなる傾向があり、さらには飛行機への持ち込み制限もあるため、妥協点を見つける必要があります。

1日1回必ずモバイルバッテリーを充電できるという場合は、充電するまでにどれくらい機器を使用するかによって容量を決めれば良いでしょう。例えば、スマートフォンを日中に2回充電したい場合は、スマートフォンを2回充電できる容量が必要です。

1日の終わりに例えばホテルなどで、機器を充電する数が多い場合、挿し口の問題もあり、モバイルバッテリーが毎日充電できないという場合が僕はありました(持って行くコンセントの数を増やせば解決する話なのですが)。

1日の終わりに何個の機器をコンセントから充電するかと、コンセントには何個挿し口があるかを考え、毎日充電する機器の数を決定しましょう。その上で、モバイルバッテリーの容量を決定するのが良いかと思います。

個人的には、スマートフォンを3~4回充電できるものが好きです。

僕の持っている13000mAhのモバイルバッテリーの場合、iPhone XS(バッテリー容量:2658mAh)を約3.4回充電できるようです。

電子機器が電池切れになると死活問題に関わるので、容量は大きい方が安心と思っています。但し、僕の使用している13000mAhのモバイルバッテリーは、約260gとわりと重いですが、それ以上の容量のものだと、さらに重いので要注意が必要です。旅行時は軽さも重要なので、容量と重量のバランスを考えた上で決定するのが良いでしょう。

飛行機に乗る際は、持ち込める容量の上限に注意

リチウムイオン電池のモバイルバッテリーの場合、160Wh(≒43243mAh)を超えると、機内持ち込み禁止でかつ預け荷物にもできない場合がほとんどですので、ご注意下さい。航空会社の規定により、上限値が異なる場合がありますので、最新情報をご確認下さい。

充電時間

充電時間が長すぎるものは注意です。中には20時間かかるものもありますが、あまりお勧めできません。モバイルバッテリーの充電時間は短ければ短い方が良いでしょう。せいぜい、自分が寝ている間(6~8時間)に充電完了となるものを選ぶのがオススメです。

充電ランプ

残量ランプが搭載されているタイプだと、残りの充電できる回数の目安が分かるため、安心もでき、良いです。充電しようと思ってモバイルバッテリーが空だった場合、最悪なので、それを防ぐ意味で残量ランプが搭載されているタイプを選ぶと良いでしょう。

旅行時のモバイルバッテリーの選び方: 充電ケーブルの長さ

純正品のケーブルとして、約60cmのケーブルが付いていました。スマートフォンをモバイルバッテリーで充電しつつ、モバイルバッテリーはカバンなどに入れる場合は、ギリギリの長さです。

但し、ケーブルが長いと、充電時間が長くなるという意見もあります。ケーブルが長くなるほど電流が低下するためです。そのため、充電ケーブルの長さは1m以内が良いという意見も見かけます。

<注意点> 飛行機にて、持ち込み制限あり

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

モバイルバッテリーのおすすめメーカーを解説します。

アンカー(Anker)

Anker(アンカー)は、急速充電器、モバイルバッテリーなどを扱っているブランドです。

Google出身の人達によって2011年に設立されたブランドです。モバイルバッテリーと言えばアンカーと言う人もいるくらい、信頼性は高いブランドと言えるでしょう。

Ankerは、「全米No.1 USB充電機器ブランド」と言われています。「最先端技術よる高速かつ安全な充電」と「3000万人以上が支持する信頼の品質」がブランドの売りとなっています。

cheero(チーロ)

cheero(チーロ)は、大阪に本社をおくティ・アール・エイ㈱という会社のブランド名です。

TRA株式会社は、創業30年を超えるメーカーです。cheeroは2011年に誕生したブランドです。

おすすめのモバイルバッテリー

おすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。

※付属品、スペックは、Amazonで販売されているモデルの場合です。内容や数値が変更されている可能性もあるため、ご購入される前に、サイトにてご確認下さい。

Anker PowerCore Fusion 5000

参考価格¥2,399
容量5000mAh
重量189 g
USBポート数2
その他PowerIQ対応

Amazonでも人気がある、アンカーの、コンセントと一体になったモバイルバッテリーです。コンセント直差しで使用できる点が便利です。

アンカーの中でも大ヒット商品という人もいたります。コンセントと一体にしたのが傑作ポイントであり、ケーブルなしで充電可能な点は利便性がかなり高いです。物を減らしたい方にも便利です。

旅行の際にも便利と言えます。Ankerのモバイルバッテリーは人気が高いので、おすすめのモバイルバッテリーと言えます。

モバイルバッテリーとしてだけでなく、ACアダプターとしても使用できます。

コンセントに差すと、①ACアダプターとして、ケーブル先の機器を充電、②モバイルバッテリー本体の充電、という形で充電を行います。

Anker PowerCore 5000

参考価格¥1,899
容量5000(mAh)
重量約134g
USBポート数入力・出力それぞれ1つずつ
その他PowerIQ&VoltageBoostによるスピード充電

ポケットやカバンの中にしまいやすい、コンパクトなサイズです。スティック型なので、容量が小さいように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、5000mAhの大容量モデルとなっています。

円柱状のデザインを採用していることにより、同容量を比較した場合、世界最小のサイズを誇っています

サージ保護機能とショート防止機能を搭載しており、長期間に渡って安心して使用可能となっています。

Anker PowerCore Slim 5000

参考価格¥2,498
容量5000mAh
重量約118g
USBポート数入力・出力それぞれ1つずつ
その他サイズ:約126 x 64 x 10 mm
入力:5V = 2A
出力:5V = 2A
PowerIQによる急速充電

このモバイルバッテリーは、「とにかく薄いモバイルバッテリーが欲しい!」という方にオススメです。

厚さは薄いですが、容量は5000mAhありますので、通常の使用ならば問題ない容量です。

本体は薄いので、スマートフォンの後ろにくっつけて、充電しながら持ち歩くこともできます

シリコン製の外装が施されており、傷がつきにくい作りなのが特徴です。

デザインの優れた製品に与えられるレッドドット・デザイン賞に、選ばれている点も特徴です。

「PowerIQ」による急速充電が可能です。接続機器を自動認識し、機器に最適な速度で充電してくれます(最大2A)。

Anker PowerCore III Fusion 5000

参考価格¥3,590
容量5000mAh
重量176g 
USBポート数1
その他

Anker独自技術PowerIQ 3.0が新しくなっています。USB Power Deliveryとの互換性をさらに高めながら、Qualcomm︎ Quick Chargeなどの充電規格にも対応し、より多くの機器へのフルスピード充電ができます。


1台で2役のハイブリッド設計:モバイルバッテリーとUSB急速充電器を兼ね備えたPowerCore Fusion 5000の最新モデルです。

新たにUSB-Cポートを搭載した点がポイントです。USB PDへの互換性を高めたAnker独自の最新充電技術「PowerIQ 3.0 (Gen2)」を初めて搭載しています。


最大18Wのフルスピード充電によって、iPhone 11の場合、30分で最大50%まで充電可能です(USB-Cポート単体で使用した場合)。

また低電流モードも搭載しています。イヤホン等の小型電子機器やウェアラブル機器に最適な電流で充電を行えます。

USB急速充電器として使用しながら本体を充電することができます。そして、そのままモバイルバッテリーとして持ち歩くこともできます。折りたたみ式プラグで収納も簡単に行えます。

RAVPower 6700mAh

参考価格¥1,700
容量6700mAh
重量124g
USBポート数1
その他入力:5V/2A
出力:5V/2.4A
サイズ:9 x4 x 2.5 cm

テレビ番組「マツコの知らない世界」でも紹介された、超軽量の、旅行時に最適なモバイルバッテリーです。

本体は超軽量の124gであり、これはみかん約1個分です。「5200mAh以上のモバイルバッテリーでは最小・最軽量」です。旅行に最適なモバイルバッテリーと言えます。最小のモバイルバッテリーが良い!という方にオススメです。

最大2.4Aの出力なので、急速充電することができます。

18ヶ月の保証期間が設けられているのもメリットです。

cheero Power Plus 3 6700mAh

参考価格¥2,020
容量6700mAh
重量約130 g
USBポート数1
その他4段階のインジケーター搭載

手に納まるコンパクトなサイズのモバイルバッテリーです。iPhone6の場合、2.5回フル充電することができます。

接続されたデバイスを自動で認識するAUTO-IC機能搭載により、接続されたデバイスを自動で検知し、デバイスごとに最適な電流を流します。

充電時間は、約3時間30分と比較的速いのが特徴です(※別売りの2Aアダプタを使用した場合)。

自動停止機能も付いており、過充電時、過放電時、短絡化(ショート)時、発熱時には、自動停止するので、安全性も高められています。
あた、デバイス充電完了時には、自動停止する機能も搭載しています。

Anker PowerCore 10000

参考価格¥2,899
容量10000mAh
重量約180g
USBポート数1
その他サイズ:約92 x 60 x 22mm
出力:5V = 2.4A
入力:5V = 2A

Amazonの売れ筋ランキング1位のモバイルバッテリーです(2020年2月2日21時時点)。

レビュー数もかなり多いです。Amazonでの評価は4.3のため、満足度の高い製品であることが伺えます。

Anker PowerCore 10000 Redux

参考価格¥2,999  
容量10000mAh
重量約186g
USBポート数1
その他サイズ:約106 x 52 x 25mm
入力:5V / 2A
出力:5V / 2.4A

PowerIQ搭載

滑らかなマット素材と、電池残量を確認できるシックな青色のLEDライトを搭載しています。内部構造からデザインに至るまで、全ての箇所をプレミアム仕様に仕上げたコンパクトモバイルバッテリーです。

「低電流モード」を搭載しており、イヤホン等の小型電子機器やウェアラブル機器に最適な電流で充電することが可能です。

Anker独自の多重保護システムを採用しており、長期に渡って安心して使用可能です。

Anker PowerCore 15000 Redux

参考価格¥2,774
容量15000mAh
重量269 g
USBポート数2
その他PSE認証済、PowerIQ搭載、VoltageBoost搭載、低電流モード搭載

人気の高い、Anker(アンカー)の、モバイルバッテリーです。

重量はやや重めとなっていますが、その分容量が大きいです。

Poweradd Pilot X7 20000mAh

参考価格¥ 1,999
容量20000mAh
重量
USBポート数入力1、出力2
その他LEDライト搭載により、懐中電灯の代用品としても使用可能

大容量のモバイルバッテリーが必要な方におすすめです。

超大容量(20000mAh)なので、iPhone6へ8回、iPad Air 2へ約2回充電できます。

各ポートは、最大3.1Aの出力(合計3.4A)となっており、短時間でフル充電にすることができます。

5V/2Aの高入力により、約12時間で本体をフル充電にすることが可能です。


「A+グレード」のバッテリーセルを採用しています。効率的な充電が可能な点と、爆発を防止し、安全に使用できます。

高品質なバッテリーセルとチップを搭載しています。それにより、過充電、過放電の際に、自動停止する安全回路設計となっています。

cheero Power Plus 3 13400mAh

参考価格¥3,980
容量13400mAh
重量245g
USBポート数入力1、出力2
その他充電時間:約 8 時間

cheero(チーロ)は、日本のメーカーです。

同社の前モデルと比較し、電池容量が約30%増量となっています。一方、サイズは約20%カットになっており、進化しています。

重量は245gと比較的重いですが、容量が13400mAhと大きいので、沢山充電可能です。

Anker PowerCore Essential 20000

参考価格¥3,999
容量20000mAh
重量約343g
USBポート数入力2、出力2
その他

2台同時充電できる、アンカーの大容量のモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore II 20000

参考価格¥5,499
容量20000mAh
重量約369g
USBポート数入力1、出力2
その他PSE認証済、PowerIQ 2.0搭載

人気の高い、Anker(アンカー)の、20000mAh搭載の超大容量モバイルバッテリーです。

重量は300gを超える重さのため、気になる方は注意が必要ですが、その分容量が大きいので、沢山充電することができます。

売れ筋の人気のモバイルバッテリーランキングを確認する

Amazonは、最大手のインターネットショッピングサイトです。

店頭で買うよりも安く購入できる商品も多く、配送も比較的早いです(商品や住む場所によって異なる場合もあります)。

モバイルバッテリーを揃える場合にAmazonはオススメです。

Amazonで最新ランキングを見る

おすすめのモバイルバッテリー11選【2020年】をお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました