台湾旅行で英語を話せない場合の楽しみ方

スポンサーリンク

台湾は日本と近くて、文化や食べ物も似ているので、旅行しやすい国です。

しかし、英語が話せないと不安になるかもしれません。そこで、この記事では、英語が話せない人でも台湾旅行を楽しめる方法を紹介します。

スポンサーリンク

通販大手のアマゾンでは、生活がお得になるAmazonプライムが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。

Amazonプライム
\ 30日間、無料で読み放題できる /

台湾旅行で英語を話せない場合の楽しみ方

台湾旅行の準備

台湾旅行の準備として、まずはパスポートや航空券、宿泊予約などの必要書類を揃えましょう。また、台湾では日本円ではなく台湾ドルが使われているので、事前に両替をしておくと便利です。台湾ドルは日本の銀行や空港で両替できますが、レートは空港の方が悪い場合が多いので注意してください。台湾に到着したら、現地の銀行やコンビニでも両替できます。

次に、台湾旅行の目的や興味に合わせて、行きたい場所や見たいものをリストアップしましょう。台湾は小さな国ですが、北部と南部では気候や風景が違います。北部は都会的で寒く、南部は田舎的で暖かいです。また、台湾には日本統治時代の遺跡や中国文化の影響を受けた寺院や祭りなど、多様な観光スポットがあります。自分の好みに合わせて、計画を立てましょう。

最後に、英語が話せない人でも安心できるように、簡単な中国語や台湾語の挨拶や表現を覚えておくと良いです。台湾では日本語が通じる場所もありますが、基本的には中国語や台湾語が使われています。英語も話せる人は少なくありませんが、全員が話せるわけではありません。簡単な言葉でも挨拶や礼儀を示すことで、現地の人とコミュニケーションを取りやすくなります。

台湾旅行の楽しみ方

台湾旅行の楽しみ方として、まずは食べ物を楽しみましょう。

台湾は美味しいものがたくさんあります。小籠包や魯肉飯、牛肉麺などの有名な料理はもちろんですが、夜市に行けばさらに多彩なグルメを味わえます。豆花やタピオカミルクティーなどのデザートもおすすめです。食べ物は写真付きのメニューがある店も多いので、指差しで注文できます。また、食べ物に関する単語を覚えておくと便利です。

次に、文化や歴史を楽しみましょう。台湾には日本統治時代の建物や記念館が残っています。中山堂や台北駅などは日本建築の特徴を感じられます。また、台湾は中国文化の影響を受けているので、寺院や祭りなども見どころです。龍山寺や台北101などは有名な観光スポットですが、地元の人が集まる小さな寺院やお祭りも魅力的です。文化や歴史に関する単語を覚えておくと、現地の人と話すきっかけになります。

最後に、自然や景色を楽しみましょう。台湾は山や海に囲まれているので、自然や景色も豊かです。九份や十分などは山間の町で、昔ながらの雰囲気が残っています。また、太平洋に面した東海岸は美しい海岸線が広がっています。台北からは高速鉄道やバスで簡単に行けます。自然や景色に関する単語を覚えておくと、写真を撮るときに役立ちます。

台湾旅行の注意点

台湾旅行の注意点として、まずは気候に気を付けましょう。台湾は日本よりも暖かいですが、季節によっては寒暖差が激しいことがあります。特に冬は日中と夜の温度差が大きいので、上着を持っていくと良いです。また、台湾は台風や地震が多い国なので、天気や災害情報に注意してください。台風や地震が発生した場合は、現地の指示に従ってください。

次に、交通に気を付けましょう。台湾では日本と違って左側通行ではなく右側通行です。道路を渡るときは注意してください。また、台湾ではバイクや自転車が多く走っています。歩道や横断歩道でも安心できません。バイクや自転車に関する単語を覚えておくと安全です。

最後に、マナーやルールに気を付けましょう。台湾では日本と違うマナーやルールがあります。例えば、食事の時は箸ではなくスプーンやフォークを使います。また、食べ物を残すことは失礼ではありません。逆に食べきることは追加を求めるサインとみなされることがあります。また、寺院では靴を脱いだり帽子を外したりすることが求められることがあります。マナーやルールに関する単語を覚えておくと失礼にならないようにできます。

スポンサーリンク

台湾旅行で英語を話せない場合の楽しみ方まとめ

台湾旅行の準備、楽しみ方、注意点を紹介しました。英語が話せない人でも台湾旅行を楽しめる方法はたくさんあります。

簡単な中国語や台湾語の言葉を覚えておくとコミュニケーションがスムーズになります。台湾は日本から近くて便利な国です。ぜひ一度訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました