自転車を処分する方法と注意点

ライフハック
Pexels / Pixabay

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、自転車を処分する方法と注意点、というテーマでお送りします。

 

引っ越し等で、自転車を処分される方も多いかと思います。

自転車を処分し、人に譲る際の注意点を記載します。

 

自転車を処分するのはなかなか大変です。

 

粗大ごみとして処分する<捨てて処分>

ご紹介する自転車の処分方法の中で、一番時間がかからない方法かもしれません。

自宅でできる最も簡単な方法が、粗大ごみとして処分する方法だと思います。

 

自転車をリサイクルショップに持っていく方法も後ほど解説しますが、「持って行こうか。どうしようか。」と迷っている間に結局捨てられないというようなことが僕はよくありました。

また、自転車が動かない場合は、リサイクルショップに持って行くのも困難です。パーツ取りをするかとなりますが、それも手間がかかる場合は、いっそのこと粗大ごみとして出すのもありでしょう。

 

この方法は、心が痛みやすい確率は上がりますが、簡単にできるため、おすすめの方法と言えます。

自治体ごとに粗大ごみとしての出し方は異なるかと思うので、調べると良いでしょう。

 

リサイクルショップに持っていく<売って処分>

kaboompics / Pixabay

続いて、自転車をリサイクルショップに持っていくという方法です。

 

自転車の買取を行っているリサイクルショップがあるかどうかを調べましょう。

自転車が動く場合と、高価な自転車の場合に有効な方法ですね。

行きは自転車に乗っていき、帰りは自転車以外の別の手段で帰ることになるでしょう。

徒歩で行ける圏内なら問題なさそうですね。少し遠い場合はバスかタクシーになるかもしれません。

場合によっては、バス代やタクシー代の方が高かったとなる場合も0ではありませんので、ご注意下さい。

 

ネットオークションに出品<売って処分>

qimono / Pixabay

続いて、ネットオークションに出品して、自転車を処分する方法です。

 

有名なサイトは、メルカリとヤフオクでしょう。

 

ネットオークションを使うメリットは、メルカリとヤフオクを仲介しますが、それ以外で人が関わらないので、自転車を高く売ることができるというメリットがあります。

 

デメリットとしては、梱包配送の説明書などを自分で行わないといけないため、そこに手間がかかるという点があるでしょう。

また、自転車は配送料が高めなので、分解できる自転車がメインとなるでしょう。一般的なママチャリはネットオークションに出品するのは、難しいかもしれません。

パーツごとに分解するのは良いかもしれないです。

僕は20インチの折り畳み自転車を分解して160サイズの段ボールに入れたことがありますが、ギリギリのサイズでした。

梱包作業も含めると、時給換算をすると、割に合わない場合もあるかもしれません。

 

自転車の場合、ボディーの傷や動作のスムーズさ、異音の有無を気にする方もいるので、クレームが来ないように、丁寧な説明を心掛けると良いでしょう。

ばらした手順が分かるようにしておくのも良いかもしれません。

 

人に譲る<再利用して処分>

StockSnap / Pixabay

続いて、人に譲って、処分する方法です。

自転車をリサイクルショップに持っていくと、低い買い取り額になる可能性もあります。業者が絡むと、低い価格となってしまう場合があるからです。

そこで、売らずに欲しい人にあげるという方法を取ると、相手にも喜ばれ、気持ち良く自転車を処分できます。

手放す前に家族や友人に声をかけてみるのも良いかもしれません。

 

防犯登録の名義変更

防犯登録の名義変更は、都道府県により、若干異なるかと思います。

お近くの、自転車防犯登録を扱っている店舗で、登録内容変更手続きが可能な場合があります。

 

別の都道府県で防犯登録解除は可能なのか?

別の都道府県で防犯登録解除することは、原則できないようです。

千葉県で登録した防犯登録を、東京都で解除しようとしましたが、東京のホームセンターで、できませんと言われました。

防犯登録解除する際は、同一都道府県内で解除することになるようです。

 

防犯登録解除には何が必要?

防犯登録カード「お客様控え」と、身分証明書を持って行きましょう。印鑑も不要になる場合もあるため、先に確認するか、念のため持って行きましょう。

防犯登録のシールを剥がすべき?

防犯登録のシールを剥がすのはなかなか大変です。

粘着力が非常に強いためです。千葉県の交番で防犯登録解除する際、警察官の方に「剥がした方が良いですか?」と聞いたところ、「新しく防犯登録する時にやってくれますので、そのままで大丈夫です。」と言われました。つまり、剥がさなくてよい、剥がすな、ということでしょう。

 

防犯登録が解除されるまでの期間は?

千葉県の場合は、防犯登録が解除されるまで2週間かかりますと言われました。

「自転車を早く処分したい!」という方や「すぐに引っ越しをしたい!」という予定がある方は、お早めに防犯登録解除をした方が良いですね。

譲る人に、防犯登録を解除中であることを伝えておくことも良いかもしれません。

 

防犯登録の費用は?

防犯登録の費用は都道府県によって異なりますが、500円前後で登録できます。

 

最後に

この記事がお役に立てましたら、幸いです。

 

人気記事

【持ち物整理したい人必見!】持ち物整理実践方法とコツ完全マップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました