マットレスの黒カビ除去と対策

布団 干し方 ミニマリストミニマリスト・シンプルライフ
スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパ(@genpapapapa)です(≧∇≦)/

 

今回は、マットレスの黒カビ除去と対策、についてです。

今回は、失敗談を教訓という形で、記事にしてみました!

 

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • マットレスの黒カビ除去と対策を知りたい!

 

早速解説致します。

 

スポンサーリンク

ベッド→マットレスへ変更

僕は、2月に、東京から福岡に引っ越しをしました。

そのタイミングで、持っていたロフトベッドを処分しました(ちなみに、処分するのに1200円かかりました。購入される方は、処分代も計算しておくと良いかと思います)。

 

関連記事:

福岡市移住のメリットは?東京→福岡市に移住してみた!福岡移住計画

 

現在は、ベッドは使わずにマットレスのみを使用しています。

他のミニマリストさんと同じように、三つに折りたたむことができるマットレスを使っています。

そして、他のミニマリストの方のように、床にマットレスを敷いて寝るという生活となりました。

 

ベッドの処分方法は?

僕はロフトベッドを持っていました。

東京に住んでいましたが、ロフトベッドの買取は僕の住んでいる地域ではできませんでした。

中古品は強度の問題からロフトベッドを買い取ることができないそうです。

なので、業者へ売ることは諦めました。

ネットオークションに出そうかと思いましたが、パーツ数が多く、重くかさばるため、現実的ではないなと思いました。

最終的に、ロフトベッドを粗大ごみとして出すことにしました。

粗大ごみのシールをコンビニで買いました。

ロフトベッドは大きいため、手数料として、1200円かかりました。

 

ベッドを購入される方は、ご購入前に手放す時にかかる費用のことも考えておくと、予想外の出費を抑えることができるかと思います。

 

マットレスの万年床はカビの原因になることは知っていた

マットレスを敷く前には、毎日クイックルワイパーを使って、毎日床を掃除していましたし、今もしています。

そして、朝になったら、マットレスを折り畳むという流れです。

なぜ、マットレスを毎日、壁に立てかけていたかというと、実は昔、布団を使っていた時、万年床に近い状態にしてしまっていました。

そこで、黒カビを発生させてしまった経緯があり、それ以来万年床はダメという、ごく当たり前の教訓が身に染みていたためでした(;^ω^)

 

それでも、マットレスにカビ発生!カビの原因は?

しかしながら、気づいたら、黒カビがポツポツと発生していることに気づきました(;゚Д゚)

原因は、マットレスを三つ折りに畳んで、壁に立てかけていたことでした。

推測ですが、床面の方に湿気が溜まっており、それが乾燥しきっていなかったのでしょう。

 

体の体温と、床面の温度差によって湿気が発生し、それがずっと続いた状態になると、黒カビが発生する、という流れになってしまいます。

 

特に冬場は部屋の気温が低いため、体温との発生しやすいことが挙げられます。なので、冬場は注意です。

僕はそのことは知っていたのですが、大丈夫だろう!という慢心がありました(;^ω^)

 

マットレスのカビ除去方法

僕が行った、マットレスの黒カビ除去方法です。

浴槽に50°ぐらいのお湯を溜めて、酸素系漂白剤を入れ、マットレスカバーを1時間ほどつけ置きをしました。

そして、洗剤で洗ったところ、黒カビは消滅しました。

僕の場合は、運が良かったのだと思います。

今後はマットレスの黒カビに気をつけていこうと思います。皆さんもご注意下さい!

 

※黒カビ以外についてのカビについては、やったことがないため、分かりません。

 

マットレスにカビを発生させない対策方法は?

三つ折りのマットレスは、定期的に全ての面が空気に触れるように乾燥させてやると良いと思います。

 

 

写真のように、三角にするか、Zの形で乾燥させるのが良いでしょう。

三角だと、本来折ってはいけない方向に1か所折っていることになってしまうので、Zの形で乾燥させるのが良いかと思います。

Zでも、厚みがあるマットレスならば、倒れにくいので良いかと思います。

三角、Zの形だと、若干邪魔かもしれませんね!(笑)

 

場所を取ることができる場合は、↓全部広げて乾かすのもよさそうです!

 

人気記事

【持ち物整理したい人必見!】持ち物整理実践方法とコツ完全マップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました