PR

ロジクール ワイヤレスマウス「M575S」レビュー

スポンサーリンク

ロジクールの最新ワイヤレスマウス「M575S」は、快適な操作性と高度なトラッキング性能を備えた革新的なデバイスです。この記事では、M575Sの特徴や機能について詳しく解説していきます。

作業効率の向上や手の負担軽減を求める方々にとって、このマウスは必見のアイテムと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ロジクール ワイヤレスマウス「M575S」レビュー

Logicool(ロジクール)
¥7,080 (2024/02/18 06:58時点 | Amazon調べ)

M575Sは、自然なクリックとスクロールが可能な高性能マウスです。

このモデルは、長年愛されてきたM570t/SW-M570の象徴的なシェイプを受け継ぎつつ、新たに傾斜角度のあるスクロールホイールを搭載しました。

これにより、指をより自然な位置にホールドすることができます。マウス操作全般がより自然で快適なものになります。

また、ワイドなボール面により、親指を自由に動かすことができます。

ボールコントロールは従来モデルよりもさらに滑らかで精確になりました。

さまざまな手のサイズにも自然にフィットするエルゴノミックデザインも特長です。

M575Sには、高パフォーマンスのオプティカルセンサーが搭載されており、2000DPIの精度でトラッキングが可能です。

このセンサーは、精確なカーソル動作と低い電力消費を実現しています。さらに、感度を自分の好みに合わせて設定することができるため、思い通りのコントロールが可能です。

さらに、M575Sのトラックボールには、3つのレイヤーがあります。透明仕上げのコーティングにより、スムーズな滑走とソフトな感触が実現されています。

高密度粒子コーティングにより、高速かつ精確なトラッキングが可能です。さらに、内部コアにより高いボール慣性が実現されています。

Logicool(ロジクール)
¥7,080 (2024/02/18 06:58時点 | Amazon調べ)

M575Sを使用すると、摩擦のないスムーズで精確なコントロールが親指で行えます。

このマウスは、自然な操作感と優れたトラッキング性能を備えており、作業効率を向上させる頼もしいパートナーとなるでしょう。

ロジクール MX ERGO MXTB1dもオススメ

Logicool(ロジクール)
¥16,260 (2024/02/18 06:58時点 | Amazon調べ)

ロジクールのMX ERGO MXTB1dは、腕や手首の疲労を軽減する高機能トラックボールマウスです。

長時間の使用でも疲れにくく、スムーズな操作感を実現しています。一度触れたら手放せないほどの使い心地を体験してみてください。

このマウスは本体を動かさずにトラックボールを動かしてカーソルを操作するタイプで、ワークスペースや狭い場所でも使用できます。

また、20°の傾斜角に調整可能な本体デザインにより、自然な手のポジションでマウスを使用できます。筋緊張を20%削減し、腕や手首の負担を軽減します。

さらに、トラッキング速度を変更できるプレシジョンモードボタンが搭載されています。作業やアプリケーションに応じて、スピードモードとプレシジョンモードを切り替えることができます。

ティルト搭載プレシジョンスクロールホイールやEasy-switch/FLOW機能も備えており、操作の柔軟性と効率性を向上させます。

さらに、BluetoothまたはUnifyingUSBに対応し、接続環境でも安定した接続が可能です。

充電式で高速充電も対応しており、長時間の使用でも安心です。

Logicool Optionsアプリケーションを使用すれば、操作をカスタマイズして作業効率を向上させることができます。

MX ERGO MXTB1dは、腕や手首の負担を軽減しながら高機能なトラックボールマウスとして、快適なマウス操作を実現します。

スポンサーリンク

トラックボールマウスのメリット

トラックボールマウスとは、マウスの下にあるボールを手で回してカーソルを動かすタイプのマウスです。

一般的なマウスとは違って、マウス自体は動かさずに操作できるのが特徴です。ここでは、トラックボールマウスのメリットについて紹介します。

省スペースで使える

トラックボールマウスの最大のメリットは、省スペースで使えることです。

一般的なマウスは、マウスパッドや机の上に広いスペースを必要としますが、トラックボールマウスはマウス自体を動かさないので、ほとんど場所を取りません。

また、ワイヤレスタイプのものなら、コードも邪魔になりません。これは、机の上が狭い場合や、移動しながら使う場合に便利です。

手首や肩の負担が少ない

トラックボールマウスのもう一つのメリットは、手首や肩の負担が少ないことです。

一般的なマウスは、カーソルを動かすためにマウスを左右に動かしたり、クリックしたりする必要がありますが、これは手首や肩に疲労や痛みを引き起こす可能性があります。

特に長時間パソコンを使う場合や、カーソルを頻繁に動かす作業をする場合には注意が必要です。トラックボールマウスは、マウス自体を動かさずに指先でボールを回すだけで操作できるので、手首や肩にかかるストレスが少なくなります。

また、人差し指や中指だけでなく、親指や小指も使えるタイプのものもあります。これは、指の筋肉をバランスよく使うことができるというメリットがあります。

操作性が高い

トラックボールマウスのさらにもう一つのメリットは、操作性が高いことです。一般的なマウスは、カーソルの速度や感度を調整することができますが、それでもマウスパッドや机の表面の状態によって操作感が変わったり、カーソルがずれたりすることがあります。

トラックボールマウスは、ボールを回すだけでカーソルを自由に動かせるので、そういった問題がありません。また、ボールの大きさや形状によっても操作感が変わります。

大きいボールは細かい操作に向いており、小さいボールは大きな移動に向いています。球形のボールは全方向に動かせますが、楕円形のボールは左右にしか動かせません。自分の好みや用途に合わせて選ぶことができます。

トラックボールマウスは、省スペースで使える、手首や肩の負担が少ない、操作性が高いというメリットがあります。

一般的なマウスに慣れている人にとっては、最初は操作に戸惑うかもしれませんが、慣れれば快適に使えるでしょう。トラックボールマウスに興味がある人は、ぜひ一度試してみてください。

トラックボールマウスのデメリット

トラックボールマウスとは、マウスの下部にあるボールを手で回してカーソルを動かすタイプのマウスです。トラックボールマウスには、以下のようなメリットがあります。

  • マウスパッドが不要で、狭いスペースでも使える
  • 手首や腕の負担が少なく、疲れにくい
  • 操作性が高く、正確なカーソル移動ができる

しかし、トラックボールマウスにもデメリットがあります。ここでは、トラックボールマウスのデメリットについて詳しく説明します。

値段が高い

トラックボールマウスは、一般的な光学式マウスやレーザーマウスに比べて値段が高いです。

トラックボールマウスは、ボールやセンサーなどの部品が多く、製造コストが高いためです。また、トラックボールマウスは需要が少ないため、市場に出回っている数も少なく、価格競争が起きにくいためです。トラックボールマウスを購入する場合は、予算に余裕があることが望ましいです。

慣れるのに時間がかかる

トラックボールマウスは、操作方法が一般的なマウスと異なります。トラックボールマウスは、手首や腕を動かさずに指でボールを回すことでカーソルを動かします。

この操作方法は、最初は不慣れで難しいと感じる人も多いです。特に、クリックやドラッグなどの操作を同時に行う場合は、ボールを回しながらボタンを押さなければならず、コーディネーションが必要です。トラックボールマウスを使う場合は、慣れるまでに時間がかかることを覚悟しなければなりません。

汚れやすい

トラックボールマウスは、指で直接触れる部分が多いため、汚れやすいです。

特に、ボールやセンサーは指の皮脂や汗などで汚れやすく、定期的に掃除しなければなりません。

汚れたまま使うと、カーソルの動きが悪くなったり、故障の原因になったりする可能性があります。トラックボールマウスを使う場合は、清潔に保つことが重要です。

ロジクール ワイヤレスマウス「M575S」レビュー

ロジクールのM575Sは、先進的な機能と快適な操作性を兼ね備えたワイヤレスマウスです。その自然なクリックとスクロール、スムーズなトラッキング、幅広い手のサイズにフィットするエルゴノミックデザインは、使い勝手の良さを実感させます。

2000DPIの精度を持つ高性能オプティカルセンサーや3レイヤーのトラックボールパフォーマンスにより、精確なカーソル動作と優れた操作性を実現しています。M575Sは、作業効率を向上させるための頼もしいパートナーとなるでしょう。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました