PR

韓国旅行の変圧器

韓国旅行の変圧器 旅行
スポンサーリンク

韓国旅行に行くときに必要なものの一つが変圧器です。変圧器とは、電圧や周波数を変換する装置のことで、日本と韓国では電気の仕様が異なるため、持っていく必要があります。この記事では、韓国旅行の変圧器について、以下の点について解説します。

スポンサーリンク

韓国旅行の変圧器

韓国の街並み

韓国の電気の仕様

韓国では、電圧は220V、周波数は60Hzです。日本では、電圧は100V、周波数は50Hzまたは60Hzです。この違いがあると、日本で使っている電化製品を韓国でそのまま使うと、故障したり火災の原因になったりする可能性があります。特に、ヒーターやドライヤーなどの発熱するものや、時計やテレビなどの精密なものは注意が必要です。

変圧器の種類と選び方

変圧器には、大きく分けて2種類あります。一つは、ダウントランスと呼ばれるもので、電圧を下げるだけのものです。もう一つは、コンバーターと呼ばれるもので、電圧と周波数を両方変換するものです。どちらを選ぶかは、使う電化製品によって異なります。

ダウントランスは、発熱するものやモーターを使うものに適しています。例えば、ドライヤー、アイロン、シェーバーなどです。ダウントランスを使う場合は、電化製品の消費電力(W)に合わせて容量(VA)を選ぶ必要があります。容量が足りないと、変圧器や電化製品が壊れる恐れがあります。

コンバーターは、時計やテレビなどの精密なものに適しています。コンバーターを使う場合は、電化製品の種類に合わせてタイプを選ぶ必要があります。コンバーターには、AタイプとBタイプがあります。Aタイプは、デジタル時計やパソコンなどの電子機器用です。Bタイプは、アナログ時計やテレビなどの機械式機器用です。

変圧器の持ち方と使い方

変圧器は重くてかさばるものなので、必要最低限だけ持っていくことをおすすめします。また、持っていく前に確認することがあります。

まず、日本で使っている電化製品が本当に韓国で使えるかどうかをチェックしてください。一部の電化製品は、自動的に電圧や周波数を切り替える機能が付いている場合があります。その場合は、変圧器が不要です。電化製品に「AC100-240V 50/60Hz」と書かれていれば、自動切り替え機能があるということです。

次に、韓国のコンセントの形状に合うかどうかを確認してください。韓国のコンセントは、日本と異なりC型(2極・丸型)があります。そのため、変圧器だけでなく、プラグアダプターも必要になります。

最後に、変圧器を使うときは、以下の点に注意してください。

  • 変圧器をコンセントに差し込む前に、電化製品の電源を切っておいてください。
  • 変圧器には、入力電圧と出力電圧が書かれています。入力電圧は韓国の電圧(220V)に合わせてください。出力電圧は日本の電圧(100V)に合わせてください。
  • 変圧器には、スイッチやヒューズが付いている場合があります。スイッチはONにしてください。ヒューズは予備を持っておくと安心です。
  • 変圧器は発熱するので、通気性の良い場所に置いてください。また、長時間使わないときは、コンセントから抜いておいてください。
スポンサーリンク

韓国旅行の変圧器まとめ

韓国旅行の変圧器について、韓国の電気の仕様、変圧器の種類と選び方、変圧器の持ち方と使い方について解説しました。変圧器は韓国旅行に欠かせないものですが、重くてかさばるものなので、必要最低限だけ持っていくことをおすすめします。

また、持っていく前に電化製品やコンセントの形状を確認し、使うときは注意事項を守ってください。韓国旅行を楽しく安全に過ごすために、変圧器の準備をしっかりしましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行韓国旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました