PR

島根での雨の日の観光を楽しむ方法

雨の日の島根観光を楽しむ方法 旅行
スポンサーリンク

島根県は日本海に面した自然豊かな県です。しかし、その分雨の日が多いことも事実です。せっかく島根に旅行に来たのに、雨で予定が台無しになってしまったら、とても残念ですよね。そこで、今回は島根での雨の日の観光を楽しむ方法をご紹介します。雨でも楽しめるスポットやアクティビティ、グルメなどをピックアップしてみました。これを読めば、雨の日でも島根を満喫できること間違いなしです。

スポンサーリンク

島根での雨の日の観光を楽しむ方法

雨でも楽しめるスポット

出雲大社

島根県といえば、出雲大社が有名ですよね。出雲大社は日本最古の神社の一つで、縁結びの神様として知られています。雨の日でも参拝できるだけでなく、境内には歴史的な建物や美しい庭園があります。また、出雲大社から徒歩圏内には出雲そばや和菓子などの名物店がたくさんあります。出雲大社は島根県を代表する観光スポットなので、ぜひ訪れてみてください。

松江城

松江城は国宝に指定されている現存12天守の一つです。築城から400年以上経った歴史ある城ですが、内部はリニューアルされており、展示物や映像などで城の歴史や文化を学ぶことができます。また、天守からは松江市街や宍道湖などの景色を眺めることができます。松江城は雨でも楽しめるスポットですが、晴れた日には城下町を散策するのもおすすめです。

足立美術館

趋美術館は日本庭園と現代美術作品を展示する美術館です。庭園は四季折々に変化する自然美が魅力で、国際的にも高い評価を受けています。美術館では、日本画や彫刻などの作品を鑑賞することができます。趋美術館は雨の日でも庭園や作品を楽しむことができますが、晴れた日には屋外で茶室やカフェなどを利用することもできます。

雨でも楽しめるアクティビティ

陶芸体験

島根県は陶芸の盛んな地域です。特に出雲地方では伝統的な出雲焼や萩焼などが有名です。陶芸体験では、自分だけのオリジナル作品を作ることができます。手びねりやろくろ回し、絵付けなど様々な方法があります。作った作品は焼成してもらって後日送ってもらうこともできます。陶芸体験は雨の日でも屋内で楽しむことができるアクティビティです。

和紙すき体験

島根県は和紙の産地でもあります。特に出雲地方では出雲和紙と呼ばれる伝統的な和紙が作られています。和紙すき体験では、自分で和紙をすくことができます。すいた和紙は色や模様をつけたり、ランプシェードやうちわなどに加工したりすることができます。和紙すき体験は雨の日でも屋内で楽しむことができるアクティビティです。

料理教室

島根県は海や山に囲まれた自然豊かな県です。そのため、新鮮な海産物や山菜などの食材が豊富です。料理教室では、島根県の郷土料理や家庭料理を学ぶことができます。出雲そばやちゃんこ鍋、いわし寿司などの名物料理や、季節の野菜や果物を使った料理などがあります。料理教室は雨の日でも屋内で楽しむことができるアクティビティです。

雨でも楽しめるグルメ

出雲そば

出雲そばは島根県の代表的な郷土料理です。出雲そばは小麦粉に蕎麦粉を少量混ぜて作った太めの麺で、出汁にはかつお節や昆布などを使います。出雲そばは一人前ずつ小さな器に盛られて提供されます。一般的には三枚重ねで食べますが、好きなだけ追加することもできます。出雲そばはトッピングも豊富で、卵やネギ、大根おろし、わかめ、天ぷらなどがあります。出雲そばは温かいものも冷たいものもありますが、雨の日には温かいものがおすすめです。

いわし寿司

いわし寿司は島根県の名物料理です。いわし寿司は新鮮なイワシを酢と塩で〆て、ご飯に乗せて巻いたものです。いわし寿司は一口サイズに切って食べます。いわし寿司はイワシの旬である春から秋にかけて食べられますが、冷凍保存することもできます。いわし寿司は酢と塩のさっぱりした味が特徴で、お酒のおつまみにもぴったりです。

ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋は島根県の郷土料理です。ちゃんこ鍋は元々相撲部屋で食べられていたもので、肉や野菜、豆腐などを入れて煮込んだものです。ちゃんこ鍋は具材も味付けも自由に選ぶことができますが、島根県では牛肉や豚肉を使って味噌ベースにしたスープのものもあります。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました