就職と転職する際の会社の選び方

ライフハック
geralt / Pixabay

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、就職と転職する際の会社の選び方、についてです。

 

今回の記事は、次のような方にオススメです!

 

  • 就職、転職する際の会社選びを知りたい!

 

早速解説致します。

 

就職と転職時の会社選びで確認すべきこと

就職と転職時の会社選びで確認すべきことを考えました。

 

転勤の有無

転勤がある場合は、どこに転勤となる可能性があるかを確認しましょう。

支店支部がある場合、会社によってはそこへ転勤となる場合もあります。

 

出張の有無

全国、海外出張の有無は確認しておきましょう。

また、出張が短期か長期が多いかも確認しておきましょう。

 

年間休日の有無

年間にどれくらい休日があるかを確認しましょう。

 

専門資格の有無

資格が必要となるかどうかを確認しましょう。

 

基本給、ボーナス

基本給や、ボーナスは何回あるか等を確認しましょう。

 

福利厚生

住宅手当等の福利厚生にはどんな手当があるかを確認しておきましょう。

 

社会保険に加入しているか

社会保険に入っているかどうかも確認しておきましょう。

 

自分のやりたいことができるか

自分のやりたいことができるかどうかは重要です。就職後、どんな配属先になり、どんな業務をすることになるかをしっかりと見極めましょう。

 

通勤時間

家と会社との距離によって、通勤時間は変わるので、確認しておきましょう。

 

評判(口コミ)を収集する

最近は口コミサイトも出てきています。登録することで、口コミを見ることができるようになるので、おすすめです。

ネット上の口コミは、匿名性が高いので、100%鵜呑みにはしない方が良いかもしれません。しかし、指標の一つには十分なり得るでしょう。

身近に経験者の方が居る場合は、その方の声を聞くのも良い方法かと思います。

 

業界の将来性

その業界が今後どうなるかを調べておきましょう。

 

売上ナンバーワンなのが、東洋経済新報社が出版している業界地図です。

 

万年赤字企業への就職、転職はよく考える

万年赤字企業への転職する場合は、経営状況を確認しましょう。

 

2016年度に決算期を迎えた国内企業のうち赤字企業の割合は63.5%(15年度比0.8ポイント減)で、7年連続で減少したことが国税庁のサンプル調査で30日分かった。黒字企業の所得額は59兆4612億円(同3.9%増)となり、2年連続で過去最高を更新した。

 

引用:日本経済新聞

 

赤字企業の割合は、想像以上に高いです。中には、税金対策のために赤字決算にしている会社もあるかもしれませんが、会社の経営状況を確認するのが良いかと思います。

 

万年赤字会社は奴隷募集中★奴隷じゃなく頭使え

 

起業する場合は?

起業する場合の業界選びについても考えました。

 

ホリエモン提唱の儲かる仕事の4条件

ホリエモンこと、堀江貴文さんは、以下の4条件が儲ける上で重要とおっしゃっています。

 

  1. 利益率の高い商売
  2. 在庫をできるだけ持たない商売
  3. 月極めで定額の収入が入る商売
  4. 大資本の要らない商売

 

フロー収入→ストック収入化

僕は、個人的に、フロー収入→ストック収入化にシフトする必要性がどこかで出てくると思います。

例えば、病気で働けなくなってしまった場合、収入が0になってしまうことを防ぐためにも、ストック収入化は重要です。

かつては、不動産投資が良いとされていたようですが、時代が変わってきており、良い投資先をより一層探す必要性が出てきています。

インターネット上に資産を築くことが良いと言われるような時代になりつつあります。

できるところから、インターネット上に資産を築いていくと良いかと思います。

 

関連記事

【副業】稼ぐための考え方(フロー収入とストック収入)

コメント

タイトルとURLをコピーしました