PR

スイスでの雨の日の観光を楽しむ方法

雨の日のスイス観光を楽しむ方法 旅行
スポンサーリンク

スイスは美しい自然や歴史ある建築物、チョコレートやチーズなどのおいしい食べ物で有名な国です。しかし、スイスに旅行するときには、雨の日が多いことも覚悟しておかなければなりません。スイスの年間降水量は約1500ミリメートルで、日本の約1.5倍です。特に夏は雷雨が多く、一日中雨が降ることもあります。

では、スイスで雨の日に観光するときには、どうすれば楽しめるでしょうか。この記事では、スイスでの雨の日の観光を楽しむ方法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

スイスでの雨の日の観光を楽しむ方法

博物館や美術館に行く

スイスには、様々なテーマやジャンルの博物館や美術館があります。たとえば、チューリッヒにあるスイス国立博物館では、スイスの歴史や文化を展示しています。ベルンにあるアインシュタインハウスでは、有名な物理学者アインシュタインが住んでいた部屋を見学できます。ルガーノにあるヘルマン・ヘッセ博物館では、ノーベル文学賞を受賞した作家ヘルマン・ヘッセの生涯や作品を紹介しています。

美術館では、世界的に有名な画家や彫刻家の作品を鑑賞できます。たとえば、バーゼルにあるバーゼル美術館では、ピカソやモネなどの作品が展示されています。ジュネーブにあるアリアナ美術館では、陶磁器やガラスなどの工芸品が展示されています。ローザンヌにあるオリンピック博物館では、オリンピックの歴史や記念品を見ることができます。

博物館や美術館は、雨の日でも屋内で快適に過ごせるだけでなく、知識や感性を豊かにすることができます。スイスには多くの博物館や美術館がありますので、自分の興味や好みに合わせて選んでみてください。

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

温泉に入る

スイスは温泉大国でもあります。アルプス山脈に囲まれたスイスには、多くの温泉地があります。温泉に入ることで、体も心も癒されることができます。

たとえば、グラウビュンデン州にあるバーディ・ラグーンでは、天然温泉水を利用した屋内外のプールやサウナを楽しめます。バーディ・ラグーンは湖畔に位置しており、湖や山の景色を眺めながら温泉に浸かることができます。また、バーディ・ラグーンでは、マッサージやフェイシャルなどのエステサービスも提供しています。

また、ヴァレー州にあるレーク・ジュネーブ・リージョンでは、ローマ時代からの歴史を持つ温泉地があります。

たとえば、レ・バン・ド・ラヴィーでは、炭酸水素塩泉や硫黄泉などの異なる効能の温泉を楽しめます。レ・バン・ド・ラヴィーは、ワイン畑や城塞などの美しい風景に囲まれており、ロマンチックな雰囲気が漂います。

また、レ・バン・ド・ラヴィーでは、温泉だけでなく、スパやウェルネスセンターも充実しています。

温泉に入ることで、雨の日でも暖かくリラックスできます。スイスには多くの温泉地がありますので、自分の好みや目的に合わせて選んでみてください。

ショッピングを楽しむ

スイスは、チョコレートやチーズ、時計やナイフなどのお土産が豊富な国です。雨の日には、ショッピングを楽しむのもおすすめです。

たとえば、チューリッヒにあるバーンホフ通りでは、高級ブランドや百貨店が並びます。

バーンホフ通りは、チューリッヒ中央駅から湖畔まで続く約1.5キロメートルの通りで、スイス最大のショッピングエリアです。バーンホフ通りでは、時計や宝石、ファッションや雑貨などの商品を見て回ることができます。

また、ジュネーブにあるオールドタウンでは、古い建物や教会が立ち並ぶ歴史的な街並みを見ながらショッピングを楽しめます。オールドタウンでは、アンティークや芸術品、書籍や手工芸品などの商品を扱う個性的な店が多くあります。

ショッピングを楽しむことで、雨の日でも楽しく過ごせます。スイスには多くのショッピングエリアがありますので、自分の予算や趣味に合わせて選んでみてください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました