PR

HUAWEI Band 8レビュー

スマートウォッチ おすすめ スマートウォッチ
スポンサーリンク

今回は、スマートウォッチとして人気のあるHUAWEI Band 8のレビューを行います。

HUAWEI Band 8は、健康管理に役立つ様々な機能を備え、スタイリッシュなデザインと高いコストパフォーマンスで注目を集めています。

本記事では、HUAWEI Band 8の主な特徴や機能、使い方の手順などを紹介し、その性能について解説します。

HUAWEI Band 8は、2023年5月11日に発売されました。

https://amzn.to/3WerH9Z
スポンサーリンク

HUAWEI Band 8レビュー

HUAWEI(ファーウェイ)
¥6,514 (2024/02/18 16:21時点 | Amazon調べ)

スペックは以下の通りです。

項目スペックスペック
モデル名HUAWEI Band 8HUAWEI Band 7
カラーエメラルドグリーン、サクラピンク、ミッドナイトブラックウィルダネスグリーン,フレイムレッド,グラファイトブラック,ネビュラピンク
サイズ43,45 × 24,54 × 8,99 mm ※最薄部の厚さ(センサー部を除く)縦44.35 x 横26 x 厚さ9.99 mm(最薄部)
ストラップエメラルドグリーンのシリコンストラップ
サクラピンクのシリコンストラップ
ミッドナイトブラックTPUストラップ
グラファイトブラックシリコンベルト
ネビュラピンクシリコンベルト
フレイムレッドシリコンベルト
ウィルダネスグリーンシリコンベルト
センサー6軸慣性センサー(加速度センサー、ジャイロセンサー、コンパスセンサー)、光学式心拍センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー
ディスプレイ1.47インチAMOLED、194 × 368ピクセル、PPI 2821.47 インチ AMOLED、194 x 368ピクセル
バッテリー持続時間通常使用で約14日間通常使用で14日間
材質耐久性ポリマー耐久性ポリマー
材質 カラーダークグレー、ゴールド、グリーン、レッド
手首サイズサクラピンク:120-190mm、エメラルドグリーン、ミッドナイトブラック:130-210mm
充電電圧充電電圧:5V/1A5V 1A/1.5A/2A
充電端子磁気充電ポート磁気充電ポート
重量約14g(ベルトを含まず)約16 g(ベルトを含まず)
操作部フルタッチパネル+サイドボタン電源ボタン、機能ボタン
対応OSAndroid 6.0以上、iOS 9.0以上Android 6.0以上、iOS 9.0以上
通信規格2.4GHz、BT 5.0、BLE2.4 GHz, BT 5.0, BLE
動作環境温度:-10℃ ~+ 45℃-10 ℃~+ 45 ℃
付属品充電クレードル付きUSBケーブル × 1
クイックスタートガイド&保証とアフターサービスのご案内 × 1
充電クレードル付きUSBケーブル x 1、クイックスタートガイド&保証とアフターサービスのご案内 x 1
防水5 ATM防水(ISO 22810:2010規格に準拠)5 ATM 防水
https://consumer.huawei.com/jp/wearables/band8/specs/、https://consumer.huawei.com/jp/wearables/band7/specs/

HUAWEI Band 7と比べると、コンパスセンサーが新たに追加されています。重量が2g軽くなっています。最薄部が1mm薄くなっています。

HUAWEI Band 8では、「HarmonyOS 3.1」がインストールされているのもポイントです。

コンパスセンサーも前モデルには記載が無かった仕様です。

カラーは3種類

https://amzn.to/3WerH9Z

HUAWEI Band 8のカラーラインナップは3種類です。

  • サクラピンク
  • エメラルドグリーン
  • ミッドナイトブラック

ベルト素材はそれぞれカラーごとに異なります。

サクラピンク(シリコン製)、エメラルドグリーン(半透明シリコン製)、ミッドナイトブラック(TPU製)となっています。

ミッドナイトブラックは、ややネイビーに近いブラックという印象です。

https://amzn.to/3WerH9Z

何度の取り外しも独自の仕様が採用されているのも特長的です。

HUAWEI Band 8のベルト(バンド)は、アマゾンでは社外製品もたくさん売られています。

社外製品を選ぶ際は、レビューや評価の良い製品を選ぶことで失敗を回避することができます。

なお、HUAWEI Band 8のベルト(バンド)は、HUAWEI Band 7のベルト(バンド)とは互換性はありません。

HUAWEI Band6の場合、純正品ではなく社外品のベルトは耐久性に難ありのものがありました。すぐ壊れてしまうものもありました。

そのため、バンドの付け根の構造部分が改行されれば、この問題は解決すると考えていたので、シリーズの型番が新しいモデルになるほど付け根の部分の改良が施されているので、新しいモデルを選ぶのも良いなと思っています。

薄型軽量で、快適な装着感

HUAWEI Band 8は、本体厚さが8.99mm、重さが14g(ベルトは含まず)と前モデルよりも薄く、ベルト無しの状態で2g軽くなっており、より快適な装着感を実現しています。

ちなみに、重さ14gというのは、1円玉14枚と同じ重さです(1円玉1枚=1g)。

さらに、1.47インチのAMOLED高精細フルビューディスプレイが晴天下での視認性と操作性を向上させています。

HUAWEI Band 8の文字盤は、10000種類の中から選ぶことができるのも魅力的です。

HUAWEI Band 8は、HUAWEI Band 7と比べて丸みが少なくなっており、角ばった印象が強調されているのも特長です。

モデル名薄さ
HUAWEI Band 610.99mm
HUAWEI Band 79.99mm
HUAWEI Band 88.99mm

薄さも、HUAWEI Band 7と比べて1mm薄くなっています。1mmずつだんだん薄くなってきている傾向があるのが分かります。

物理ボタン

物理ボタンは本体右側に1つ搭載されています。物理ボタンはしっかりとした操作感があるので、物理ボタンがあるスマートウォッチが好きという方もいらっしゃるようです。

通常使用で約14日間使用可能

https://amzn.to/3WerH9Z

通常使用で2週間のバッテリー持続時間が可能です。

バッテリー

数日に1回充電しなければならないスマートウォッチもありますので、14日持つのは長寿命の部類でしょう。

頻繁な充電が必要ないので、充電のわずらわしさからも解放されます。

バッテリーの持ちはFitbitのスマートウォッチの現行ラインナップの中ではトップクラスと言えます。

高精度の睡眠モニタリング

HUAWEI Band 8は、睡眠モニタリング精度が前モデルよりも10%向上しています。

さらに、より詳細な睡眠モードの設定が可能で、本体ディスプレイで睡眠データが一目瞭然です。

睡眠スコアが測れるので、昨日の睡眠は何点だったのかを知ることができます。

https://amzn.to/3WerH9Z

防水性能

プールで泳ぐ人

HUAWEI Band 8は、防水5ATM(ISO 22810:2010規格に準拠)に対応しています。

防水5ATMに対応しているので、雨の日や汗にも耐えられるのがメリットです。

24時間健康管理

光学レンズとAIベースのデータ処理により、この製品は、心拍数と血中酸素レベルを24時間モニタリングすることができます。

https://amzn.to/3WerH9Z

心拍数が一定のレベルを超えた場合や、血中酸素レベルが設定値より低くなった場合、本体が振動し、アラート表示することができます。

豊富な通知機能

HUAWEI Band 8は、LINEなどのアプリから通知を表示し、着信確認や通話拒否、メッセージ確認、タイマーやアラーム機能、天気予報など、スマートフォン機能の代用が可能です。

LINEは絵文字での返信や、予め設定したメッセージによる返信もすることができます。

最大100種類のワークアウトモード

HUAWEI Band 8は、最大100種類のワークアウトモードに対応しているのが特長的です。

トレーニングを科学的に測定するファーウェイ独自のアルゴリズム、HUAWEI True Sportsに対応しています。

HUAWEI(ファーウェイ)
¥6,514 (2024/02/18 16:21時点 | Amazon調べ)

公式アプリについて

https://amzn.to/3WerH9Z

公式アプリはApp Storeからダウンロード可能です。

また、Android用はHuawei公式サイトからダウンロードできます。偽物アプリが出回っていたりするので、Huawei公式サイトからダウンロードするのが良いです。

HUAWEI Health(App Store)

スマホの対応OSは、Android6.0以上と、iOS 9.0以上となっているので、わりと前のスマホでも使用可能です。

HUAWEI Band 8の取扱説明書は、こちらからダウンロードできます。

アプリ内には、カスタマーサポートがあります。「オペレーター」という単語を入力することで、オペレーターとやり取りをすることもできますが、詳しい返答については、メールアドレス宛への回答となります。3営業日が目安となっているので、土日は営業日に含まれません。

1つ前のモデルであるHUAWEI Band 7を選ぶのはアリ?

HUAWEI(ファーウェイ)
¥5,400 (2024/02/15 09:13時点 | Amazon調べ)

1つ前のモデルであるHUAWEI Band 7を選ぶのはどうだろう?と考える方もいらっしゃるかもしれません。

HUAWEI Band 8とHUAWEI Band 7では、1000円の価格差があるので、そこをどう考えるかでしょう。

1000円多く払うだけで最新のモデルが使えるならば、最新モデルであるHUAWEI Band 8を選ぶという選択肢もありでしょう。

価格差が極端に大きな値ではない印象です。

HUAWEI Band 8は、睡眠モニタリング精度が前モデルよりも10%向上しているのも特長です。そのような機能を使用できるメリットがあります。

旧型になると、バンドも入手しにくくなる可能性もあるので、その面からも最新バージョンを選ぶのも選択肢の一つとしてはアリでしょう。

スポンサーリンク

HUAWEI Band 8レビューまとめ

リモコンシャッターも使用できるのも良いですね。

HUAWEI Band 8は、健康管理に役立つ機能が充実しており、スタイリッシュなデザインと高いコストパフォーマンスが魅力のスマートウォッチです。

睡眠や運動量のモニタリング機能は特に優れており、使い勝手も良く、常に身につけていたくなるアイテムとなっています。

また、スマートフォンとの連携機能も豊富で、スマートウォッチとしての機能性が高いことも評価できます。

Google Fitには対応していない点は検討事項になる方もいらっしゃるかもしれません。

HUAWEI Band 8は、スポーツや健康管理に興味がある方には特におすすめのアイテムであり、購入を検討している方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
スマートウォッチ家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました