PR

イタリア旅行のマナー

イタリア旅行のマナー イタリア旅行
スポンサーリンク

イタリア旅行のマナーを知ることは、現地の文化との調和を保ち、より充実した旅を過ごすために欠かせません。

イタリアは美食、歴史、芸術の宝庫であり、適切なマナーを守ることで、心温まる体験を得ることができます。

イタリアは素晴らしい国ですが、文化や習慣が日本とは異なる部分も多いので、注意しておきたいポイントを紹介します。

スポンサーリンク

イタリア旅行のマナー

イタリアの景色

挨拶は大切に

イタリア人はとてもフレンドリーで、初対面でも気さくに話しかけてくれます。その際には、挨拶をしっかりと返すことが大切です。朝は「ブォンジョルノ」、午後は「ブォナセーラ」、夜は「ブォナノッテ」と言って笑顔で応えましょう。また、相手が手を差し出してきたら、握手をするのが礼儀です。

女性同士や親しい人同士では、頬にキスをすることもありますが、日本人にとっては抵抗があるかもしれません。その場合は、「スミマセン、日本ではあまりしないんです」と言って断っても構いません。

食事のルールを守ろう

イタリア料理は世界的に有名で、美味しいものがたくさんあります。しかし、食事の際にはいくつかのルールを守る必要があります。まず、パンは前菜やサラダと一緒に食べるもので、パスタやピザと一緒に食べることはありません。

また、パスタやピザをナイフとフォークで切って食べることも避けましょう。パスタはフォークだけで巻いて食べるのが正しい方法です。ピザは手で持って食べるか、小さく折って食べるのが一般的です。さらに、エスプレッソやカプチーノなどのコーヒーは食後に飲むもので、食事中に飲むことはありません。

特にカプチーノは朝食時にしか飲まないので、昼や夜に注文すると変な顔をされるかもしれません。

教会や美術館では服装に気をつけよう

イタリアには素晴らしい教会や美術館がたくさんありますが、入場する際には服装に気をつける必要があります。

教会では肩や膝が露出していると入れない場合が多いので、カーディガンやスカーフなどで隠すようにしましょう。また、帽子やサングラスをかぶったりかけたりするのも失礼にあたります。

美術館では、大きなバッグやリュックサックを持ち込むことができない場合があります。その場合は、ロッカーに預けるか、受付で預かってもらうようにしましょう。また、写真撮影は禁止されている場所も多いので、必ず看板や案内を確認してから撮影するか、スタッフに許可を求めるようにしましょう。

チップは必要かどうか確認しよう

イタリアでは、レストランやタクシーなどでチップを払う習慣はあまりありません。しかし、サービス料が含まれていない場合や、特に満足した場合は、チップを払っても構いません。その際には、10%程度が目安です。また、チップは現金で払うのが一般的で、クレジットカードで払うことはできません。チップを払うかどうかは自分の判断に任せてくださいが、必ずレシートを確認してから決めるようにしましょう。

ジェスチャーを覚えてコミュニケーションを楽しもう

情報センター出版局
¥643 (2024/02/21 22:15時点 | Amazon調べ)

イタリア人はとても表情豊かで、ジェスチャーを使ってコミュニケーションをすることが多いです。ジェスチャーは言葉だけでは伝えられない感情や意思を表すのに役立ちますが、時には誤解やトラブルの原因にもなります。

イタリア人がよく使うジェスチャーの中には、日本人にとっては不快や失礼に感じるものもあります。例えば、人差し指と中指を立てて手首をひねるジェスチャーは、「君は馬鹿だ」という意味です。また、手のひらを上に向けて指先をくっつけて上下に動かすジェスチャーは、「何だって?」という意味ですが、相手を怒らせる可能性があります。

逆に、日本人がよく使うジェスチャーの中には、イタリア人にとっては意味が通じないものもあります。例えば、人差し指と親指をくっつけて他の指を広げるジェスチャーは、「OK」という意味ですが、イタリア人にとっては「お金」や「完璧」などの意味です。

また、両手で頭を抱えるジェスチャーは、「困った」という意味ですが、イタリア人にとっては「恐怖」や「絶望」などの意味です。ジェスチャーは楽しいコミュニケーションのツールですが、相手の文化や感覚を尊重することが大切です。

スポンサーリンク

イタリア旅行のマナーまとめ

イタリア旅行のマナーを守ることは、現地の人々との尊重ある交流を促し、リラックスした旅を可能にします。食事ではゆっくりと味わい、コーヒーをカウンターで立ち飲みする文化を楽しむ。教会や歴史的な場所を訪れる際には適切な服装や行動を心掛け、地元の言葉や習慣に敬意を払いましょう。

マナーを大切にすることで、イタリアの魅力的な文化をより深く体験できることでしょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
イタリア旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました