PR

マリリン・マンソンのおすすめアルバム9選

スポンサーリンク

マリリン・マンソンは、アメリカのロックバンドであり、ショッキングなパフォーマンスやプロヴォーカティブな歌詞で知られています。マリリン・マンソンの音楽は、インダストリアル、ヘヴィメタル、オルタナティブロックなどの要素を取り入れています。

マリリン・マンソンのアルバムは、多くの批評家やファンから高い評価を得ており、世界中で数百万枚の売り上げを記録しています。ここでは、マリリン・マンソンのおすすめアルバム9選を紹介します。

洋楽の歴史的名盤に詳しくなりたいという方は、『死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム』という書籍をチェックするのもおススメです。電子書籍版もあるので、かさばらず便利です。

Amazon-Music-Unlimited無料体験

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /
スポンサーリンク

マリリン・マンソンのおすすめアルバム9選

マリリン・マンソンのおすすめアルバム9選をご紹介します。

アンチクライスト・スーパースター

1996年に発売された、マリリン・マンソンの代表作とも言えるアルバムです。社会や宗教に対する批判や反抗をテーマにしたコンセプトアルバムであり、激しいサウンドと衝撃的なイメージで話題を呼びました。

収録曲の中でも、「The Beautiful People」や「Tourniquet」は、マリリン・マンソンの代表曲として知られています。

メカニカル・アニマルズ

1998年に発売された、マリリン・マンソンの4作目のアルバムです。前作とは打って変わって、グラムロックやスペースロックなどの影響を受けたポップなサウンドに挑戦した作品です。

コンセプトは、人間と機械の境界を曖昧にするというものであり、2枚組のCDにはそれぞれ異なるキャラクターと世界観が表現されています。「The Dope Show」や「I Don’t Like the Drugs (But the Drugs Like Me)」などのヒット曲が収録されています。

ホーリー・ウッド

2000年に発売された、マリリン・マンソンの5作目のアルバムです。前作と同じくコンセプトアルバムであり、アメリカ社会における暴力やメディアの役割などを批判的に描いた作品です。

サウンドは、前作よりもヘヴィでダークなものに戻りました。「Disposable Teens」や「The Fight Song」などの曲がシングルカットされました。

ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク

2003年に発売された、マリリン・マンソンの6作目のアルバムです。1920年代から30年代のドイツの芸術や文化にインスパイアされた作品であり、ジャズやスウィングなどの要素も取り入れられています。

サウンドは、インダストリアルやエレクトロニカなどの電子音楽が強調されています。「mOBSCENE」や「This Is the New Shit」などがシングルとして発売されました。

イート・ミー、ドリンク・ミー

2007年に発売された、マリリン・マンソンの7作目のアルバムです。マリリン・マンソン自身の離婚や恋愛などの個人的な体験を反映した作品であり、ゴシックやロマンティックな雰囲気が漂っています。

サウンドは、ギターのメロディやアコースティックな要素が多くなっています。「Heart-Shaped Glasses (When the Heart Guides the Hand)」や「Putting Holes in Happiness」などがシングルとして発売されました。

ハイ・エンド・オブ・ロウ

2009年に発売された、マリリン・マンソンの8作目のアルバムです。マリリン・マンソン自身が「最も激しいアルバム」と称した作品であり、ヘヴィメタルやパンクロックなどの影響を受けたサウンドになっています。

歌詞は、社会や政治に対する不満や怒りを表現しています。「Arma-goddamn-motherfuckin-geddon」や「Running to the Edge of the World」などがシングルとして発売されました。

ボーン・ヴィラン

2012年に発売された、マリリン・マンソンの9作目のアルバムです。前作よりも実験的で芸術的な作品になっており、サウンドは、インダストリアルやガレージロックなどの要素が混ざっています。

歌詞は、人間の本性や欲望について探求しています。「No Reflection」や「Slo-Mo-Tion」などがシングルとして発売されました。

ペイル・エンペラー

2015年に発売された、マリリン・マンソンの10作目のアルバムです。ブルースやロックンロールなどの影響を受けた作品であり、サウンドは、シンプルでダーティなものになっています。

歌詞は、マリリン・マンソン自身の人生や感情について率直に語っています。「Deep Six」や「The Mephistopheles of Los Angeles」などがシングルとして発売されました。

ヘヴン・アップサイド・ダウン

2017年に発売された、マリリン・マンソンの11作目のアルバムです。前作と同じくブルースやロックンロールの要素が強い作品であり、サウンドは、エネルギッシュでパワフルなものになっています。

歌詞は、マリリン・マンソン自身の体験や世界観を反映しています。「WE KNOW WHERE YOU FUCKING LIVE」や「KILL4ME」などがシングルとして発売されました。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
音楽
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました