安い酸素系漂白剤はどれ?計算してみた

漂白剤ミニマリスト・シンプルライフ
kropekk_pl / Pixabay

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、安い酸素系漂白剤はどれ?計算してみた、についてです。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • 各製品の酸素系漂白剤の価格差を知りたい!

 

早速解説致します。

 

酸素系漂白剤とは?

家庭用の漂白剤には、塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の2種類があります。今回は、酸素系漂白剤の話となります。

酸素系漂白剤には、液体タイプと粉末タイプの2種類があります。粉末タイプの酸素系漂白剤の方が、効果が強力と言われており、僕も重宝しています。

酸素系漂白剤は、洗濯物の嫌な匂いを落としたり、掃除をする際に便利です。

洗濯用洗剤だけだと、臭いが落ち切らず、徐々に溜まっていくような印象を受けており、そんな時重宝します。

塩素系漂白剤よりも威力はやや落ちるとされていますが、衣類を傷めにくく、また、万が一服についた場合でも色が落ちたりしないので、安心な点がメリットです。

塩素系漂白剤のように、強力な匂いがしないのも、酸素系漂白剤の利点です。

 

洗濯しても服の匂いが取れない時の対処法として酸素系漂白剤がオススメ

洗濯しても取れない臭いについては漂白剤を使いましょう。

塩素系と酸素系がありますが酸素系を選びましょう。

塩素系はダメージが大きすぎるためです。

また酸素系は液体よりも粉末の方がより強力です。

粉末系でオススメなのは、「シャボン玉石けん 酸素系漂白剤」です。色んなサイトで紹介されているので、定番かもしれませんが、不満点はありません。

1時間ほど付け置きしておくだけでも全然違います。

シャボン玉石けん 酸素系漂白剤 750g【RCP】

 

安い酸素系漂白剤はどれ?計算してみた

早速計算してみました。

 

シャボン玉 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤 750g

「シャボン玉 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤」は、有名な酸素系漂白剤ですね。
750gで、486円です。
Amazonだと、表示価格よりも安くなっている場合がありますが、今回は元の価格で計算してみます。
1g≒0.648円です。

ダイソー 落ち落ちV 過炭酸ナトリウム

160gで、108円です。

1g≒0.675円です。

 

100円ショップの酸素系漂白剤はどうなの?と気になる方もいらっしゃるかと思いますが、使用感については、全く問題ないと僕は感じました。僕の場合は、普通にそん色なく使用できました。

 

安い酸素系漂白剤 計算結果

計算結果をまとめてみました。

 

  • シャボン玉 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤(750g版) 1g≒0.648円
  • ダイソー 落ち落ちV 過炭酸ナトリウム 1g≒0.675円

 

1gで比べた所、「シャボン玉 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤 750g」の方が安いことが分かりました。とはいえ、差はわずかな違い程度となりました。

「シャボン玉 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤」は、Amazonだと、表示価格よりも安くなっている場合もあるので、安く買いたい!という方の場合は、Amazonで購入されるのが良いかもしれません。

一方、750gはちょっと多いな!という方は、ダイソーで「落ち落ちV 過炭酸ナトリウム」を購入されると良いでしょう。量が多い方が安いかと思いきやそれほど大きな差はなく、数十円程度の差です。

ダイソーがお近くにある方は、置いている確率は高いはずなので、買い求めやすい商品だと思います。

一方、「シャボン玉 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤」はスーパーマーケットやホームセンターなどでも場所によっては置いていない店舗もあり、よく探さなければならないかもしれません(あくまで僕が調べた限りだけの話です)。

 

最後に

安い酸素系漂白剤はどれ?計算してみたについてお送りしました。本記事をご参考にしてみていただけたら幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました