ミニマリストの物件の選び方

家 ミニマリスト・シンプルライフ
Fotoworkshop4You / Pixabay

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、ミニマリストの物件の選び方、についてです。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

ミニマリストの物件の選び方を知りたい!

 

早速解説致します。

 

ミニマリストの物件の選び方: 正方形の部屋は落ち着く

ミニマリストに限った話ではないですが、長方形の部屋よりも正方形の部屋の方が落ち着くという意見を耳にしたことがあります。
ちなみに、僕はこれまで、正方形の部屋ばかりに住んできました。

長方形の部屋の場合、隣の部屋との距離が近いため、隣の部屋に音が伝わりやすいというデメリットもあるようです(もちろん、長方形の部屋が好き!という方もいらっしゃるかもしれません)。

物件選びの際は、どんな形状の部屋かを調べておくと良いでしょう。

 

ミニマリストの物件の選び方: 持ち物の量にあわせて部屋を選ばない

ミニマリストの方は、「持ち物の量にあわせて部屋を選ぶ」よりも「部屋にあわせて持ち物を選ぶ」選び方をされている人が多いように感じます。

持ち物に合わせて部屋を選ぶと、どんどん広い部屋が必要になっていきます。部屋に合わせて持ち物を選ぶと、広くない部屋でも良いため、家賃も下げることができるので、個人的にはオススメです。

 

ミニマリストの物件の選び方: 騒音の少ない家を選ぶ

ミニマリストの方の場合、騒音もシャットアウトするのがオススメです。

そのため、騒音の少ない物件を選ぶのが良いと思います。別の記事にしましたので、ご覧ください。

 

関連記事

騒音が少ないアパートとマンションの選び方10選

 

ミニマリストの物件の選び方: 駅から近い家を選ぶ

Pexels / Pixabay

住む地域によって変わることなので、一概には言えませんが、個人的には駅から近い部屋を選ぶことによって、車が不要になるので便利と考えています。
最近では、車はお金のかかる乗り物と言われてきています。
車がなくても生活できるところに住むというのも、一つの考え方として良いのではないかと思っています。

僕がもし結婚して、子供ができた場合どうするかは考え中です。

周りの人が車を持っているのに、自分は持っていないという状況が発生すると、それはそれで子供に迷惑をかけるかもしれないなと思ったりもしています。その場合、僕は車が不要な地域に住む方を選ぶかもしれません。

車が不要な地域は、土地代が高い場合もあります。そのため、年間の車の維持費と家賃を比べた時、どちらが安いのかを考えて最終決定すると良いかと思います。

車の維持費が高いからという理由で、車の不要な地域を選んだ場合でも、家賃が高すぎた!とならないためにも、事前に調べることは重要でしょう。

 

ミニマリストの物件の選び方: 図書館から近い家を選ぶ

Foundry / Pixabay

図書館から近い家を選ぶことによって、本を手放すこともできます。ミニマリストの方にもオススメです。

 

ミニマリストの物件の選び方: プロパンガスより都市ガスの物件を選ぶ

プロパンガスは、都市ガスに比べて割高な傾向があるとされています。従って、都市ガスあるいはオール電化の物件を選ぶと良いと思っています。
もちろん、プロパンガスにもメリットはあるので、総合的に考えると良いと思っています。
また、都市ガスの物件の中には、家賃が高い物件もあります(都市ガスが人気だからという理由もあるようです)。
逆に、プロパンガスの物件の中には、家賃が安い物件も僕が探した時はありました。

そのため、ガスの種類だけで絞り込むのではなく、家賃等も考慮し、総合的に判断をして選ぶと失敗が少なくなると思います。

 

ゆるミニマリストの僕は、どの地域の物件を選んだ?

ずばり、僕は福岡県を選びました!福岡に移住するメリットとデメリットについては、別の記事にしました。

 

関連記事

福岡に移住するメリットとデメリット

 

最後に

ミニマリストの物件の選び方、についてお送りしました。

この記事がご参考になれば幸いです。

 

『持ち物を必要最低数量にする方法』

本のご紹介↓

『持ち物を必要最低数量にする方法』(著者:原文 パパ)という本をAmazonにて好評発売中です!

読み放題サービス(Kindleアンリミテッド)をご使用の場合、無料でお読みいただけますので、大変お得です(^^)/ 

 

関連記事

持ち物を減らす方法完全マップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました