ミニマリストっぽい部屋の作り方

ミニマリスト 部屋 ミニマリスト・シンプルライフ
スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、ミニマリストっぽい部屋の作り方、というテーマでお送りします。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

ミニマリストっぽい部屋の作り方を知りたい!

 

早速解説致します。

 

スポンサーリンク

ミニマリスト部屋の作り方:シンプルな色の物を置く

部屋の色の決め方ですが、ベースカラーとなる色を70%ぐらいにすると良いらしいです。

例えば、壁紙の色が白の部屋の場合は、白を基調とした部屋にすると、統一感が出ると思います。

確か、中国の皇帝は、赤い部屋に住んでいたと聞いたことがありますが、赤は興奮する色です。

「この部屋落ち着かないなー」という風になってしまうかもしれません。

 

なので、僕はまず白い部屋をベースとすることをお勧めします。

 

何かこだわりがある方は自分の好きな色で固めるのがありでしょう。

岩代でしたいと考えているのでなるべく白いものを買うようにしています。

 

例えば、小物類についても、だいたい白をまず最初に選ぶようにしています。

個人的には白色の枕カバーや布団カバー敷き布団カバーが欲しいのですがなかなか無地のものが売っていなくて困っています発売してくれればいいなと思っています。

服は白色起きることが多くなりました。

またネイビーも僕は好きなのでネイビーのものも買ったりします。

 

ちなみに、冷蔵庫の色も白色のものを持っていました。

 

関連記事

ミニマリストにおすすめの冷蔵庫

 

僕が白以外の色を選ぶ場合

汚れが目立ちそうなものについては黒い色を選んでいます。

 

白が売っていないものについては他の色で我慢しています。

 

ビジネス関係は、TPO的な問題もあるので、黒色を買うことが多いです。

スマートフォンは黒が好きなので黒を選んでいます。

 

一時期、白にしていたこともありましたが現在は黒です。

 

人の顔のポスターを置くのはダメ!?

人の顔のポスターが貼ってあると、見つめられている感じが出て、心理的に落ち着けなくなる人もいるそうです(これは2ch掲示板創始者のひろゆきさんが言ってました)。

したがって、視線が気になるという方は、人の顔ではないポスターを貼る方が、集中しやすくなるかもしれないです。

 

ミニマリスト部屋の作り方:カーテンの要否を考える

ミニマリストになるからといって、必要以上のものを手放すというのは、本質から外れると思います。

 

ミニマリストになるからといってカーテンまで手放す必要は僕はないと思っています。

カーテンがない、というミニマリストさんも居て、それを最初知った時はビックリしましたけどね(゚Д゚;)!

 

個人個人必要となる物が違うからです。

 

少ない物自慢大会になってしまっては本質からずれてしまいますし、それで本当に幸せか?と疑問符が付くのではないでしょうか。

 

幸せになることが大前提ですので、そこを第一に考えると良いかと思います。

 

ちなみに、ある国では、宗教的な問題からカーテンを設置しない国もあるとのことです。

 

但し、人口密度の違いや、建物と建物との距離の違いの差もあるでしょう。

 

あとは、日本では湿度が高めだから、南向きの部屋が好まれるという背景もあると思います。

 

ヨーロッパでは、北向きの部屋が好まれるところもあるようですね。

 

日本の場合、南向きの家だと、太陽の光が眩しいため、カーテンが必要という理由もあるでしょう。

 

また、日本でカーテンを設置していないミニマリストの方もいらっしゃいますが、そこに住んでいらっしゃる物件の特性もあると思います。

 

隣人の視線を感じることがないならば、カーテンは不要と考えても良いかもしれません。

 

隣人が見ているにもかかわらず、カーテンを設置しないのは、生活しづらさを感じるのは当然かもしれません。

 

そのため、日本では、カーテンが普及しているという背景もあるでしょう。

 

そのため、ミニマリストになる=カーテンは捨てなければならないという考えは持たない方が良いと思います。

 

ミニマリスト部屋の作り方:カーペットの要否を考える

ミニマリストの方は、部屋にカーペットを持っている人は少ない印象です。

但し、ワークチェアを置く場合、チェアマットとカーペットをどうするかという問題がありますね。

 

関連記事

おすすめのワークチェアの選び方

 

部屋にカーペットを敷いていない場合、掃除をしやすくなる半面、床に傷が付きやすくなります。

万が一、食器なんかを落として、床が凹んでしまうと、修繕費が発生するかもしれません。

パテとかを用いたDIYで直れば良いですが(;^ω^)

 

僕が大家さんに聞いた話だと、築5年以内の家は、傷なんかに厳しいようです。

僕は東京にいた時、カーペットを敷いていなかったです。築30年近い家に住んでいたのですが、退去時は何も言われませんでした。かなり慎重かつ綺麗に使っていたからかもしれません。

退去時にも「かなり綺麗ですね」と言ってもらえました。

退去前に3日ほど必死に掃除したのが功を奏したのかもしれませんが。

 

ともかく、築5年以内の家に住まれている方は、傷等には注意した方が良いかと思います。

 

そのため、カーペットを持つかどうかはよく考えた方が良いでしょう。

 

持ち物を減らす方法

持ち物を減らす方法については、別の記事にて解説しておりますので、是非ご覧下さい(^^)/

 

関連記事持ち物を減らす方法完全マップ

 

『持ち物を必要最低数量にする方法』

『持ち物を必要最低数量にする方法』(著者:原文 パパ)という本をAmazonにて好評発売中です!

読み放題サービス(Kindleアンリミテッド)をご使用の場合、無料でお読みいただけますので、大変お得です(^^)/ 

 

最後に

ミニマリストっぽい部屋の作り方についてお送りしました。

ミニマリストの方の場合、「その持ち物は本当に必要か?」を考えることは重要ですが、必要以上の物まで手放さないようにしましょう。そうすれば、ミニマリストっぽい部屋に近づくと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました