PR

韓国旅行のランチ

韓国旅行のランチ 旅行
スポンサーリンク

韓国旅行の魅力は、その美しい風景だけでなく、豊かな食文化にもあります。本記事では、韓国旅行の一日を彩る重要な要素である「ランチ」に焦点を当ててみましょう。

ソウルの繁華街から伝統的な食堂まで、バラエティ豊かなランチスポットをご紹介します。韓国ならではの味覚体験を求める旅人にぴったりのお店が、これから登場します。

スポンサーリンク

韓国旅行のランチ

韓国の街並み

韓国料理は色々な種類がありますが、私は特にビビンバやチヂミが好きです。今回は、私が韓国で食べたランチの中でおすすめのものを紹介します。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

ソウル駅近くのビビンバ専門店

ソウル駅から徒歩10分ほどのところにあるビビンバ専門店です。店内は広くて清潔感があります。メニューはビビンバだけではなく、スープやサラダなどもあります。

私は野菜たっぷりのビビンバを注文しました。石鍋で熱々に出てきたビビンバは、ご飯と野菜と肉がふんだんに入っていて、見た目も鮮やかです。赤い唐辛子ペーストを混ぜて食べると、辛さと甘さが絶妙にマッチしています。野菜はシャキシャキしていて、食感も楽しめます。

ご飯は石鍋の底でパリパリに焼けていて、香ばしさがあります。スープやサラダもさっぱりしていて、バランスの良い食事になります。このランチは10000ウォン(約1000円)でした。

明洞のチヂミ屋さん

明洞は韓国の有名な観光地ですが、その中でもチヂミ屋さんが多くあります。チヂミとは、小麦粉や卵などで作った生地に野菜や海鮮などを入れて焼いたものです。

私は海鮮チヂミが好きなので、明洞で見つけたチヂミ屋さんに入りました。店内は小さくて賑やかです。メニューはチヂミだけではなく、冷麺やトッポッキなどもあります。

私は海鮮チヂミと冷麺を注文しました。海鮮チヂミは大きくて分厚く、エビやイカなどがたくさん入っています。外側はカリカリで中はふわふわです。甘辛いタレにつけて食べると、海鮮の旨味と小麦粉の甘みが合わさって美味しいです。冷麺は冷たいスープに細い麺とキムチや卵などが入っています。スープはさっぱりしていて、辛さと酸味が爽やかです。

麺はコシがあって、噛み応えがあります。このランチは15000ウォン(約1500円)でした。

釜山の海鮮市場

釜山は韓国の南部にある港町です。釜山に行ったら、海鮮市場に行くことをおすすめします。海鮮市場では、新鮮な海産物を見ることができます。私はカニやエビや貝などを買って、その場で調理してもらいました。カニは茹でてもらって、殻を割って身を取り出して食べました。

身はぷりぷりで甘くてジューシーです。エビは焼いてもらって、塩とレモンで食べました。エビは身がふっくらしていて、香ばしさと酸味が効いています。

貝は蒸してもらって、醤油とニンニクで食べました。貝は口の中でとろけるように柔らかくて、醤油とニンニクの風味が良く合います。このランチは20000ウォン(約2000円)でした。

韓国旅行のランチはどれも美味しかったです。韓国料理は辛いものが多いですが、それ以外にも色々な味が楽しめます。韓国に行ったら、ぜひ色々なランチを試してみてください。

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメ

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメです。

\ 通販大手のアマゾンで、お得で便利にお買い物 /

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

スポンサーリンク

韓国旅行のランチまとめ

韓国旅行でのランチは、多彩な料理と魅力的な雰囲気が旅の思い出を彩る一端となることでしょう。ビビンバやチゲ、サムギョプサルなど、伝統的な名物料理からモダンな創作料理まで、食卓に並ぶ料理は心に残る特別なひとときを提供してくれます。

韓国ならではの美味しさを味わいながら、地元の人々の生活に触れることで、より深い旅の体験が得られることでしょう。次回の韓国旅行では、新たなランチの冒険に期待が膨らみます。

本記事は、外部ライター様による記事です。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行韓国旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました