PR

キングス・オブ・レオンのおすすめアルバム10選

スポンサーリンク

キングス・オブ・レオンは、アメリカのロックバンドです。1999年に兄弟と従兄弟で結成されました。キングス・オブ・レオンの音楽は、サザンロックやガレージロック、オルタナティブロックなどの影響を受けています。キングス・オブ・レオンは、世界中で数多くのヒット曲や賞を獲得しています。今回は、キングス・オブ・レオンのおすすめアルバム10選を紹介します。

スポンサーリンク

キングス・オブ・レオンのおすすめアルバム10選

キングス・オブ・レオンのおすすめアルバム10選をご紹介します。

Youth & Young Manhood

キングス・オブ・レオンのデビューアルバムです。2003年にリリースされました。キングス・オブ・レオンの原点とも言える、エネルギッシュで生々しいサウンドが満載です。シングルカットされた「Molly’s Chambers」や「Red Morning Light」などの曲は、キングス・オブ・レオンの代表曲として知られています。

Aha Shake Heartbreak

キングス・オブ・レオンのセカンドアルバムです。2004年にリリースされました。前作と同様に、ガレージロックやサザンロックの要素が強いアルバムですが、より洗練されたサウンドになっています。シングルカットされた「The Bucket」や「Four Kicks」などの曲は、ライブでも盛り上がる曲として人気です。

Because of the Times

キングス・オブ・レオンのサードアルバムです。2007年にリリースされました。キングス・オブ・レオンの音楽性が大きく変化したアルバムと言えます。より幅広い音楽的影響を取り入れた、壮大でドラマティックなサウンドになっています。シングルカットされた「On Call」や「Fans」などの曲は、キングス・オブ・レオンの新しい魅力を感じさせる曲です。

Only by the Night

キングス・オブ・レオンのフォースアルバムです。2008年にリリースされました。キングス・オブ・レオンの最大のヒット作と言えるアルバムです。世界中で大成功を収めた、洗練されたオルタナティブロックの傑作です。シングルカットされた「Sex on Fire」や「Use Somebody」などの曲は、グラミー賞を受賞するなど、高い評価を得ました。

Come Around Sundown

キングス・オブ・レオンのフィフスアルバムです。2010年にリリースされました。前作の成功によるプレッシャーからか、より暗く重い雰囲気のアルバムになっています。しかし、それでもキングス・オブ・レオンの持つメロディセンスや歌唱力は健在で、聴き応えのあるアルバムです。シングルカットされた「Radioactive」や「Pyro」などの曲は、キングス・オブ・レオンの感情的な一面を見せてくれます。

Mechanical Bull

キングス・オブ・レオンのシックスアルバムです。2013年にリリースされました。前作から3年ぶりに発表されたアルバムで、キングス・オブ・レオンの復活作とも言えます。キングス・オブ・レオンらしいエネルギッシュでキャッチーなサウンドが戻ってきました。シングルカットされた「Supersoaker」や「Temple」などの曲は、キングス・オブ・レオンの楽しさと勢いを感じさせる曲です。

Walls

キングス・オブ・レオンのセブンスアルバムです。2016年にリリースされました。キングス・オブ・レオンが初めてプロデューサーを変えたアルバムで、よりポップで洗練されたサウンドになっています。しかし、それでもキングス・オブ・レオンの持つロックの魂は失われておらず、バランスの良いアルバムです。シングルカットされた「Waste a Moment」や「Walls」などの曲は、キングス・オブ・レオンの成熟した一面を見せてくれます。

When You See Yourself

キングス・オブ・レオンのエイスアルバムです。2021年にリリースされました。キングス・オブ・レオンが初めてNFTという技術を使って発売したアルバムで、話題になりました。音楽的には、より深みと広がりのあるサウンドになっています。シングルカットされた「The Bandit」や「Echoing」などの曲は、キングス・オブ・レオンの進化したサウンドを聴かせてくれます。

Youth & Young Manhood Live

キングス・オブ・レオンのライブアルバムです。2004年にリリースされました。キングス・オブ・レオンのデビューアルバム「Youth & Young Manhood」の曲を中心に収録されたライブアルバムです。キングス・オブ・レオンのライブパフォーマンスは、スタジオ録音とは違った迫力と熱気があります。このアルバムは、キングス・オブ・レオンの初期の勢いと情熱を感じることができるアルバムです。

Live at the O2 London, England

キングス・オブ・レオンのライブアルバムです。2009年にリリースされました。キングス・オブ・レオンが2008年にロンドンのO2アリーナで行ったライブを収録したアルバムです。

キングス・オブ・レオンのヒット曲や名曲が満載で、約2万人の観客と一体となった素晴らしいライブです。このアルバムは、キングス・オブ・レオンの最高潮にあった時期の輝きと魅力を感じることができるアルバムです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
音楽
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました